絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~

巫夏希

第三十四話 二人目

「そんな戯言紛いな発言はどうだっていい。問題は『赤い翼』だ。恐らくはセレス・コロシアムの何処かに紛れているに違いない。最優先事項はそれだ。それを先に片付けなくてはならない」
「……ヴィーエック・タランスタッドの件は」
「その件については赤い翼の件が片付いてから、ということになるな。もし赤い翼が関わっているとすれば、これはこれで大変なのだが……。まさか、アーデルハイト。あなた、甘えてないでしょうね? そんな甘いことで軍を長く続けて行けれるとでも?」

 アーデルハイトは軍属の人間だ。だから、マーズにこんなことを言われる筋合いというのもなかった。
 だからこそ、アーデルハイトは屈辱を感じていた。
 それは、自分がミスをしたという事実にほかならないのに、だ。

「だとはいえ、ですが。私がそう言われる問題もなく、一先ずは赤い翼一本で絞らなくてはならないのでは? そんなことを考えていると、赤い翼に先を越されかねませんが」

 そう言うアーデルハイトの言葉に、マーズは呻き声をあげた。

「……そうですね。先ずは『赤い翼』を――ひいては、ティパモールを平定する。そのように命令が下っているのですから」
「その通りだ」

 そう言うと、マーズは小さく頷いた。


 ◇◇◇


 その頃、崇人はベッドの上で今日のことについて考えていた。
 今日あったことは、凡て反省しなくてはならないだろう。
 途中で失敗し、その失敗をうまく切り返せずに敵に隙を与えてしまった。

「次の試合からはそれを対処しなくちゃな……」

 まず、確実にそこが狙われる。

「なんとかしなくちゃ、な」

 そう言って、崇人はゆっくりと目を瞑った――。

「動くな」

 そう言われ、崇人は口を塞がれた。感触からして――若い男のようだった。

「……申し訳ないが、協力させてもらうぞ。最強のリリーファー、『インフィニティ』の起動従士よ」
「!」

 男からそれを言われ、崇人は思わず目を見開く。

「私たちがなにも調べないと思っていたか? 残念だったが、私たちはお前を望んでいた。誰もが使えないリリーファーの唯一使える人間。いいではないか、寧ろ素晴らしい。それを捕まえたのならば、それはヴァリエイブルにとって良い交渉材料となるからな」

 そして、そのまま崇人は眠りに落ちた。


 ◇◇◇


 次の日。
 アーデルハイトとエスティが廊下で会話をしていた。

「タカトが『赤い翼』に攫われた……!?」

 エスティが思わず叫びそうになったが、アーデルハイトが唇に人差し指を当てるのを見て、声を小さくする。

「そう。『赤い翼』に攫われた」
「な、なぜ……!? 理由か何か勿論あってのことなんですよね……」
「ええ。そうよ。……これはオフレコだけれどね、」

 そうはじめに言ってから、アーデルハイトは説明を始めた。
 それは、崇人が最強のリリーファー、『インフィニティ』を唯一扱えることの出来る人間だということだった。

「……そんなことが」

 崇人に関する説明を聞いて、エスティは絶句した。

「確かに急にそれを聞けば、驚いたことでしょう。時期は少々予想外でしょうが、仕方ない。……だが、それを言わなくては話が始まりません。ですから、今話したのですよ」
「……それで、大会は実行出来るんですか?」
「せざるを得ないでしょう。……ここで変に終わらせていたら、『赤い翼』が出動しかねない」

 アーデルハイトは考えていた。
 もし、ヴィーエックに次いで崇人も『赤い翼』に囚われているとするならば、それは問題である。
 赤い翼はテロ集団だ。人を殺すことに、躊躇い等勿論存在しない。つまり、彼らは今命の危機に晒されていることになる。

「『赤い翼』は、私たちがどうにかするわ」
「マーズさん!」

 会話がマーズに交代する。

「一先ず、我々に任せてはくれないか」
「……解りました。マーズさんが言うなら」

 そう言って、エスティは頭を下げ、廊下を走っていく。
 去っていくのを見て、見えなくなってから、アーデルハイトはマーズに頭を下げる。

「ありがとうございました」
「何が?」
「……私のこと、軍属だと言わなくて」
「ああ、あれ」

 マーズはシニカルに微笑む。

「別に言っても言わなくても変わらないと思ったんだけれどね。まあ、今のところは言わなくても問題はないかな、という感じでそう決めただけよ」
「それでも……私はあなたにお礼を言わなくてはならない」
「いいや、大丈夫」

