話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

夢見まくら

触手マスター佐堂@美少女

第十話 四回目の明晰夢

 目が覚めると、見知らぬ場所にいた。
「……あれ?」
 まず目に入ったのは黒板。これだけでもこの場所がどこであるかなどわかりきっているが、俺の確かな記憶では、酔っ払いながらも、若干窮屈なテントの中で男四人で寝たはずだ。こんなところで目覚めるわけがない。
 机に突っ伏したまま寝ていたような姿勢である。寝違えたのか、少し首のあたりが痛い。
 混乱しながらも立ち上がった。周りを見回す。
 そこは教室だった。何故か机と椅子は、今俺が使っているものともう一組、今俺が使っている机に密着するように目の前に置いてある机と椅子の、合計二組しかない。窓があるが、そこから光は全く入ってきておらず蛍光灯の光だけが教室を照らしている。廊下側の窓も曇りガラスのようになっており、外を確認することはできなかった。
 ブラウン管テレビや、一から三十八までの番号がかかれた木製のロッカーや、掃除用具箱、黒板消しクリーナーなどの、少し懐かしいものはあるが、机と椅子がほとんど無いこと以外は特にこれといって特徴のない教室である。
 そして、俺はこの教室に見覚えがある。
「たしか、俺の中学校のときの教室だな……」
 何でこんなところにいるのか。その答えは俺の中ですぐに出た。
 夢だ。
 携帯で確認してみると、七月二十七日と表示されていた。
 ……本当に今更だけど、夢の中で携帯の日付確認しても意味ないんじゃないのか? 気にしてどうなるものでもないんだが。
 一通り教室の中を見て回った俺は、再び椅子に腰を下ろした。
「……で、俺はどうしたらいいんだろうか」
 教室から出たほうがいいのか? ……いや、出ないほうが良さそうだな。
 まず、窓と廊下の外が霧のようなものに覆われており、全く外が見えない。そもそも外というものが存在しない可能性もある。
 それに、この教室には、机と椅子がそれぞれ二組ずつしかない。……若干個人懇談っぽい配置だが、俺は中学生じゃないし……いや、そういうことが言いたいんじゃなくて。
 つまり、この机と椅子は、俺と、もう一人、別の人間のために用意されているものである可能性が高い。それならばその人物が現れるまで待ったほうがいいと判断したのである。


