転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する

神無乃愛

アーデルヘイトと周囲の思惑


 翌日から、今まで以上に針のむしろに座らされている気分だった。

 声をかけてくるのがアンドリースのみというのが、尚更女生徒に嫉まれる結果になっている。
「……声かけてくるの止めてくれませんかね」
「何故?」
「視線は人を殺しますよ」
「気にしなければいいだろう。それよりも、昼食は生徒会室で食べることになっているからね」
「お断りしま……」
「駄目。特に今日はアーデルヘイトさんを前年役員と会わせる趣旨もあるからね。リンダさんだって、毎日風紀委員の部屋に行ってるんだ」
「分かりました。今日は、、、生徒会室へ行きます」
 だから話しかけてくんな! その言葉は言わないでおいた。


 昼休み。アーデルヘイトは逃げるようにクラスを出た。
 それを見たリンダがくすりと笑っている。

 アーデルヘイトが特別クラスで孤立している理由は二つ。一つはコーデリアの発言、そしてもう一つはリンダの存在だ。
 別にリンダが何をしているというわけでもない。

 リンダはただ見ているだけ、、、、、、なのだ。そして「そういうこと言うのは止めましょう? 半分はお貴族様の血を引いていらっしゃるのだから」と言うだけだ。
 たったそれだけで、平民出身のクラスメイトは面白いほどに、アーデルヘイトを嫌う。

 ただ、その醜い姿をアンドリースとその取り巻きたちが見ていた。

 リンダたちはアンドリースたちを「獲物」のような目で見ている。出来うることならお近づきになりたいと。
 それが分からぬほど、アンドリースたちは甘くない。

 だからと言って、アーデルヘイトに同情しているわけでもない。


「闇」という稀有な能力は良くも悪くも目立つのだ。

「転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く