絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~

巫夏希

第百六十九話 レティシア・バーボタージュⅤ

 その声は低く、渋味があり、かつはっきりとした声であった。
 レティシアはその声が何処から聞こえるのか――と辺りを見渡すが、何処にもそのような人影は見えない。

『何を見ている。私はお前の目の前に居るだろう』
「目の……前?」

 言葉を反芻して、言われた通りの方向を向いた。そこにいたのは一機のリリーファーだった。

「リリーファー……? まさかリリーファーが言葉を発することが出来るなんて、そんなタイプが開発されたというニュースは……聞いたことがないのに……!」
『世界は常に進歩していつ何が起きるか解らない。だから世界というものは面白い。……そうだろう?』
「どういう……」

 レティシアは頭をフル回転させた――が、その直後、彼女はがっくりと項垂れた。まるで、意識を失ってしまったかのように。
 とはいえそれもまた一瞬で終了して、再び彼女は前を向いた。


 ――彼女の目から、光が失われていることに気が付いたのは誰一人としていなかった。


『さぁ、私とひとつになろう』
「ひとつ……に?」
『そうだ。リリーファーは起動従士に操縦される。だが、それだけでいいのだろうか? ……そう考えた科学者もいた。そしてその科学者は機械に「命」を与えた』
「それがあなた、ということね……」
『あぁ、そうだ』

 レティシアはゆっくりと、ゆっくりと歩を進める。それについて気を止める人間など誰も居なかった。ここに居るのは大会の参加者か整備士しかいないから、リリーファーに近付くことは至って普通のことなのだ。
 そして彼女はそのリリーファーに乗り込んだ。


 ◇◇◇


「そういえばレティシアはどうした?」

 マーズは一通り倉庫にあるリリーファーを見終えたところで、ほかのメンバーにそう言った。

「レティシアならリリーファーを見て回るとか言ってた気がしますよ」

 それにいち早く答えたのはレミリアだった。
 レティシアは確かにリリーファーが好きだから、そう考えられるのも頷ける話だった。

「そうか。確かにそれなら有り得ない話ではない。……まぁ、少しくらいみんなで自由に回ってもいいだろうし」
「リリーファーはいったい、どういう感じにするつもり? 個人貸切、それともチーム貸切? さっき聞いた話だけど、後者の方が工作されなくて済むらしいよ」

 再び、レミリアは訊ねた。

「うーん、まぁ予定としては私も後者のほうがいいわね。それぞれに合ったリリーファーを使うのが、全力を出せていいと思うけれど、リリーファーに何か仕込まれたらたまったものではないね。何せ個人貸切の場合は『他の起動従士と共同管理』なのだから」

 個人貸切とチーム貸切の間には、ある大きな特徴が存在する。それは管理面での問題だ。
 前者ならばリリーファーの台数の都合により、複数人の起動従士との共同利用が求められる。しかしながら整備士はリリーファー一機に何名と決定しているため、必ずしも安全が確保されるわけではない。過去にもこのような事態があったからこそ、慎重に選ばなくてはならない。
 とはいえ前者には、『起動従士に応じたリリーファー』をそれぞれに配置出来るというメリットが存在する。その大きなメリットがあるからこそ、未だに個人貸切を選ぶチームは少なくない。
 では、後者はどうなるだろうか?
 チーム貸切では一機のリリーファーをチーム単位で借りる。そのためそのリリーファーを使用するのは、自ずとそのチームだけとなる。即ち安全性がぐんと跳ね上がるのだ。

「……やっぱりチーム貸切の方が、やり方としては手堅いかもしれないわね」

 そう言って溜息を吐いた――その時だった。
 倉庫に、サイレンが鳴り響いた。そのサイレンは普通のサイレンではなく、どこか不快な音だった。身体中を虫のような何かが這いずり回る、そんな不快感だ。
 そしてそれと同時に、

