龍と友達になった少年

榊空

少年の過去3

「ソラ、起きてるかい? 遊びにきたよ」
「ソラ! 起きろ、この俺が遊びに来てやったぞ!」
「ソラくん、遊びに来ました」

 病室にいるソラに会いに来た三人組は、ドアを開けながら話しかけてくる。

「ルカさんはまた、そういう話し方をする。ソラくんがそういう言葉遣いになったらどうするんですか」

 ユマは呆れたような顔でルカを見ると、返答は予想しないことばだった。

「そりゃ、お前……殴る?」
「なんでですか……」
「いや、だって、悪いことをしたら叱らないと」
「そうだな、叱らないといけないな。よし、ルカ頭出せ」
「なんだ急に? まぁ、いいけど。ほれ」

 その言葉を聞いていた大地は、ルカの方を見て手で招く。その唐突な行動にルカは不思議そうな顔をしながら頭を差し出す。

「こら」
「なぜ、叩く!?」
「悪い言葉遣いの子供がここにいたからな」
「い、一応言っとくが俺はお前の上司だからな!? というか、女の子を叩くなよ!」

 素直に頭を差し出したルカの頭を大地はポカッと軽く叩く。まさか、そんなことをされるとは思っていなかったのか、頭をさすりながら抗議の声をあげてくる。

「上司扱いされたいなら上司らしくしろ。ついでにいうと、女の子扱いされたいなら女の子らしくしろ」
「今度から自分のことは私、語尾にですわとかつけてみますか?」

 ユマは現在のルカを更正できると思ったのか、大地の言葉に乗っかる。

「嫌だよ、めんどくさい」
「あなたたち! 病院何ですから静かにしてください!」

 そんな、コントのような会話を繰り広げていた大地たちは病院の関係者からお叱りを受けた。

「「「ごめんなさい」」」

 病院ほどお世話になることが多い所はないと言えるくらいに大地たちの職場は怪我が多い。そのせいか、病院の人達には頭が上がらないのだ。しかられた瞬間に即座に頭を下げた大地たちを見て、関係者の人は笑顔になるとすぐに職場に戻っていった。

「おはようございます。お兄ちゃんたちは、今日も面白いね」
「俺らはめっちゃ、怖かったがな」

 ルカが自分の肩をさすりながら答えると、他の二人も頷きながらドアを閉める。その後、真剣な顔をした大地がソラの前にやってくる。

「ソラ、今日は大事な話があってやって来たんだ……」
「大事な話?」
「それが終わったらゲームでもして遊ぼうぜー」
「ルカさんは少しの間静かにしときましょうね」
「お、おう」

 ルカが空気を読めない発言をしたからか、ユマがじとっとした目で見ると気圧された雰囲気で後ずさる。

「君の家には、帰すことはできない。二人とも行方不明でね」
「そんな!? お母さんとお父さんは大丈夫なの!?」
「すまない、君を最初見つけたとき、お母さんはすぐにどこかに行ってしまってね、その後、君の家に行ったんだが誰もいなかったんだ」

 大地は言いにくそうな顔でソラに告げる。

「そんな、僕はこれからどうすればいいの?」

 ソラは大地の言葉に泣きそうな顔でうつむく。

「そこで、提案なんだがしばらくの間僕の家に来ないかい? 君と同い年の子供もいるし、君さえいいなら僕は今すぐにでも準備をするけど」
「で、でもいいの? 僕なんか連れていったら迷惑なんじゃ……」
「そんなことないさ、それに、君と僕の家にいる弟の海は気が合うと思うよ」
「で、でも……」
「いや、別に無理にとは言わないさ。嫌ならいやといってくれれば……」

 ソラの言葉に大地は困った顔をしていると、ソラは一緒に行きたいのか
「嫌じゃない、ですけど……」
「んじゃあ、いけばいいじゃねぇか。なに迷ってんだ?」
「い、いいのかな……」
「大地がいいって言ってるんだ、良いんだよ。よし、もう話しも終わったろ? 遊ぼうぜ!」
「ルカさん……、今日の面会時間はもう終わりですから、また今度にしましょうね」
「え! あー、ホントだ……。大地が時間を使うからだぞ? まぁ、いいや。ソラ! 明日も遊びに来るからな 待ってろよ!」
「うん、待ってます」

 ソラはルカの言葉に笑顔で答えると、ルカは嬉しそうにニカッと笑って病室を出ていった。その後ろをユマが慌てた様子でついていく。

「よし、ソラ。また明日な」
「うん、また明日」

大地はソラの頭を撫でたあと、手を降って病室を後にする。

「龍と友達になった少年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く