ボーイ・ミーツ・ガール・バイ・ザ・シー

巫夏希

000

 父さんは、いつも偉大な人だった。
 僕にとっていつも偉大な人だった。
 その大きな背中は、僕の指標となっていた。
 海賊という職業は、世間で言っているようなイメージではなくて、ロマンを求めているんだぞ、と父さんは言っていた。
 僕はその通りだと思っていた。
 僕は父さんが大好きだった。
 だから、信じられなかった。
 父さんが死んだ――その言葉をじいちゃんから聞いても、僕はそれが本当かどうかなんて信じたくなかった。

 ⚓ ⚓ ⚓

「船が難破したんですって」
「それにしても、海賊なんてことをしていたからではなくて? していなかったらきっと、そんなことなんて起きなかったと思いますわ。ほんと、ルイネス島の恥ですわよ」
「しっ。子供に聞こえますわよ……」

 そんな声が、僕の背中に突き刺さる。
 父さんの墓を、僕はただ見つめていた。
 父さんが遺してくれたものとして、コンパスと古い海図、それにゴーグルを受け取った。船は難破してしまったけれど、生き残った人が居て僕のところまでそれを届けてくれた。
 父さんは居ない。けれど、墓はある。

「……泣くな、ショータ」
「泣いてないよ」

 雨が降っていた。
 だから泣いていても、気付かれないって思っていた。
 でも、僕は泣かない。
 父さんはいつも言っていた。男は泣くものじゃない、って。
 だから僕は泣かないんだ、って。
 父さんの墓を僕はそうじっと見つめていた。
 残された海図と、ゴーグルと、コンパス。
 父さんの遺したものを、強く握りしめながら。

「ボーイ・ミーツ・ガール・バイ・ザ・シー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く