夢見まくら

触手マスター佐堂@美少女

第二十九話 咎人が生まれた日

「…………」
 まったく動かなくなった肉塊を、ぼんやりと見下ろす。


 なにも、考えたくない。


 ……なにも考えたくないはずなのに、俺の頭は俺自身の意思を無視して、目を背けたくなるひとつの結論に辿り着いた。


 俺が渾身の力で蹴り続けていた肉塊はヨーゼフではなく、皐月で。
 皐月にはずっと、意識があって。
 その皐月の身体を、俺は蹴り続けた。

 つまり。





 俺が、皐月を殺したのだ。





「――――――――あ」
 俺は、その場に崩れ落ちた。
 寒い。
 焼けたと錯覚するほどの痛みを訴えていた腹部の裂傷からも、もはや何も感じない。
 血を流しすぎたせいか、視界が霞む。
 俺は、まるでその惨状に初めて気が付いたかのように、ただ呆然と辺りを見回した。

 赤。

 多少の雨くらいでは到底浄化しきれない穢れが、そこにはあった。
 地面には、未だに不浄の体液を垂れ流しつづけている、四つの肉塊が転がっている。

 佐原の死体。
 高峰皐月の死体。
 玲子さんの死体。

 そして、俺の足元に転がっている皐月の死体。

「…………う」
 見たくない。
 見たくない。見たくない。見たくない。
 見たくないのに、目を閉じることができない。
「……おえっ」
 胃がひっくり返るような強烈な不快感が消えない。
「おえええええ……っ」
 堪えきれなくなり、俺は吐いた。
 嘔吐が止まらない。
 牛乳と思しき白濁と血液の朱色が混じった薄紅色の吐瀉物としゃぶつが、雨に濡れた地面を汚していく。
 今の俺はまさに、ただただ延々と汚物を吐き出し続けるだけの存在だった。
「――――あ、あ」
 これは夢だ。
 悪い夢だ。
 ――これもきっと、明晰夢に違いない。
 そうだ。そうに決まっている。
 俺は、その最後の淡い期待に縋りつき――


 ――そうやって、都合の悪い現実から逃げて、逃げて、逃げ続けて。
 最期に辿り着いたのが……ここ・・なんじゃないのか?


「――――――――」
 ――その淡い期待が自身の中で粉々に打ち砕かれた瞬間、身体から力が抜けた。
 ばしゃん、という音と共に、俺の身体が汚水に沈む。
「……うっ…………ううっ……」
 涙が溢れた。
 もう、いやだ。
 楽になりたい。
 辛いのも、痛いのも、もう十分だ。

「……赦してくれ、皐月」

 無意識だった。
「ごめん。ごめん。ごめんなさい。ごめんなさい……ごめん……なさい……」
 俺は無意識のうちに、そんなことを口走っていた。
「赦して、許してくれ……俺を……」
 自分のあまりの浅ましさに、涙を流しながら口元を緩ませる。
 ああ。
 何と救いようのない愚か者だろうか。

 この期に及んで、まだ赦されようとしている自分自身に。
 この期に及んで、まだ救われようとしている自分自身に、虫唾が走る。

「……死ねば、いい」
 死。
 それは、天啓のように俺の心をとらえた。
 この出血量だ。
 どうせ俺は助からない。
 だから、せめて。
 死んで皐月に詫びよう。
 俺が犯した罪は、永遠に赦されることなどないのだから。
「…………あ、あ……」
 死が、唯一の救いに思えた。
 残酷な現実に絶望して、ただ安らかな死を望む、俺の耳の奥で――









『あはははは』









 ――楽しげな、奴の笑い声が聴こえた気がした。
「――――ッ!?」

『あははははは』

 はっきりと、聴こえる。
 俺を、俺の無力を、嘲笑う声が。
 あの男の嘲笑が。
 ……いや、違う。
 ヨーゼフの声が聴こえるはずがない。
 もう、アイツはここにはいないのだから。

『あはははははははは』

 なら、この声は何なのか。
 先ほどからずっと聴こえ続けている、この声は――

『あははははは』

「――っ!!」
 耳にこびりついて離れない。

『あははははははは』

 消えない。
 耳障りな笑い声が。
 俺の無力を、嘲笑う声が。
「…………ぁ」
 そのとき、ふと、俺の頭に、ある考えがよぎった。


「……あいつは、ヨーゼフは、まだ生きているんじゃ……ないのか?」


 そうだ。
 高峰皐月の言うことによると、あの身体はヨーゼフが創りだした魔獣というだけで、ヨーゼフの本体というわけではない。
 あの化物の生死と、ヨーゼフの生死には、何の関係もないのだ。
 つまり。


 ヨーゼフは、まだこの世界のどこかで、のうのうと息を吸っているのではないのか。


『あはははははは』


「――――――ッ!!」
 それを認識した瞬間、わけのわからない激情が全身を支配した。
 荒れ狂い、今にも身体の中から溢れ出しそうなそれの正体を、刹那、俺は理解する。


「――――――――殺す」


 殺意。
 ヨーゼフへの、殺意だ。
 あの男は殺さなければならない。
 皐月の魂を凌辱し、俺を半殺しにしたあの男を、俺は許さない。
 許せない。

 なら、

「……まだ、死ねない」

 死んだら、全て終わってしまう。
 全て、無駄になってしまう。
 今までの俺の人生も。
 今までの、皐月の人生も。
 ……そんな馬鹿なことは、到底認められない。

『あははははは』

「――――ああッ!!」
 俺は両腕に力を込める。
 足は、もう動かない。
 先ほどまでの酷使が原因であることは間違いなかった。

「こんなところで終わって……たまるかぁ……ッ!!」

 這って進む。
 このままでは、俺は死んでしまう。
 二条に会わなければならない。
 二条の言葉が本当なら、アイツは生きているはずだ。
「……はぁ……はぁ……はぁ………………ッ」
 呼吸が荒い。
 もう、ほとんど目は見えていない。
 それでも進む。


 一度止まってしまったら、もう二度と前には進めないという予感があった。


「――――――――海斗!」
 遠くから、声が聴こえた気がした。
「…………に……じょう?」
 ……その声に、返事をするのも億劫で。


『あはははははは』


 俺はそのまま、意識を手放した。



「夢見まくら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く