「皆さん、ここは避難命令が発動されました! 急いで逃げて下さい!」

 メガホンを持った若い女性が、倉庫に居る人間にそう声をかけた。
 そして倉庫がざわめきと喧騒に包まれるまで、数瞬もかからなかった。

「どういうことだ、いったい何があったんだ!」

 メガホンを持つ女性を捕まえてマーズは状況の説明を求めた。
 対してメガホンを持つ女性は微笑むと、

「何も問題はありません。此方で早急に対処致しますし、リリーファー倉庫は未だ幾つかありますからそちらを利用して構いません。だから今は急いで……」
「私は『何があったのか』を聞いているんだ!! こうしろああしろという命令が聞きたいわけじゃない!!」

 マーズは食いかかるような口調でその女性を責め立てていく。
 そして。
 地響きが鳴った。
 それはマーズたちがいるずっと後ろの方だったが、それが何によるものかは直ぐに理解出来た。

「まさか……リリーファーの暴走?」

 マーズが呟くと、その女性は諦めたように小さく溜息を吐いてから、頷いた。

「あぁ、そうだ。リリーファーの暴走だよ。とはいえ今の時代、自律制御が可能なリリーファーは存在しない。リリーファーにはきちんと人間が乗っている」
「その人間……までは」
「残念ながら、流石にそこまでは把握出来ていない。しかし通信を繰り返していくうちに、唯一『女性だ』という確証は掴めた」

 そこでマーズはとても嫌な予感がした。
 そんなことはありえない。彼女のはずがない。
 そう思ってはいたが、しかし真実は重くのしかかる。
 メガホンを持った女性に、一人の人間が近付いたからだ。同じように作業着を着た人間は用件だけを告げて、さっさと帰っていった。

「……名前は?」
「マーズ・リッペンバー」

 それを聞いて、女性は溜息を吐く。

「……だったら、もう言っても構わないだろう。どっちにしろ、君たちももう無関係とは呼べなくなったわけだからな」
「それはどういうことだ?」

 マーズの言葉に、女性はマーズたちの方に向かってくるリリーファーを指差して、言った。

「あそこに乗っている人間の正体が判明した。……レティシア・バーボタージュ、十歳。チームは、君たちと同じなのはあなたたちのほうがよく知っているはずよね」


 ◇◇◇


 レティシア・バーボタージュは笑っていた。抑えようとしてもその笑いが止まることはなかった。
 彼女は嬉しかった。
 なぜ? こんなリリーファーに乗れたからか? ――違う。
 なぜ? 破壊と殺戮ができることを喜んでいるのか? ――違う。
 彼女が願うこと、それはたった一つ。

「ねえ、マーズ」

 レティシアは誰にでもなく呟いた。
 彼女はマーズ・リッペンバーが好きだった。どんな彼女も好きだった。コーヒーを呑む彼女も、勉強をするためにノートを取る彼女も、リリーファーを見る彼女も、哀しみに溺れ涙を流す彼女も、笑顔の彼女も、深刻そうな表情を浮かべる彼女も、全部全部全部全部。
 レティシアはマーズ・リッペンバーの凡てを自分のものにしたかったし、そうあるべきだと考えていた。
 だが、それには幾重にも壁が立ち塞がった。
 それを凡て打ちのめしても、それよりも高い壁がやってくる。
 今回の『大会』だってそうだった。彼女はマーズを独り占めできると考えていたのに、これだ。
 レティシア・バーボタージュはマーズ・リッペンバーを見ていたが、マーズ・リッペンバーはレティシア・バーボタージュのことを見てくれてはいなかった。
 その違いが、彼女を苦しめ続けた。
 彼女を、歪めていった。
 それは、たった一つの感情だった。絶望よりも希望よりも深い、深い感情。
 だが、それを彼女は敢えて言おうとはしなかった。言う必要がないからだ。
 ただ、彼女に――マーズ・リッペンバーに振り向いて欲しかった。マーズ・リッペンバーにレティシア・バーボタージュを隅から隅まで見て欲しかった。
 普通の人間から見ればそれは歪んだ感情のようにも思えたが、彼女はそれを『歪んだもの』だとは思わなかった。
 狂っていたのは彼女だった、ということに変わりないのだ。

「どうしてあなたは――私を見てくれないの?」

 彼女はリリーファーコントローラを撫でながら、呟く。

「絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く