 マーズは一歩、アーデルハイトに近づく。
 そして、アーデルハイトの下腹部に手を近づける。

「な、何を……」

 アーデルハイトの言葉を耳に貸さず、マーズはゆっくりと腕を動かしていく。

「だって……お互い様、でしょう?」

 そう言うと、マーズは手を離し、来た方向へ歩いていった。
 それを見て、アーデルハイトはずっとマーズを見つめていた。


 アーデルハイトは一先ず自分の部屋へ戻ることとした。試合に向けて調整するためである。

「……汗かいちゃった。シャワーでも浴びようかしら」

 そう言うと、ベッドに服を凡て脱ぎ、タオルを持って彼女はシャワールームへと向かった。
 シャワーを浴びながら、彼女は考える。
 『赤い翼』はティパモール地域の解放を目指しているテロ集団だ。そのためならば、『インフィニティ』を操ることのできる崇人は格好の交渉材料となる。
 だが、問題はヴィーエックの方だ。彼は一般の学生である。家庭も一般家庭だ。そんな彼を誘拐しても『赤い翼』にはメリットがあまりない。

「だからこそ、だ。どうして、赤い翼はヴィーエックを誘拐したんだ……?」

 しかし、それは今のアーデルハイトには解らない事だった。


 ◇◇◇


 その頃。
 崇人はある部屋で目を覚ました。どうやら、腕を椅子に縛られているらしかった。

「……目、覚ましたか?」

 気がつけば、壁際にある椅子にひとりの男が座っていた。その男は迷彩服に身を包んでいて、右頬には大きな傷があった。まだ白髪がないことからして、それほど年はとっていないようにも見えた。

「……あなたたちは、いったい何をしようとするんですか」
「ああ、別に取って食おうとは思わねえよ。ただ、お前がちゃんとしてくれなくちゃ、それも保障は出来ないがな」

 男はそう言うと、ポケットからビスケットの包を取り出し、それを開けて崇人の口に近づける。

「ほら。飯食え。今はこれくらいしか出せないが、もう少しすればお前にもちゃんとした飯を出せるはずだ。お前には一応、死んでもらっては困るとの命令が下っているからな」

 それを聞くと、崇人はビスケットを口で受け取った。若干湿気っていたが、今はどうこう言っている場合ではない。
 今の崇人は、所謂捕虜という立ち位置にある。捕虜をどうするかは、捕虜を捕まえた組織に一任されるのだから、即ち崇人の命は今、『赤い翼』に一任されていることとなる。

「……ああ、だから舌噛みちぎるとかしないでくれよ? したら俺が全責任負わされて殺されちまうからな」

 男は再びニカッと歯を出して笑った。

「正直なところ、お前さんが最強のリリーファーの起動従士とか、思えねえんだよな」

 そう男は独りごちる。
 それはそうだった。崇人自身ですら、時折このステータスに違和感を覚える。
 そもそも、彼はこの世界の住民ではない。元々いた世界では平平凡凡といた人間が、この世界で特殊な役割についている。
 これは偶然なのだろうか?
 もしかしたら、ここに崇人が来ることが解っていたのではないだろうか?
 崇人は時折、そんなことを考えるのだった。

「まあ……、変な話だ。お前さんみたいな小さい子供が世界を救っちまうようなリリーファーを操縦できるってんだから。あー、俺も小さい時はリリーファーの起動従士になりたくてな、毎日訓練学校に行きたい行きたいと親にせがんでいたっけな……」

 男の話は続く。

「俺の家庭は貧乏でさ。俺を学校に連れて行くことはおろか、俺を養うことすらきつかったんだとよ。けれど、母親がどうしても俺を連れて行きたかったんだ。学校にな。なんでも母親は遊女……といっても解らねえか」

 崇人は遊女の意味を薄々ながら知っていたが、一先ず頷く。

「遊女ってのは宿場とかで男の相手をする女のことでな……。それで、うちの母親は、俺を妊娠したらしい。つまり、俺の父親は解らねえってこった。……おっと、慰めの視線を送らないでくれよ。こっちが困っちまうからな」

「絶望世界の最強機≪インフィニティ≫ ~三十五歳、異世界に立つ。~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く