夢見まくら

触手マスター佐堂@美少女

第二十五話 二条琢VS高峰皐月

 雲間から覗く陽光に照らされて、それ・・は鈍い銀色の光を放ちながら標的に迫る。
「――!」
 まさか飛び道具を持っているとは思っていなかったのだろう。
 それ・・を認識した瞬間、高峰皐月の表情が明らかに変わった。

 だが、遅い。

 牽制のために俺が投擲した刃渡り二十センチほどのサバイバルナイフは、狙い通り佐原の腹部に突き刺さ――
「やはりあなたも能力者ですか。危ないことをしますね」
 佐原の右手に深々と突き刺さり、傷口から吹き出した血で赤く染まっていくサバイバルナイフを眺めながら、高峰皐月は呆れるような口調でそう言った。
「……躊躇無しか」
 俺は内心で驚愕していた。
 あの反応速度は並ではない。
 そして、佐原の右手を何のためらいもなく犠牲にした、その豪胆さ。
「……佐原を救い出すのは、もう諦めたほうがいいな」
 自分に言い聞かせるように呟く。
 高峰皐月は、佐原の体の損傷にあまりに無頓着過ぎる。
 文字通り、どうでもいいのだろう。本当に使い捨てだ。
 改めて絶望的なまでの価値観の差を実感する。
 俺と奴は絶対に相容れないのだ。
「――――」
 そんなことを考えている間にも、俺は新たに二本のサバイバルナイフを手元に呼び出し、僅かな時間差で高峰皐月に向かって投擲する。
 狙うは、佐原の腹部。
 寄生した高峰皐月が潜んでいる可能性が、最も高い部分だ。
 先ほど、佐原の腹部めがけて投げたナイフが防がれたことから、そこに高峰皐月の本体が潜んでいる可能性は高い。
「しっ!」
 だが、今度は弾かれた。
 金属と金属がぶつかり合う音が二度辺りに響き、俺が投げた二本のナイフは、あらぬ方向へ向かって飛んでいく。
 高峰皐月の左手には、赤い血に染まり妖しく輝くサバイバルナイフが握られていた。
 俺が最初に投擲し、さっきまで佐原の右手に突き刺さっていたものだ。
 そのナイフを使って、俺のナイフを弾いたのだろう。
「そう何度も同じ手は食らいませんよ」
「――――」
 俺は何も言わなかった。
 目の前の敵は化物だ。
 化物が人間の言葉を発するのは間違っている。
 だから答えない。
 答えずに、ただ無心にナイフを呼び出し、投げた。
 再び二本のサバイバルナイフが高峰皐月の腹部に迫る。
「もうあなたの能力は割れました。何度やっても同じことで――ッ!?」
 高峰皐月の表情が再び歪む。
 ……今度は、金属同士が奏でる高音が辺りに響くことはなかった。
 代わりに粘着質で、聴くものに嫌悪感を抱かせる音がした。
 それはまさしく、肉が裂ける音であり、
「……面倒な」
 確かに手にしていたはずのサバイバルナイフが突然消失し、腹部に傷を受けた高峰皐月が苦々しげにそう呟いたのも当然であった。
 咄嗟の判断で腹部の前に右腕だけは出したようだが、その右腕も二本のサバイバルナイフが突き刺さっているだけでなく、血塗れの骨と断裂しているであろう筋肉が剥き出しになっており、全体的に薄桃色になっている。
 動脈が千切れたのか、先ほどまでより明らかに出血量が増えたそれは、どう見ても使い物にはなりそうになかった。
 俺は、つい先ほどまで高峰皐月が握っていたサバイバルナイフを片手でクルクルと回しながら、
「――やっぱり、見えねぇ」
 いくら凝視しても、佐原の周りには佐原自身の魂しかないように見える。
 魂が見えないのは、奴が仮にも高峰だからなのだろうか。
 ……まあ、今となってはあまり気にすることでもないのだが。
「高峰皐月」
「……何ですか?」
 自身の無残な姿の右腕を眺める高峰皐月が、こちらの声に反応した。

「アンタ、魔術を“使わない”んじゃなくて、“使えない”んじゃないのか?」

「――――」
 高峰皐月が押し黙ったのを確認して、俺は言葉を続ける。
「前橋皐月の話を聞いた限り、アンタの能力から言えば、さっきの俺の攻撃は防げないものじゃなかったはずだ」
 防げたはずの攻撃を防がなかった。
 つまりそれは、何らかの理由により魔術を使えないということに他ならない。
(……いける)
 押している、という実感があった。
 高峰皐月に手傷を負わせることができている。
 相手がどれだけ弱っているのかはわからないが、このままいければ――

