転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する

神無乃愛

フラグその1 ヤン

「院長先生、ここで……」
 そこでアーデルヘイトは言葉を失った。掘っ立て小屋が瓦礫の山と化している。
「……せっかくかまど作ったのに」
「気にするのはそこ!?」
「だって、昨日から寝ないで作ったんですよぉぉぉ。明日くらいからは自炊できると思ってたのに」
 がっくりと項垂うなだれるアーデルヘイトを、ヤンは生温かい目で見ていた。
「この土地に関する契約は?」
 その言葉に、アーデルヘイトは持っていた契約書をヤンに見せた。
「アーデ、よくやった! これがあれば、アーデさえ許可すれば僕が魔法で家を出せる!」
「お願いします!」
 ヤンの申し出にすぐさまアーデルヘイトは食らいついた。

 フラグの一つになるということすら気付かずに。


「ここからは授業で習うことだから、アーデは見ているだけ。いいね?」
 そう言うなり、ヤンは精霊を呼び出した。そしてその精霊の力を借りて以前の掘っ立て小屋の状態まで戻す。
「アーデとしてはどんな家がいい?」
「寝る場所と勉強する場所、それからご飯を作るところ」
「ベッドと机は?」
「孤児院にあるようなもので」
「大変分かりやすくてよろしい」
 ヤンがにこりと笑い、そのまま結界を張った。
「この結界がある限り、アーデに害なすものは入ってこれないよ。外から見る分にはあの掘っ立て小屋だ。
 家はこんな感じにしておくよ。一応浴室とトイレ、それから下水処理まで魔法で作ろうと思うけど、いらないかい?」
「いりますっ」
 その言葉にヤンが優しく笑う。当たり前のものを聞いたね、と。
「で、この精霊がこの空間を管理する。僕との契約じゃなく、アーデと契約させるからね」
「……いいんですか?」
「勿論。そうしておかないと学院長やら教官やらに説明を求められた時大変だ」
「分かりました。ありがとうございます」
「お礼はこのタケノコを料理してくれ。アーデが一番おいしく作るからね」
「それに上乗せと言っちゃ何ですが、種芋余っています?」
「少しばかりなら」
「ください」
「最初からあげるつもりだったよ。報酬でね」
 最初の食材が手に入ったとばかりに、アーデルヘイトは喜んだ。

 出来上がったばかりのキッチンで筍を調理していく。


「僕がつばをつけたんだって、分かってもらわないとね」
 ヤンが呟き、精霊が怪しく光った。

「転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く