話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢見まくら

触手マスター佐堂@美少女

第二十七話 逃避の果てに

 ――海斗が、わたしを受け入れてくれた。
 幸せにするって、言ってくれた。
 いつまでも一緒にいるって、言ってくれた。

 嬉しかった。
 こんな姿になったわたしを受け入れてくれたことが。
 どうしようもないほど、嬉しかった。

 どこまででも、海斗と一緒に逃げればいい。
 わたしが本気で隠れれば、いくら高峰でもわたしを見つけられないだろう。
 どこでもいい。
 海斗がいるのなら、海斗さえいれば、わたしは他に何もいらない。
 そして、今度こそ海斗と一緒に、いつまでも幸せに暮らすのだ。
 そう信じて疑わなかった。
 だから、







 ぐちゃり。


 その瞬間、何が起こったのか、わからなかった。
 海斗が、ゆっくりと後ろに倒れる。
 わたしはそれを、ただ呆然と眺めていた。
「――えっ?」
 右腕――わたしの、化物の右腕がわたしのお腹から突き出し、海斗のお腹を貫いていた。
 海斗のお腹から血が溢れ、周りの地面に赤が広がっていく。
 ……それはまさしく、わたしが数日前に夢に見た光景で――
 その意味を、理解した瞬間。
「きゃああああああああああっ!!」
 自らの手に感じる生温かい感触を意識しないようにしながら、わたしは必死で海斗に呼びかけた。
「海斗! 海斗っ! しっかりして!! 海斗ぉ!!」
「――ぁ……く…………ぅ………………」
 海斗は、腹部の痛みに苦悶の表情を浮かべている。
 腹部からの出血が止まる様子はなかった。
 呼吸は荒く、目の焦点も合っていない。
 ……一目見ただけで、危険だとわかる状態だ。
 どうしよう。
 どうしたらいい。
 とにかく、救急車を――


『――ああ。やはりワタシは、罪に愛されている』


 声が聴こえた。
 ……それは、この二年間で聞きなれた、あいつの声によく似ていて。
「――――――ッ!?」
 身体が、動かない。
 わたしの中で、化物の身体と人間の身体を繋いでいた、細い糸が切れる。
 それと同時に、自分が自分ではなくなっていく感覚を味わっていた。

 ぬぷり、と。

 わたしのお腹を突き破り、大量の血液を垂れ流しながら、それは現れた。
『しばらくぶりだねェ。サツキ』
「……ああ…………っ」
 笑顔が見えた。
 心の底から楽しそうな、笑顔が。
 この二年間で幾度となく見てきた、笑顔が。
「……なんで?」
 到底直視できないほどの醜悪な顔面は血に濡れ、元々の赤紫をより深い赤に染めている。
「ヨーゼフ、カレンベルク!」
 わたしの腹部から、化物の姿をしたヨーゼフが出現した。
 ……わけがわからない。
 どうして、わたしの中からヨーゼフが出てくるのか。
「……あなたは、皐月様に殺されたはずじゃ?」
 やっとわたしの口から出てきたのは、そんな疑問の言葉だった。
『あの身体は破壊されたとも。だが、アレはワタシであってワタシではない』
「……どういうことですか?」
 『一から説明するのも面倒なのだがねェ……』とヨーゼフは呟く。
『ワタシは、ワタシが創造した魔獣を自由に操ることができるのだよ』
 ……は?
「なにを、言って……」
『前提がそもそも誤っていると言っているのだ』
 ヨーゼフは、淡々と述べる。
『キミたちがワタシの本体だと思っていたものは、ワタシの創りだした魔獣の一匹に過ぎない』
 ……信じられなかった。
『死んだも何も、はじめからワタシ自身はこの国にいない』
 そんなことが可能なのか?
『つまり、ワタシが創造した・・・・・・・・魔獣の一体であるキミ・・・・・・・・・・からワタシが現れることは、何も不思議なことではないのだよ』
 ヨーゼフの話を聞いて、わたしは呆然としていた。
 それはつまり、皐月様から逃れることができたとしても、どうあがいてもヨーゼフからは逃れられないということだ。
『それにしても、まさかここまでワタシの描いたシナリオ通りに事が進むとは。罪がワタシを祝福しているのを感じるねェ』
 ヨーゼフはいつものように朗らかに笑いながら、
『――さぁ。死のうか』
 化物の触手を振り上げた。
 その視線の先には、虫の息の海斗がいる。
 ……何をするつもりか、など、言うまでもなかった。
「嫌ぁ! やめて! やめてよぉ! なんでこんな、こんなことをするためにわたしは戻ってきたんじゃないっ!!」
 これじゃあ、何のために戻ってきたのかわからない。
 わたしが戻ってこなければ、海斗が傷つくこともなかったのだから。
『…………』
 ヨーゼフの歩みは止まらない。
「お願いだからもうやめてっ! お願いします……お願い………………」
 涙を流しながら、わたしはヨーゼフに訴えかける。
 それはまごうことなき、懇願だった。