「はぁ」

 だから、咄嗟には、そのため息が何を表しているのか俺にはわからなかった。
「見当違いもいいところですね、まったく」
「……何?」
 高峰皐月が、こちらを見た。
「楽観的過ぎですよ、二条さん」
「――――っ!?」
 高峰皐月の瞳は、あまりにもくらくて。
 その瞳を見た俺は、思わず一歩下がってしまった。
「……ようやく降ってきましたか」
 高峰皐月の言葉通り、じめじめとした空気の中、割と強い雨が降ってきている。
 冷たい滴が頬を打った。
「ありがたいですね。これで魔力消費が抑えられます」
「――あ?」
 それは高峰皐月の言葉に対してと、もう一つ、自分の身体の一部の違和感に対して出た声だった。
 足が、冷たい。
 ……何だ?
「これは……水?」
 水でできた触手のようなものが、俺の足に絡み付いている。

 そして、その触手が俺を地面に引きずり倒した。

「がぁ――ッ!?」
 雨でぬかるみ始めている地面に、思いきり叩きつけられた。
 前に倒れ、胸を強く打ったせいか、一瞬呼吸が止まった。
「――っは!」
 思いきり息を吐き出して、何とか回復する。
「ゴホッ……ゲホゲホッ……!」
 だが、触手が俺の足を拘束しているせいで立ち上がれない。
「私があなたの攻撃を受けたのは、私ののようなものです」
 そう言いながら、高峰皐月が俺の頭を踏みつけた。
「くっ――!」
「召喚系の超能力の一種でしょうが……ナイフだけしか呼び出していないところを見ると、そんなに大きな物は呼び出せないようですし、他にも何か制約があるのかもしれませんね」
 高峰皐月は、俺の頭を踏みつけたまま、
「いずれにせよ、よくそんな貧弱な能力を持っているだけで、高峰である私に勝てるかも、などと思えたものです」
「うぐっ!?」
 新しい触手を、俺の口に突っ込んだ。
 ……触手と言っても、それは水でできているもので。
「――――っ!」
 鼻から息を吸おうとすると、鼻にも触手を当てられた。
 息ができない。
 俺の意思とは関係なく、身体が酸素を求めてもがく。
「苦しいですか? いい表情ですね。本当に、葉月が好みそうな……」
 不意に、口と鼻を塞いでいた触手がただの水に変わり、呼吸ができるようになった。
「ゴホッ…………ゲホゲホッ……!」
 器官に入った水を吐き出す。
「……はぁ……はぁ……はぁ……っ…………」
 なんとか呼吸を安定させた俺は、まだ俺の頭を踏みつけている高峰皐月を睨みつけた。
「解ってるんだろうな!? 俺は葉月の――」
「知ってますよ。あなたを手に入れたとき、葉月ったら、ものすごく嬉しそうに私達に報告してきましたからね」
 高峰皐月は、どこか懐かしむような表情でそう言って、

「でもまあ、顔が無事なら問題ないでしょう」

「――――っ!?」
 甘く見ていた。
「――高峰など恐るるに足りない、と。そう思っていたのですか?」
 高峰皐月が俺の頭を踏みつける力が強くなる。
「ぐ――っ!」
「万が一にでもあなたを殺さないように、手加減しているに決まっているでしょう。そんなことすらわからなかったんですか?」
 高峰皐月の目の奥にあったのは、俺への侮蔑の色だった。
 ……所詮、俺ではここまで弱っている高峰皐月にすら勝てないのか。
「……クソ」
 葉月は、俺が絶対に高峰皐月に勝てないとわかっていたのだろう。
 そもそも、どうして考えつかなかったのか。
 いくら弱っていると言っても、高峰は高峰。
 ……手加減されていたのだ。
 これ以上ないほどに。
 葉月の伴侶である俺の顔に傷一つ付けずに穏便に片付けて、前橋皐月を確実に殺すために。
「……クソぉ……ちくしょお……っ」
 屈辱だった。
 だが、一番腹立たしいのは自分だった。
 そう。
 俺は安堵していたのだ。
 殺されずに済む、と心のどこかで安心してしまった自分自身に嫌悪感を抱かずにはいられなかった。
 自分から葉月との関係性を匂わせたことも、唾棄すべき俺の心の弱さが原因だ。
 情けなかった。
 惨めだった。
「しばらく寝ていてください、二条さん。次に目を覚ましたときには、全てが終わっているでしょうから」
 そう言って、高峰皐月は俺の頭に右手を近づけてくる。
「…………っ」
 動けない。
 ――ここで、終わるのか?
 海斗と前橋皐月はどうなる?
 ……あいつらは幸せになるべきだ。
 確かに、前橋皐月は罪を犯した。
 それは決して許されることのないものだ。
 償わなければならないものだ。
 ……だが、それは高峰の生贄にされるだけの人生を肯定することにはならない。
 生きて、償わせるべきだ。
「……俺は」

