夢見まくら

触手マスター佐堂@美少女

第十六話 現れた少女

 二条が病院の外から戻ってきた後、俺と二条は病院の担当者に呼び出された。
 担当者の話では、服部は出血は酷いものの、命に別状はないらしい。案外、人間の身体は丈夫にできているんだな、と場違いな感心をしてしまったのは秘密だ。
 それを聞いて少し安心した俺たちは、もう一度キャンプ場に向かうことにした。服部の応急処置をしていたため、そのままキャンプ場に残してきたテントやタープなどを回収しなければならなくなったからだ。
 俺が電話で服部の母親に事情を説明すると、自分もすぐそっちに向かうから、できればキャンプ場に残してきたものを回収して病院で待機しておいてほしい、と言われた。
 俺は二つ返事で了解した。
 後で考えてみれば、運転するのは二条なので俺が了解したのも変な話だったかもしれない。
 車に乗る前に、二条が念入りに財布や靴など自分の持ち物をチェックしていた。
 「何か無くしたものでもあるのか?」と聞いたが、「なんでもない」という返答が返ってきた。
 少し気にはなったものの、二条が言いたくないことなら無理に聞き出すのも悪いだろう。
 ゆっくりしていても仕方ないので足早に車に乗り込んだ。病院に来た時より車内の雰囲気は大分マシになったものの、依然として頭を悩ませる問題は残っている。
 佐原のことだ。
 状況的に、あいつが服部を殴りつけた犯人である可能性は非常に高い。
 服部に危害を加えた動機や服部に対して殺意があったかどうかなど他にも気になる点はいくつかあるが、最も俺が恐れているのは佐原に出くわすことだ。
 お姉さんの言葉通りなら、俺は佐原に殺される可能性がかなり高い気がするからである。
 そして、恐らく俺では武器を持った佐原に勝てない。……いや、下手したら素手でも殺られるかもしれない。
 はっきり言って、かなり怖い。
「犯人は現場に戻って来る、って言うじゃん。二条、怖くない?」
「お前が言ってるのはちょっと違うやつだと思うんだが……ああ、佐原のことか」
 二条は合点がいった、という様子で頷いた。
「大丈夫だよ海斗。俺は佐原程度の奴には負けな……いかん、これ死亡フラグって奴じゃないのか」
「縁起でもないこと言うなよ」
「悪い悪い。でもまぁ、俺はそうそう死なねーと思うぞ。唐揚げ事件憶えてるんだろ? 大船に乗ったつもりでいろ」
 二条は別段気にした風でもなく、そう言い切った。
 それは、自分の力への絶対的な信頼からか。
 ……少し、二条が羨ましかった。


 ◇


「雨、降りそうだな」
 キャンプ場に到着し、車から降りた俺はそう呟いた。
 今朝、二条と一緒に朝日を眺めていたときは晴れていたが、今現在、俺たちの上空には巨大な灰色の雲が浮かんでいる。朝には特に感じなかった、肌にまとわりつくような熱気が気持ち悪かった。
 幸いまだ雨は降っていないが、天気が崩れるのも時間の問題だ。テントやタープは雨が降り出す前に片付けておきたい。
 考えることは同じなのか、キャンプ場に来ている他の人たちの中には、俺たちのように少し早めのテントの片付けに入っている人もいた。
 俺たちもゆっくりはしていられない。
「さて、さっさと片付けますか」
「ああ」