『……わかった。キミを解放してあげよう、前橋皐月』


「……え?」
 その言葉と同時に、ヨーゼフの気配が消える。
 再び、化物の身体と人間の身体が繋がる感覚があった。
 ヨーゼフの気配はない。
「……な、何で?」
 いや、そんなことはどうでもいい。
 今度こそ、わたしは自由を手に入れたのだ。
 ……とにかく、海斗の止血をしなければならない。
「海斗っ!」
 わたしは自分の身体の出血を無視し、海斗のもとへ駆け寄った。
「…………」
「……海斗?」
 反応はない。
 だが、息はある。
 急いで救急車を呼べば、まだなんとかなるかもしれない。
「……よひ」
 わたしは口をもぐもぐと動かしながら考える。
「……はれ?」

 そういえば、わたしは今、何を食べているのだろうか。

 ……言い知れない恐怖感を覚え、わたしは咀嚼していたものを吐き出した。
「ううっ…………」
 海斗の呻き声が遠い。
「……ああ……ああああ…………」



 海斗の右手の小指が、無かった。



『――――新鮮な生肉を食さない理由など、存在するのかね?』
 いつの間にか、ヨーゼフが再び現れていた。
『キミは確かに、彼を愛していたのだろうねェ。――共に人生を歩んでゆくパートナーとしてではなく、食肉として・・・・・、だが』
「――ッ!?」
 そんな。
 そんなわけがない。
 だって、だってわたしは……。
『キミは自分の意思で彼の指を口に含み、噛み千切ったのだよ。これの意味するところがわからないキミではないだろう?』
 知らない。
 そんなことをやった記憶などない。
 これは何かの間違いだ。
「わたしは……わたしは……っ……」
『――いいんだよ、サツキ』
「え……?」
『キミは何も悪くない。悪いのは、キミを化物にしたワタシや、キミのことなど微塵も考えていなかった高峰皐月――』
 ヨーゼフはその視線を足元の海斗に向ける。
『――そして、今、キミの目の前に転がっている……あまりにも怠惰過ぎたキミの想い人なのだからねェ』
「あ……ああ……っ……」


『食べたいのだろう?』


「――っ!」
 それは、だめだ。
『肯定しなさい、サツキ』
「……い、いや、だ……嫌……いや!」
『今のキミには、その権利がある。力がある』
 違うと言いたかった。
 そんなことは望んでいないと言いたかった。
 ……じゃあ、なんではっきりとそう言えないのだろう。
『――想像してみなさい』
 ヨーゼフの声は、聖職者と間違うほどに優しかった。
『彼の指を口に含み、じっくりとねぶり……そして骨ごと噛み砕く』
 ヨーゼフの声が、自然とわたしの中に染み込んでいく。
『彼の血肉を咀嚼し、管を噛み千切り、嚥下えんげする』
 その光景を、その食感を、容易に想像することができてしまう。
「……?」
 ふと。
 口から何かが溢れ出て、口元を濡らしているのに気付いた。
「……は」


 唾液だった。


『認めなさい。サツキ』
 わたしは今、何を思ったのだ?
 ……わたしは今、こう思ったのではないのか。


 ――美味しそうだ、と。


「……………………あはっ」
 わかった。わかってしまった。理解してしまった。

 何もかも、手遅れなのだと。
 わたしが、人間としての価値観や倫理観を取り戻すのは、もう不可能なのだと。



 海斗と一緒に生きていきたいというわたしの“意思”は、海斗を食べたいという化物わたしの“食欲”に負けたのだ。



「……あはっ、あははははっ」
 笑える。
 どうして、笑わずにいられようか。

 こんな唾棄すべき醜い姿になり下がっても、心は人間のものだと。
 理性的な思考能力は失われていないと。
 海斗を助けてあげたいという気持ちは本物だと。
 ……海斗を愛しているという気持ちは本物だと。


 そんなことは、なかった。


 わたしは正真正銘の化物だった。
 人肉を食らって。
 人間に寄生して。
 海斗の家に棲みついて。


 これが、人間のすることか?