「――たっくううううううううん!!」

 突然だった。
「うぐっ!?」
 高峰皐月の身体が吹き飛び、柔らかく暖かなものが俺の身体に密着した。
「……な、何だ?」
 視界に映るのは、鮮やかな赤色の浴衣。
「久しぶりだね、たっくん!」
 腰のあたりまで伸びた艶やかな黒髪を揺らしながら、その女は俺の身体をまさぐっている。
 葉月とはまた違う、この雰囲気は――
「……みやび?」
 高峰葉月の表の人格である、雅だった。
「なんで、こんなところに……」
 雅の浴衣は、俺のところにダイブしたせいで、泥だらけになってしまっている。
「んー?」
 雅が首を傾げた。
「……あれ?」
 泥だらけになっていたそれは、いつの間にか、何事もなかったかのように元の美しい状態に戻っていた。
 ……どういう力が働いているのか、皆目検討がつかない。
 魔術か、あるいは超能力によるものか。
「どういうつもりですか、雅さん」
 高峰皐月が、険しい表情で雅に詰め寄る。
「しーっ」
「んぐっ!?」
 雅は高峰皐月の唇を、人差し指で押さえた。
「たっくんに手加減してくれたのはありがたいんですけど、喋り過ぎです。次に彼らが皐月さんに会うときの心象が悪くなりますよ?」
 高峰皐月の唇を押さえた指を離し、俺のシャツでその指を拭くと、
「しっかし、魂の損傷一つでここまでバカになるものなんだねぇ……。そう考えると、やっぱり憤怒は侮れない相手だよね」
 ……高峰皐月より、雅のほうがペラペラ喋っているように感じるのは、俺だけだろうか?
 いや、今はそんなことどうでもいい。
「雅……ごめん……」
 俺は雅に頭を下げた。
 どんな事情があったにせよ、俺が葉月の指示を無視したことは事実なのだ。
「え? ……ああ、葉月様の指示を無視したこと?」
 雅は俺の頭を撫でながら、
「全然怒ってないよ。どうせ結果は変わらないしね」
「…………?」
 結果は、変わらない?
 ――それは、まさか。
「そんなことより、早く行ったほうがいいんじゃないですか? 皐月さん」
「……どういうことです?」
 雅の言葉に対して、高峰皐月は困惑したような表情をする。
「……匂いも、分からなくなっているんですね」
 そう呟いた雅は、俺のほうを向いて、
「たっくんなら分かるんじゃない?」
「え?」
 雅の発した言葉の意味を図りかねていた俺だったが、不意に、ある臭いが俺の鼻を刺激した。

「――血の、匂いがする」

 雨でかなり嗅ぎ取りにくくはなっているものの、常人よりもはるかに臭いに敏感な俺の鼻は、それを確かに感じ取ったのだ。
「あー、始まったみたいだね」
 呑気にそんなことを言う雅だったが、俺はそんなに冷静ではいられなかった。
「離してくれ、雅っ! 海斗が――!」
 俺の必死な顔を見ても、雅は笑っていた。
「大丈夫大丈夫。ホントにヤバくなったら、私も手出すから」
「そんなこと言ったって――!」
 あくまで海斗のところへ向かおうとする俺を見て、雅はくすりと笑って、
「たっくんは優しいから、友達を見殺しにするのが苦しいんだね」
「――っ!?」
「大丈夫だよ。たっくん」
 視界が雅に埋め尽くされる。
 それをぼんやりと見つめる俺は、雅の腕の中にいた。

「私は、たっくんのことぜーんぶわかってるからね」

 言いながら、雅は俺のことを抱きしめた。
「――あ」
 胸の中に、温かなものが広がっていく。
 雅の表情は俺への慈愛の色に満ちていて、否が応でも安心させられる。
「たっくんが気に病むことはないよ。仕方ないことなんだから」
 雅の瞳は本当にきれいだった。
 ずっと見つめていたくなる、甘い――猛毒。
 ……どうして、毒だなんて表現になるのか、自分でもよくわからない。
「……雅」
 雅は、俺の頭を愛おしげに撫でながら、言った。
「ちゃーんと見届けてあげようよ。――たっくんのお友達さんの、怠惰の結果を、ね?」

「夢見まくら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く