 ◇


 五分ほど、待っただろうか。
 果たして、その人物は現れた。
「ああ、先にいらしてたんですね。お待たせしてすいません」
 背後から、聞き慣れた声が聞こえた。
 いつから俺の背後にいたのか。心臓に悪いからドアを開けて入ってくるなりして欲しかったが、まあいいだろう。
「……皐月…………さん?」
 俺は硬直した。
「……? はい、皐月ですよ。どうかしましたか、海斗さん?」
 皐月は何故か、巫女服を着ていた。可愛い。
 え? コスプレ? コスプレなのか? そうなんですか?
 それにしてはすっげえナチュラルに着こなしてるように見えるが……。
「! ああ、この服ですか。確かに見慣れないものですよね。どうですか? 似合ってますか?」
 皐月はその場でくるっと一回転してみせた。
 ……ヤバい、すごくいい。
「ふふ、ありがとうございます」
 皐月さんのはにかむような笑顔が眩しい。
「…………で、あなたは誰ですか?」
「おや。やっぱり気付いてましたか」
 皐月さんは向かいの机に腰を下ろした。
「皐月は俺に敬語なんて使いませんし、俺が知る限り読心術っぽいものも持っていませんでしたし……あとは、雰囲気、ですかね」
「……なるほど。あの子が気に入るのもわかる気がしますね」
「はい?」
「皐月があなたのことを好いているのもわかる気がしますね、と言ったんですよ」
「そんなにはっきり返されるとは思ってなかった! ……って、え!? 皐月は本当に俺のこと好きなんですか!?」
「さぁ、どうでしょうね」
 くそぅ、はぐらかされた……。
「そのあたりのことは、本人の口から直接伝えられたほうがいいでしょう?」
「え? え、まあ、そうですね……」
 まずい、会話の主導権を完全に相手に握られているぞ……大丈夫か、俺?
「さて、あなたとこうして他愛のないおしゃべりをしているのも楽しいのですけれど、そろそろ本題に入らせて頂きますね」
「本題?」
「ええ。前橋皐月のことです」
「皐月のこと……いや、ちょっと待ってください。さっきの俺の質問にも答えてもらってないですし、それに、あなたと皐月にはどんな関係があるんですか?」
「そのことも含めて、お話しするかどうかは、あなた次第です。兼家海斗さん」
「俺、次第……?」
 どういうことだ?
「はい。海斗さん、知りたいですか? 前橋皐月のことを」
「そりゃもちろん、知りたいですよ。好きな女の子のことですから」
「……質問を変えます。あなたは私の口からどんなことを聞いても、前橋皐月のことを好きなままでいられますか?」
「当たり前です。俺が皐月を嫌いになったりするわけがない」
 断言した。
「……ここまではっきり言って頂けるとは思っていませんでした。私が思っていたより優柔不断な人物ではないようですね。わかりました、お話ししましょう。どうぞ、掛けて下さい」
 そう言うと、皐月さんは机から降りて、椅子に腰掛けた。
「いや、俺もうだいぶ前から座っちゃってるんですけど」
「細かいことはいいんです。さて……何から話しましょうか」
 うーん、と、皐月さんが考え込む。いちいちしぐさが可愛い。この人は本物の皐月じゃないと頭ではわかっているんだけど……。
 冷静になれ俺。この人の目的は何だ? 何で俺の夢に出てきた? 何で皐月のことを教えてくれるんだ? ……さっきから、この人の話に乗せられすぎだ。この人から危険な感じはしないが、乗せられすぎないように注意は払っておくべきだ。
 もちろん、皐月のことに関してはできるだけ聞かせてもらうが。
「まだあなたが誰なのか教えてもらってません」
「ああ、まずは私のことですね。私は……そうですね……神?」
「神!?」
 ぶっ飛び過ぎだろ!
「すみません、冗談です。一回やってみたかっただけです。私のことは、皐月の姉のようなものだと思って頂ければ」
 ……悪い人じゃなさそうだけど、信用して大丈夫なのかこの人。
「は、はぁ……。皐月のお姉さん、ですか? じゃあ、お姉さんと呼んでも構いませんか? さっきから皐月と混ざってややこしいので」
「もちろん構いませんよ。それではお姉さんと呼んでください。私も、あの子のことは皐月と呼びますから」
 そう言うと、お姉さんの雰囲気が少しだけ変わった。
 ……ここからは本当に真剣な話らしい。
「海斗さんは、皐月のことをどれだけ知っていますか?」
「……えーと、それはどういうことでしょうか?」
「皐月について、お互いの認識の齟齬がどれほどあるのかを確認するために、教えて頂きたいのです」
「なるほど、わかりました」
 俺は、思い出しながら、ゆっくりと話し始めた。
「最初に出会ったのは、もうほとんど憶えていないくらい昔です。前橋さんが、うちの隣に引っ越してきたんです。もちろん皐月も一緒に。俺が、多分幼稚園とか、そのぐらいの年齢だったんじゃないかなと。小学校も一緒で、俺が、小学校を卒業するまではよく一緒にいましたね。学校の休み時間とか、放課後とか。家に帰って一緒にいるときもありましたし、当時の俺にとっては妹のような存在でした」
「なるほど。幼少期から交流はあったわけですね」
「ですが、それ以降は疎遠になりました。中学校のときは皐月に会った記憶がほとんどありません」
「それは、なぜですか?」
「女と仲良くするのは体裁が悪い。男友達に馬鹿にされると思って、意識的に皐月と距離をとるようになったんです。……もちろん、今はそんなこと思ってませんよ。過去に戻れるなら、中学生だった自分を殺しに行きたい程度には後悔してます」
「……そうですか」
「高校に入っても、皐月にはほとんど会いませんでした。隣の家から出てきたら会釈する程度です。それを会ったと言えるのでしたら、の話ですが……。風の噂で、皐月の成績がすごくいいらしいということも聞いていましたが、そんな話、学生にとってはストレス以外の何物でもありませんでした。……結局俺は、ちゃんと皐月と会って話をすることはありませんでした。そして、あの日、皐月が自殺しました。そこで初めて気がついたんですよ。くっだらない理由で、ずっと皐月のことを避け続けていた馬鹿過ぎる自分に」
「………………」
 もう俺は、自分の知っている前橋皐月のことについて、なんて、話していなかった。さっきまで考えていたことも頭から抜けていた。
 ただ、懺悔していた。
 ……目の前の、前橋皐月の姿をしたこの女性に。
「“女と仲良くするのは体裁が悪い。男友達に馬鹿にされるから”? ……くだらないです。くだらないですよ、こんな理由。俺は、そんなことのために一番大事にしなきゃいけなかった人のことをないがしろにした。……どんな問題を抱えていたのかは知りませんが、一番辛い時期だったはずの皐月の側に俺は居なかったんです……」
「もういいです、海斗さん。十分です」
「……え?」
「十分です、と言ったんです。もう十分に分かりました。かつて、あなたが皐月に対して心無い仕打ちをして心を痛めているということも」
 そして、少し目を伏せながら、お姉さんは言い切った。
「――――あなたが、前橋皐月について、詳しいことは本当に何一つとして知らないということも」

「夢見まくら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ホラー」の人気作品

コメント

コメントを書く