これは、皆も知っているテディベアのお話

ノベルバユーザー173744

第9話、さあ‼僕たちテディベアを作ってみよう‼その2

こんにちは~‼
ごめんなさい‼寝坊しちゃった~‼

と言うか、もう良い年だから、早寝早起きすれば良いのに……。
あ、僕は眠らなくても良いんだよ?
えっと、僕の兄弟のお友だちがね……ひどい不眠症なの。
今日は朝の5時半まで起きてて、朝は8時に起きたけど、冷え性で腰に手足がかじかんで動けなかったって。
それと、ものすごく神経質で、臆病なんだ。
昨日も、外で怒鳴りあいが聞こえて眠れなかったんだって。
時計のチクタクの音も怖いんだって。
時計は3つもってるけど、二つ隠して、音のでない時計を使ってるんだって。
そんなのあるの?
……えっと、『電波時計』とかいうのだって。
うーん。僕って流行遅れ?

それに、本当は独り暮らしだから、電話も枕元に置いておきたいんだけど、怖くて、押し入れの、夏布団とタオルケットの中に置いているんだって。

電話の線、どうしたんだろう?抜いちゃったの?

えっ、『けいたいでんわ』?
フンフン……うーんと、かぱってふたを開けたら、遠くから声が届くんだって⁉
凄いね‼

えっ?
違うの?シュコ社のコンパクトベアみたいに、開けるだけで……電話通信を、線は使わずに、使う……ンデス?

うーん、うーん……良く解らないや。
電話のぐるっ……ぐるって、回して、

『やあ‼僕はエリオットだよ‼』

ってやってみたかったんだけど、そういうのもないの?
えぇぇ?
僕の夢だったのに~‼
……残念。



じゃぁ、明日に間に合うか、祈りつつ、皆‼準備は良いかな?
菜箸か、割箸持ってきてる~‼

ない?
それは本当に困ったよ~‼急いでもらってきて?

さて、まずは、縫ってある布をひっくり返そう‼

ひっくり返しやすいのは胴体と、頭。
だけどね?余り強引にしないでね?
布が痛んだり、毛が抜けたら兄弟がかわいそうだよ‼

で、次は、手足。
この時に本職の作家さんは『鉗子かんし』を使います。

え?何か、仕事が違う?
うん。
手術用の『鉗子』だよ。
どうしてかっていうと、手の先の部分をひっくり返すとき、縫っている外の部分を挟んで、カチッてロックするんだ。
そして、布を痛めないように、ゆっくり押していって、返し口に近づけていく。
何回か別の部分をロックしてを繰り返して、ひっくり返すんだ。

でも、『鉗子』なんて、持っていないでしょう?だから、菜箸か、割箸。
手間はかかるけど、細い部分でひっくり返すのは厳禁だよ?
布に穴が開いちゃうんだ。

菜箸で押し込んで行くんだ。
そうすると、少し時間はかかるけどひっくり返るからね。
それと、余りおすすめはしないけど、ペンチでもひっくり返せる……穴が開いちゃった~って泣いちゃうかも知れないよ?

そして、耳もひっくり返したら、並べてみてね?

ムム?ちょっとテディベアに似てきたかも?

じゃあ、次は、頭に綿を詰めよう。
一番注意は、鼻先。横顔の布が二枚と鼻から頭の上の布が重なって、とっても、綿が入りにくいんだ。綿が入っていないと、鼻の刺繍がうまく行かないから、しっかり詰めるために、菜箸を使って詰めていこう。
まずは横顔の布のすぐ裏を滑らせるように、綿を奥に奥に詰めていく。
そして、頭部の布の方から……これを繰り返す。

え?綿が入らない?
うん。専門用語で綿が逃げるんだ。だから、3方向から入れていって、最後に真ん中を押し込んでいくことも必要。
時々、鼻先をさわってみて?
自分が思ったほど綿は詰まっていないんだ。
でも頑張って‼
人もテディベアも顔が命‼
美少年のベア、美少女のベアを作るのなら、まんべんなく、特に鼻を注意して詰めていってね。
で、綿は、首の部分一杯まで詰めてね?

そうしたら、ジョイントの登場だよ‼

うーん。時間がかかっちゃったね。
次に詳しく顔を仕上げようね?

じゃぁ、次に。

またね‼

「これは、皆も知っているテディベアのお話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く