転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する

神無乃愛

成金親父の名声


「何の御用でしょうか」
 ここは寮の中庭。アーデルヘイトは成金親父に向き合っていた。
「貴様のせいで恥をかいたわ」
 どうやら制服のことでフェーレン家に話がいったらしい。恥をはいたとは、アーデルヘイトに制服を渡さなかったことに由来するようだ。アーデルヘイトの制服もコーデリアが持っていったあたり、かなり悪意を感じる。
 学校側とて、ギリギリまで動かなかったのだから同罪だとアーデルヘイトは思う。

 そんなことを言って成金親父を喜ばせる趣味はない。

「それから、孤児院に顔を出しているようだな」
「そのことですか。アルバイトみたいなもんですけど」
「アルバ……? 何だそれは」
 しまった、とアーデルヘイトは思った。さすがにこの世界にアルバイトなんて言葉はない。
「手伝いです。慈善活動だと思ってください。私がやればフェーレン家でやったことになるんじゃないですか?」
 慌ててアーデルヘイトは言い直した。

 ほとんどの貴族が何かしらの慈善活動をしている中、フェーレン家では全くやらない。「貧乏人にやる金も労力もない」と公言してはばからない家なのだ。
 その分、収賄には糸目をつけない。そんな家だ。

 成金親父が少しばかり考えていた。
「旦那様」
 家令が成金親父に耳打ちした。

 そして、アーデルヘイトの孤児院通いは親の公認となった。


 アーデルヘイトと成金親父の会話を「聞いて」いた者が数名いた。

 イザークとヴァイス、そしてヘルマン。

 それだけではない。

 エトウィン・ラウ・ヴェータ・ビュルシンクとクラウディア・ボー・ヴェータ・ビュルシンクの双子、それから学園の数名の教師、守衛などかなりいたのだ。

 アーデルヘイトは「誰かしら聞いているだろう」という思惑だけで話したのだが、成金親父と家令は気がついていなかったようだ。
 勿論、そこまで聞いている人数がいたとは知らなかったが。

 この一件はひっそりと社交界で噂され、成金親父が気付いた時にはフェーレン家の家名は地に堕ちていた。

「転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く