 ――否。
 そんなわけがない。





 わたしが愛だと思っていたものは、ただの食欲だったのだ。

 海斗の命を助けたかった?
 ……違うだろう。
 自分のためだ。
 より良質な食材を食べて、空腹を満たすためだ。

「……ああ」
 頬を、熱いものが伝った。
 ……そしてこの涙さえも、目の前の瀕死の海斗を悲しむものではなく、ただの自己愛によるものではないのか。
「――――っ」
 なんて、醜い。


『それが、キミの本性だよ。サツキ』


 ヨーゼフは笑顔のまま、思い切り海斗を蹴り飛ばした。
「――――がぁっ!?」
 海斗の喉から、カエルが潰されたような声が漏れる。
 そのまま、ヨーゼフは海斗のもとに向かって歩き出した。
 ……いや、だ。
 死なせたくない。
 海斗を死なせたくない。
 ただの食べ物なんかじゃない。
 海斗は、わたしの最愛の人だ。
 それは、それだけは譲れない。
 止めなければならない。
 ……わたしは、どうなってもいい。
 どうせ、わたしが化物である限り、海斗と結ばれることなどありえない。
「――っ」
 余計なことは考えるな。
 とにかく、海斗を助けるんだ。
「動いて……お願い……っ……」
 そのとき、わたしと前田玲子の身体が、僅かにではあるが、確かに繋がった。
「――!」
 左腕が、動く。
 躊躇はなかった。
 その辺に落ちていた木の枝を、思いっきり自分の腹部――前橋皐月としての本体である化物が巣食っている部分――に突き刺した。
「――っ!」
 熱と錯覚するほどの痛みが走る。
『己の無力を嘆きなさい』
 だが、消えない。
『サツキ』
 耳障りな声が消えない。
 意図したものではない歩みも止まらない。
 もう一度、同じところを突き刺した。
「――ぁ」
 痛い。
 苦しい。
『この世の理不尽を嘆きなさい』
 まだ消えない。止まらない。
 再び木の枝を突き刺そうと振り上げた左腕が、もはや自分のものではない右腕に抑えつけられた。
『サツキ』
 ……左腕の感覚が、もう。
『――愛しい男が死にゆくのを、指を咥えて見ていなさい』
 ヨーゼフの声から、抑えきれない愉悦がにじみ出ているのが感じられた。
 その声がわたしの身体から発せられているという事実に、言葉にできないほどの嫌悪感を覚える。
 ついに海斗の前に到達したヨーゼフは、化物の身体から触手を伸ばした。
 不必要なほどに鋭いその触手の先端は、海斗の左胸に標準を合わせていた。
「……どうしてなの?」
 無意識だった。
「どうして……こんなことをするの……?」
 涙が溢れる。
「どうして、わたしたちがこんな目に遭わなくちゃいけないの!?」
 必死で抑えつけてきた思いが、溢れる。
 それは今まで、ヨーゼフの犠牲者たちが言ってきた言葉だった。
 ヨーゼフが、こちらを見る。
『キミはキミの想い人を――兼家海斗を殺すことで完成するのだよ。サツキ』
「……かん、せい?」
 ああ、とヨーゼフは頷き、
『兼家海斗への思慕。高峰皐月への憎悪。――ワタシへの、憤怒。それらの激情をその身に宿し、キミは永遠の存在――ワタシのミューズとなるのだよ』
「……そんなことの、ために?」
『高峰皐月を無力化し、ワタシの手駒も増える。……こういうのを日本のことわざで何というんだったか――』
 ヨーゼフは少し考えたものの、すぐに思い出したように口を開いた。
『――ああ、一石二鳥というやつだねェ』
「……返してよ」
『うん?』
「わたしの身体! 返してよぉぉっ!!」
『だから前に言ったじゃないかね。キミの身体は火葬されていて、既にないと』
 ……悔しい。
 わたしは、こいつに負けるのか。
『さぁ、サツキ。その身体も、その心も、その魂も、すべてワタシに捧げなさい』
「やめて……やめてよぉ…………」
 ヨーゼフが海斗の首に手をあてた。
 ヨーゼフは、その顔を歓喜の色に染めながら、告げる。
『その魂を震わせ、極上の音色を奏でなさい! サツキィィィィ!!』
「やめてぇぇぇえええええええええええっ!!!!」
 わたしは目を閉じた。
 ――ごめんなさい。
 ごめんなさい。海斗。
 ごめんなさい。
 ごめん、なさい。
 ……だが、いつまで経っても、覚悟していた海斗の断末魔の叫びは聞こえてこない。
「……?」
 わたしは、おそるおそる目を開けた。
「な――」
 化物の触手が、途中で切断されていた。
 そして。

「……なんとか、間に合ったようですね」

 その顔には見覚えがあった。
 先ほどまでとの違いは、右腕が、だらんと垂れ下っているところか。

 満身創痍。

 そう形容するのがふさわしいほどボロボロな男が、海斗をおぶさって触手のリーチから遠ざけていた。
 ……いや。
 正確に言えば、男ではない。


「さぁ。時間もあまりないですし、さっさと終わらせてしまいましょうか」


 高峰皐月。
 佐原太陽の姿をした、もう一人の異形の怪物が、現れた。

「夢見まくら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く