転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する

神無乃愛

フラグその3 ソリアーノ王国


 入学式。

 クラス編成をみたアーデルヘイトは焦った。
 特別クラスである。

 これって、ゲームそのまんまじゃん!! ここで生徒会役員やそれに準ずるメンバーと顔を合わせるのだ。……それからもう一人、三人目のヒロイン、リンダもこのクラスである。
 攻略対象の顔と名前を覚えていなくても、このクラスにいたことだけは覚えている。

 一応、「優秀な」生徒を身分の上下に関わらず集めたクラス。そして、社交シーズンになれば、有無を言わさずデビューするのが決まりだ。
 そのため、貴族以外のクラスメイトは、放課後に社交マナーをみっちり学ぶという鬼コースつきである。

 何故、アーデルヘイトがそれを覚えていたかというと、妹が「勉強になる」と嬉々としてやっていたからだ。そして、その意見にはアーデルヘイトも同意だった。
 マナーだけは、金を出しても覚えるもの。それが前世で両親から学んだことでもある。

「フェーレンさんは、マナー訓練は要らないのでは?」
 男性教員が声をかけてきた。
「私は貴族とは言っても名ばかりですので、恥をかきます。私一人恥をかくだけならいいのですが、この学院にいてマナーすらなっていないとなれば、学院も笑いものにされたおかしくありません」
「なるほど。向上心があるのですね」
 少し感心したように男性教員が言う。それを同じマナー担当の女性教員が笑ってみていた。
「物覚えの悪い生徒かもしれませんが、よろしくお願いします」
 アーデルヘイトは女性教員、、、、へ向かって頭を下げた。


「……あの、、フェーレン子爵の子供とは思えないほど利発だね」
 最初にアーデルヘイトに声をかけた男が女に向かって言う。
「ふふふ。それは最初から言っているでしょう? 何せ、前生徒会役員たちが目をつけているくらいですもの」
「ほほう。それは将来有望だ。ということはフェルフーフ家の嫡男もか」
「勿論ですわ。何せ門限に遅れるからというふざけた理由だけで、馬車への乗車を許すのですよ? それにビュルシンク家でも興味を示したみたいですわ」
「これは困ったものだ。せっかくエルマー様のご婚約者に相応しいと思ったのに」
 男がさも残念そうに言う。

 男の名前をヨーゼフ・ギート・バシュ・オストヴァルトといい、女の名前をルーチェ・アーダ・カッサ・アンダルディという。
 二人ともゼルニケ王国の隣に位置する国、ソリアーノ王国から講師で来ている。
 そして、ソリアーノ王国第二王子、エルマーの嫁捜しも兼ねているのだ。

 ゼルニケ王国の魔法学院には各国から優秀な生徒が集まる。人脈を作ると共に、出会いの場としても有用なのだ。

「でもね、まだどちらとも婚約はしてないから、問題ないわ。ただ、エルマー様がお気に召すかどうかが問題よ」
「エルマー様はもっと気高い方がお好みだからね。エルマー様にはもったいない」
 それを聞いたルーチェが顔をしかめていた。
「俺は気に入ったよ。エルマー様には別の方を見繕うから安心して」
「駄目よ」
「おや、心外だね」
「フェーレン家と縁続きになるのはご免だわ」
「そんなことを気にしていたの? おそらく俺たちの身分さえ明かさなければ、あの愚かなフェーレン子爵はあっさりと手放すさ。その上で叔父上の養子に入ってもらう」
「そこまで考えているならいいわ。私も気に入ったのよ? だって、あの子、あなたにじゃなく、私に挨拶したもの」
 二人の笑みが深くなる。

 そして、一度に二つのフラグがたったことなど、アーデルヘイトは知らない。

「転生ヒロイン、今日もフラグを折るために奮闘する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く