 ◇


 テントとタープを袋に押し込み、その他もろもろをトランクに詰め込み終わった俺たちは、折りたたみ椅子に腰掛けて、折りたたみ式テーブルをトランクから引っ張り出し、様々な種類の菓子パンをテーブルに広げ、牛乳を飲みながら一息ついていた。
 大量の血液にまみれていたテントや、真っ赤に染まった着替えなどは、管理人さんにもらったゴミ袋に押し込まれることになった。さすがに服部も二度とあのテントを使う気にはなれないはずだ。
 その他の持ち物は俺と二条が選別し、トランクに詰め込んだ。中には佐原の私物も含まれているが、それらをどうするかは俺たちが家に帰った後に決めても遅くはない。重要参考人である佐原は、この場にはいないのだから。
 雨はまだ降り出していない。腕時計を見ると、まだ午前八時過ぎ。キャンプ場の朝は早い。
 …………疲れた。
 今日は活動を始めるのが早すぎたし、服部の流血事件からずっと気疲れする状態が続いてたからな。
 当然ながら、俺たちが病院にいても服部の状態が良くなるわけではない。心配は心配だが、医者から大丈夫だと言われれば心の余裕も出てくる。少しぐらいゆっくりしたいと思っても罰は当たらないだろう。
 二条も同じ気持ちなのか、動こうとしない。
「あのー」
 俺と二条がまったりしていると、誰かが話しかけてきた。
 二条のほうをチラ見すると、涎を垂らしながら寝ている。……動こうとしなかったんじゃなくて、寝てたのか。
 二条には世話になっているので俺が応対することにした。
「はい?」
 見ると、アロハシャツを着た若い男だった。
 この人は確か……そう、昨日のあのカップルの片割れ、男のほうだ。
 昨日ボートレースのおかげでムードをぶち壊された御礼参りにでも来たのだろうか。
 それとも、彼女がいない俺と二条への当てつけだろうか。
 それとも、りあじゅう、のだいばくはつを見せてくれるのだろうか。
「お友達の方、大丈夫でしたか? かなり危険そうな状態でしたけど」
 言いながら、男は心配そうな顔をしていた。
 ……いけないいけない。リア充だからって敵視しすぎだ。
「一応、命に別状はないらしいです。荷物を回収したら、すぐ病院に戻るつもりですが」
 どうでもいいが、この発言は思いきり矛盾している。俺と二条は今現在大絶賛まったり中だ。
「そうですか、よかった。……あ、そうそう」
 男は思い出したように言う。
「君が海斗君、で合ってる?」
「はい、そうですけど」
 はて、この辺りに俺の名前を知っているような奴なんていたっけ?
 そう思いつつ、男に続きを促す。
「君のこと探し回ってる女の子がいたよ。薄い茶髪の」
 薄い茶髪の女の子?
「名前は確か……玲子さん、だったかな。海斗君に会ったら、自分が海斗君を探してるってことを伝えておいてくれって頼まれてね」
 ああ、玲子さんか。
 ……いやいや。
「玲子さんが? 何でですか?」
 自分で言ってて悲しくなるが、玲子さんが俺を探す理由がわからなかった。
「さあ、僕もそこまでは……。それじゃあ、確かに伝えたからね」
 それだけ言うと、男は去っていった。
「玲子さん……か。一体俺に何の用があるのやら」
 あなたの命ちょうだい、とか言われたらどうしよう。
 一応、二条を起こしたほうがいいかもしれない。
 ……というか、そんなことを言い出したら俺の中で現在危険度最高ランク認定の佐原が野に放たれている時点で危険がいっぱいなのだが。
 そう思って後ろを見ると、普通に起きている二条がいた。
「ありゃ?」
「うん? どうした海斗」
「さっきまで寝てなかった?」
「あ? ああ、寝たふりだよ。野郎の応対なんてしたくなかったから、お前に投げた」
「……ああ、そう」
 やったことはともかく、そこまではっきり言われるとむしろ清々しかった。
 やっぱりこいつ、そんなに性格よろしくないような。俺が言えたことでもないんだが。
「あれ」
 今度は二条が声を上げた。
「どうした二条?」
「あれ、玲子ちゃんじゃねーか?」
 二条が指を指したほうを見ると、白いワンピースに亜麻色の髪の少女が、こちらに向かって手を振っていた。
 噂をすれば、だ。
 慌てて俺も手を振り返す。
 玲子さんは、なぜか段差がない所でこけそうになりながらも、車が停めてある俺たちのところまで歩いてきた。
 ……少しふらついているように見えるが、大丈夫だろうか。
「やっと見つけた……どこに行ってたんですか?」
 息を整えながら、最初に玲子さんが発した言葉はそれだった。
 それはつまり、玲子さんは、今朝服部の身に降りかかった災厄を知らないということである。
「誰かに聞いてないかな? 昨日玲子さんにも紹介した服部って奴が、誰かに頭を殴られて病院に運ばれたんだよ。俺らはそれに付き添って病院まで行ってたんだ」
 佐原が犯人かもしれない、というのは伏せた。不確定な情報をわざわざ伝えても何の意味もない。
「あと、服部の頭を殴った人間はまだその辺を彷徨いてるかもしれないから、玲子さんも気をつけて」
「あ、牛乳!」
 俺が改めて玲子さんのほうを見ると、玲子さんはテーブルの上にあった牛乳パックに目を奪われていた。
「……俺の話、聞いてた?」
「はい。服部さんが病院送りになって、海斗さんと二条さんが付き添いで病院に行って、服部さんを殴った人がまだこの辺にいるかもしれない、というところまでは」
 こちらの質問に的確に答えながらも、視線は牛乳パックに向いたままだ。
 どうやら、不審者が辺りを彷徨いているかもしれないというところも、あまり気にしていないように見える。
「あ、そう……」
 まあ、ちゃんとこっちの話を聞いてくれていたなら問題ないか。
 ……でも、なんか玲子さんの雰囲気が昨日と違うような。
 気のせいか?
「それに、今さらですよ。もうみなさん、帰る準備を始めてます。誰だって、殴られたくはないでしょう?」
「あ、ちゃんと話は広まってたのか。それなら安心だな」
 玲子さんの質問は、あくまで確認程度のものだったというわけだ。
「玲子さん、牛乳好きなの?」
 玲子さんの牛乳パックを見る目が光りだしそうな勢いだったので、思わず聞いてみた。
「ええ、大好物です! ちょっと頂いてもいいですか?」
「はあ。それじゃどうぞ」
 新しい紙コップを開きっぱなしのトランクから取り出して牛乳を注ぎ、玲子さんに渡した。
「ありがとうございます、海斗さん」
 お礼を述べながら紙コップを受け取った玲子さんは、牛乳を一口飲んでから息をついた。
「はぁー。落ち着きますね」
 その端正な顔を緩め、リラックスした表情をしながら玲子さんがしみじみと呟く。
 俺はボーッと、玲子さんの横顔を眺めた。

