絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~

巫夏希

第百五十二話 ある少女の過去

 人工降雨システムはあまりにも強すぎる。
 だから彼女の中でもそれはセーブすべき存在であることは充分に理解していた。人工降雨システムを使うのは、あまりにも強すぎてそれを使うに値するリリーファーにのみ使う、と彼女は心の中で決めていたのだ。
 そして、今。
 彼女は人工降雨システムを使う時がやってきたのだ。
 彼女はキーボードめいた操作盤を巧みに操って、あるコマンドを入力する。
 すると、彼女の乗っているコックピット全体に音楽が鳴り響いた。それは悲しい音楽だった。郷愁を漂わせる、そんな音楽だった。
 エレンは突然流れてきたその音楽に驚いたが、すぐに平静を取り戻す。

「……ほんっと、悪趣味な音楽ね。まあ、だいたい誰がつけたのかは想像つくけれど」

 彼女は頭の中に思いついた幾人かをすぐにかき消して、再び戦局に集中する。
 ムラサメの背中からはすでにドライアイスを封入した弾丸が空に向かって放たれている。そう時間もかからないうちに雨雲が空に形成され、そして雨が降り注ぐ。
 その雨は強い酸性で、リリーファーの装甲をも溶かすほどだ。
 だからこそ、彼女はそれをむやみやたらに使おうとはしなかった。
 なぜなら、彼女は雨が嫌いだからだ。カーネルの育成した『魔法剣士団マジックフェンサーズ』はすべて孤児を引き取ってカーネルの人間によってリリーファーの技術及び魔法を究極までに教え込まれたエリートである。
 しかしながら孤児の時代の記憶が完全に消えたわけではない。ある情景をみるとその時代をフラッシュバックしてしまうのだ。



 ――彼女にとって、それが『雨』だった。



 雨をみると、彼女はいつもある情景を思い出す。
 雨の降る町並みで、彼女は町行く人々を眺めていた。
 彼女の服はボロボロで、薄汚れていた。そして誰からかもらったのもわからない青いタオルケットを持って暖を取っていた。
 べつに彼女は施しを受けたいから、人々を眺めていたわけではない。しかし、そのような風貌の人間がじっと人々を眺めていればそのように誤解する人間がいるのもまた、当たり前のことであったりするのだ。

「そんな格好をして、お情けが受けたいだけなんだろう!」

 ある人間は彼女を蹴った。だがそれについて咎める人間はいない。笑っているか見ないふりをしているかのどちらかだ。
 彼女はごめんなさいと何度も謝りながら泣いていた。だが、その人間は蹴るのをやめない。
 きっと憂さ晴らしの意味もあるのだろう。その人間の住む世界が息苦しくてストレスもあったのだろう。だから、その人間よりも地位の低い彼女を攻撃することでそのストレスを少しでも軽減したかったのだ。

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……!!」

 彼女は何度も謝る。
 でも、その人間は蹴り続けた。自分の気が済むまで。
 暫くして、漸くその人間は蹴るのをやめた。煙草に火を点け、何事もなかったかのように歩いて行った。

「やっといなくなった……」

 彼女が安心したのは、その人間がまったく彼女の視界から見えなくなってから、の話だった。



「なんでも好きなものをあげよう。ほら、君の大好きなお菓子だって何だって、食べさせてあげるよ」

 そう言ったのは、彼女と同じように薄汚れた服を着た人間だった。
 でも小さい彼女はそれに何の疑問を抱かぬまま、ついていくのだった。それを疑問に思う人間はいない。ただ、『ないもの』同士のやりとりなのだと思いはするが、それだけにとどまる。
 路地を歩き、道を歩き、彼女は漸くその場所を目の当たりにした。
 そこは大きな屋敷だった。凡てが金色に出来ていた屋敷だ。金箔を塗ったなどと言っていたが、どうみても金で作ったような感じだった。
 屋敷に入り、風呂に入った。彼女にとってそれは初めてのお風呂でもあった。今までのお風呂なぞ雨のシャワーで充分だったからだ。
 汚れた身体をきれいにして、彼女はその人間の部屋に招かれた。
 人間は裸になって、ベッドに横になっていた。

「おいで、おいで」

 そう人間は手招きするのを、彼女は何の疑問も抱かずに、頷いた。
 ――彼女は破瓜にされ、純潔を失った。
 痛みを伴い、血を流した。
 そんなあいだでも、人間は笑っていた。
 何回も痛み、何回も涙を流した。
 そして涙を流すと、人間は彼女の頬を叩いた。
 人間は、彼女に何の反応もしてほしくなかったのだ。

「お前はただの人形だ。ただ善がっていればいい」

 口調を変えた人間の言葉は、彼女にとって恐怖そのものだった。
 暫くして、人間もその行為に飽きたのか彼女を捨てた。
 彼女は本当に要らなくなった人形よろしくゴミ箱へと捨てられた。
 流石に焼却処分とまでは至らず、ゴミ処理場の人間に助けられたが、彼女はそれを最低限だけ受け取った。
 彼女はこの時点で――もう人間が嫌いだったのだから。



 そして舞台は再び、戦場へ戻る。
 エレン・トルスティソンは長い夢を見ていたようだったが、しかしそれでも雨はまだ降ってはいかなった。

「まだ降らないのか……」

 遅い。エレンは一瞬そんなことを考えた。
 しかし、あのリリーファーにはそれをとめる手段などないはずだった。
 とはいえ、あまりにも遅すぎる。

「……わからん。まったくわからんぞ。どうしてこんなに遅いんだ」

 コックピットにつけられた時計をみた限りでは、もう一分近く経過している。もうそろそろ雨が降ってもおかしくないのに、まったく降らない。
 と、思っていたちょうどその時だった。
 大地に一滴、雫が落ちた。
 それを追うように一滴ずつ増えていき、それは次第に『雨』と化していった。

「なんだ。ちょっと早すぎただけか」

 雨は降り頻る。そしてその雨の一粒一粒が強い酸性を持っている。そう簡単に抜け出すことも出来ないこの状況ではおとなしく装甲が溶けるのを待つしかなかった。
 この酸性雨を浴びても装甲が溶けないリリーファーなどいない。
 少なくとも、このときの彼女はそう思っていた。
 しかし。
 敵のリリーファーの装甲は、溶ける様子もなかった。

「……おかしい。こんな溶けないわけがない……!!」

 そう。
 溶けていない。溶けていないのだ。
 その状況で、明らかに彼女は『動揺』していた。
 そして。
 その隙を突かれた。
 刹那、ムラサメの中心部が何かの力で刳り貫かれた。
 敵のリリーファーはただ、触れただけだった。

「……へ?」

 そして、ムラサメ00は停止する。エンジンの部分が破壊されてしまったからだろう。

「ここが私の空間だったのに」

 彼女は操作盤を叩く。
 しかしエンジンが破壊されたリリーファーが動くはずもない。

「ここが私の空間だったのに! 今まで人間にひどい目に合わされて、見返そうとして! 魔法剣士団のリーダーになって! ずっとずっとずっとずっと、私の一番好きな空間、私だけの空間はここだけだったのに!!」

 叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く叩く。
 けれども反応するはずもない。
 反応するわけがなかった。

「なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんで!! ここは私の空間、私の場所、私の世界、私の凡て! 何もかも! ここには私という存在があって、私という存在が唯一私だと確認出来る場所!!」

 彼女が言っても、ムラサメは動くわけもない。
 エンジンのないリリーファーなど、ただのガラクタなのだから。

「絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く