龍と友達になった少年

榊空

少年の過去10

ドラゴンはソラたちを後ろからみおろす。その目は人などと見下してるのが目に見えた。

《うまそうな人がたくさんいるな……、この中だとそこの子供が美味しそうだ》
「お、お兄ちゃん……」
「み、美樹。俺たちの後ろに隠れろ」 
「海、どうやって逃げようか」
「あまり、刺激しないようにこっそり逃げようぜ」

ドラゴンが周りの人を見下ろしながらしゃべる。ドラゴンの言葉は聞き取れないのか、吠えてるようにしか見えていないソラたちは、美樹をドラゴンの視線から隠すように自分達の後ろに連れていく。一緒にいたマーサは、そんな子供たちをいつでもかばえる位置から迎撃体制を整える。

《ふむ、そこに隠れてる女が一番うまそうだ。貴様を食べれば私の体も少しの間持たせることが出来るだろう》
「なんか、こっちみてない?」
「ま、まさか……。とにかく、少しずつ離れるぞ」
「わかった」

ソラの返事と同時に少しずつ後ろに下がっていく。美樹は怖いのか、二人の後ろで服をつかみながら下がっていく。

《どこに行く、人間》
「やっぱり、こっちみてる気がする。というか、こっちに向かって話しかけてないか?」
「いや、ドラゴンが話すなんて聞いたことないし、とにかく、早く逃げるぞ。ドラゴンが目を離したら走るぞ」
「そうだよな……、よし、いくぞ!」

ドラゴンがソラたちから目をそらした瞬間に、美樹のてを引っ張りながら走るが、なぜか、足が止まってしまう。

「な、なんで、体が動かないんだ?」
《人間よ、私から逃れられると思うな。男はいらんがまぁ、前菜ぐらいにはなるか》
「く、くそ! 美樹だけでも!」
《美味しければいいんだがなぁ……》

体がなぜか動かなくなったソラたちの目の前に、ドラゴンの大きな口が開かれて向かってくるのが見えた。 

「させないけどね!」

マーサはドラゴンの顔の横に飛び出すと、どこから取り出したのか一本の長槍の柄で横顔をたたく。魔力を帯びているのか叩いたあとに不自然な黄色い電流がドラゴンの顔に走る。顔に電流が走るのが煩わしいのか、顔を横にふるとすぐに消える。

《む? 邪魔をするのか? 人間》
「さっきから、何をいってるのか分からないけど、魔法が使える上位種のドラゴンなんて、相手にしたくないわね。ほら、にげるよ」
「あ、ありがとうございます」
「はいはい、お礼は助かってからね」

ドラゴンから逃げるためにマーサが殿をつとめて、ソラたちを逃がそうとする。

《まったく、なぜ逃げれると思う》
「な、また体が……!」
「今度は私もか……」
「お、お兄ちゃん……」
「大丈夫、大丈夫だから」

マーサは少し体が動きそうではあるが、まだすこし時間がかかりそうだ。他の三人は体が全く動かず美樹に至っては不安そうに目に涙を浮かべている。そんな、美樹を安心させるようにソラは笑顔を作りながら美樹をみる。自分も安心させるように呟く。

《ふふふ、これでゆっくりとたべられる》

ドラゴンは大きな口をあけて、子供が三人で固まってる所に近づく。そんなとき、ドラゴンにぞくりと悪寒のようなものが走る。

《む? なんだ、この気配は……》

ドラゴンはぞくりと走った悪寒に気づかないふりをして、気配のある方を向く。そこに立っていたのは、憤怒の形相で立つ大地の姿だった。





「龍と友達になった少年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く