 その横顔が、どことなく皐月に似ている気がした。

「どうしたんですか海斗さん。わたしに惚れましたか?」
「……いや。なんとなく知り合いと似てるような気がしただけ」
「そうですか」
 何気無くすごいことを口走った玲子さんは、相変わらずリラックスした表情で俺のほうを見つめている。
「そういえばさ」
「何です?」
「昨日は俺のこと、兼家さんって呼んでなかったっけ?」
「……気のせいでしょう」
 玲子さんは微笑みながら、そう言った。
「……そうか。気のせいか」
「ええ。気のせいです」
 ……なんでだろう。
 この子と話していると、不思議なほど心が落ち着く。
 なにか暖かいものが、俺の心を満たしていくような、そんな感じがするのだ。
 ……どうしてだろう。

 この子と話していると、どうしようもないほどに、涙が溢れ出しそうになるのは。

 左手で目を拭う。
 今の自分の感情が、よくわからなかった。
 俺は喜んでいるのか。それとも悲しんでいるのか。
 ただ、この会話をどこか懐かしいと感じている自分がいるのは確かだった。

 だが、俺のそんな感傷は。

「玲子ちゃん」
 二条の、冷たさを孕んだその声にかき消された。
 その声は別段大きくもないはずなのに、妙に辺りに響いたような気がする。
「一旦、海斗から離れてくれないかな」
 今まで俺たちを静観していた二条が、玲子さんを鋭い目で睨んでいた。
「二条……?」
 俺が戸惑いの声を上げたのも、無理もないことだと思う。
 俺は、こんな二条の顔を見たことがない。
 こんな、何かを堪えるように相手を睨みつける、二条の顔を。
「……なるほど、葉月がわざわざ俺にかけてきたのは、この為か」
 二条は少し納得したような様子で、俺と玲子さんを見ていた。
「昨日見た時も少し妙だとは思ってたんだよ。今は昨日より濃くなって、はっきり見える・・・
「……? 何を言ってるんだ、二条?」
 俺の疑問の言葉は、二条に無視された。
 二条の言葉は続く。

「君、どこからどう見ても一人なのに、何で二人分・・・なのかな?」

 意味が、分からない。
「それに、それで隠してるつもりか? お前、酷い臭いがするぞ」
「あ、あなたは……」
 玲子さんは、二条のただならぬ様子に言葉を発することができないようだ。
「おい、二条……」
 二条が何を言っているのか分からない。
「……あなた……もしかして……」
 玲子さんは狼狽えた様子で、二条を見ている。
「俺はお邪魔か? まあまあ、そんなに邪険にしないでよ」
 二条は微妙に口元を歪めながら、目を細めた。
「改めて、俺らと一緒に朝食でもどう? 前田玲子さん。……いや」
 そして、決定的な一言を告げる。

「――前橋皐月さん・・・・・・

「夢見まくら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く