俺が少女になる時に

山外大河

11 立ち上がれ

 あれから随分と長い時間が経過した。
 今日は俺にとってはなんでもない日だが、ギルドにとっては相当大事な日だった筈だ。
 中村さんの話しの通りに制作が進んでいるとしたら、今日は対アポカリプスの魔装具が完成する日だ。
 俺はベッドから降りて、ゆっくりと病室の出入り口に向かって歩き出した。
 もうほぼ傷は完治した。
 正直ほぼではなく普通に完治しているんだと思うが、病院はそういう所にうるさい。
 だから退院できるのはまだ少し先だ。
 今までの生活が騒々しすぎたから、入院生活はなんというか……ヒマすぎる。

「とりあえず……売店で菓子でも買ってくるか」

 そういえば今日って漫画の発売日だったっけ?
 発売日を思い出しながら、俺はドアの取っ手をつかんでスライドさせる。
 随分とドアが軽く感じた。
 どうやら佳奈が同時に同じ動作を行ったらしい。

「あ、兄貴!」

 随分と驚いている。
 分かる分かる。地味に驚くんだよな、同時に開けると扉が軽くてさ。

「おはよ、佳奈」

 今日は祝日だからな。学校も休みだしお見舞いに来てくれたんだろう。

「とりあえず……中に入れよ」

 俺は売店に行くのを取りやめ、佳奈を病室に迎え入れた。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 いつも通り何気ない会話を、佳奈と交わしていると、異変は唐突に訪れた。
 あまりにも唐突すぎた。
 今まで普通に俺と会話していた佳奈が、頭を抱えたかと思うと、

「……早く行かないと」

 と、今までの会話と全く関連性の無い事を口にした。

「え? どうした、佳奈?」

「どうしたって、アンタ今の話し聞いてなかったの?」

「聞いてたけど……」

 聞いてたからこそ訳が分からない。
 今は普通に佳奈の学校生活の話や、親父から送られてきた武勇伝メールの話をしていたんだが……少なくとも、何処かに行くなんて言葉に繋がる様な事は無かったはずだ。

「じゃあ早く行きましょ」

 佳奈が立ちあがってそう言う。

「行くってどこに?」

「聞いてたのか聞いて無かったかどっちなのよ……ここら一体に避難勧告が出てるから、避難するって話だったじゃない」

「避難勧告……って何の?」

 だからそんな話してなかっただろ? なんだよ避難勧告って。

「ホント……何が起きるんだろうね」

「え……知らないのかよ」

「うん。何が起こるか分からないんだけど……とりあえず此処ら一体に居る人は避難だって」

 なんだよそれ。そんな訳のわからない避難勧告を出して、鵜呑みにする奴なんているわけねえだろ。
 じゃあなんで佳奈はこうして信じ込んでるんだ? 佳奈はこういう事があっても、そう簡単に呑む奴じゃないと思うんだけど。
 冷静に考えろ……何かがおかしい。
 夢? ……んな訳が無い。
 じゃあやっぱりこれは……魔装具か魔法具の力なのか?
 もしそうなら、曖昧な内容を信じ込むのも頷ける。
 だとしても何の為に……此処ら一体に避難に避難を要請しないといけない事ってなんだ?
 少しだけ考えて、すぐに結論にたどり着く。

「……アポカリプス」

 思わず脳裏に浮かんだ単語を漏らす。

「ん? 何か言った?」

 俺の荷物をせっせと纏めている佳奈が、そう聞いてくる。

「いや……何でもない」

「何でもないなら手伝いなさいよ」

「ああ、分かった」

 そう言って、俺は荷造りを手伝う。
 クソ……マジでどうなってんだ。
 もしアポカリプスが出現するんだとしたら……予定より三日も早いぞ。
 大丈夫なんだろうな……藤宮。


 病院からの避難と言うのは、実に凄いものだった。
 重症患者は皆、別の病院へ搬送されていく。
 俺はというと、もうほぼ完治している為自力での避難となった。
 見える人から見れば、帯刀とか避難者のスタイルじゃねーだろとかツッコまれそうだが、置いてくる訳には行かないんだから仕方が無い。
 そんな俺達が避難してきたのは、病院から大分はなれた巨大な文化会館。
 巨大な建物の中に、色々な用途に対応できる施設が詰まったところだ。
 来るのは初めてだからよくわからんが。

「それにしても……何が起こるんだろうね」

 会館の中で不安そうな佳奈が、そう漏らす。

「……なんなんだろうな」

 佳奈に答えた俺は無意識に、腰に下げた刀を握っていた。
 俺……こんな所に居てもいいのだろうか。

「どうしたの、兄貴?」

「いや、何でもない……ちょっとトイレ行ってくるよ」

 そう言ってこの場を離れる。
 ホント……こんなんで良いのかよ。
 ぼんやりと悩みながら歩いていると、

「……宮代?」

 と、聞き覚えのある声が聞えた。
 声が聞えた方を振り返ると、そこに立っていたのは松本さんだった。

「松本さん!」

「……久しぶりだな。元気してたか?」

 松本さんは、酷く疲れた表情でそう言う。
 この際だ……聞いておこう。

「松本さん……今一体何が起きてるんですか?」

「……薄々分かっているんじゃないのか? アポカリプスの出現が早まったんだよ」

「早まったって……」

「……恐らく、時雨木葉が何かしたんだろう。ここ最近特級精霊の出現が無かったから、何か企んでいるんじゃないかと思ったが……まさかこんな事が起こるとはな」

 悔しそうにそう言う松本さん。

「ところで、松本さんはどうして此処に? ギルドに居た方が安全なんじゃ……」

 確か以前聞いた話だと、ギルドはそれなりの防衛設備が備わっていたはずだ。

「……単純な話だ。ギルドの防衛性能を持ってしても、アポカリプスの行動範囲に放り込まれたら、かなり危険って事だ。非戦闘員のメンツは此処に集まっている」

「って事は、雨宮さんやミホちゃんも?」

「……ああ来ている。上の階で作業中だ」

 作業中って……まさか。

「……対アポカリプスの魔装具を作っているって事ですか?」

「……ああ。まだ最後のプログラムが出来ていない。でき次第直に送るつもりだが、アポカリプス出現時刻には間に合わない……だから藤宮達と、他のギルドからの増援が、アポカリプスの足止めをする事になっている」

「足止めって……大丈夫なんですか?」

 あの時……どうにもならなかった相手だろ?

「……大丈夫な訳ないだろ。相手はあのアポカリプスだぞ……しかも、急な出現時刻が早まったから、こちらに来るはずの増援がまだ半数程しか到着していない」

「だ、駄目じゃないですか、それじゃあ!」

 それじゃあ……藤宮達が死ぬかもしれないって事じゃないか。

「そ、そうだ……この場は一旦引いて、完成してから立ち向かうってのは……」

 俺が藁にも縋る思いでそう言うが、松本さんは静かに首を振る。

「……そうしたいのは山々だが……それをやると、軽く日本の半分が滅ぶぞ?」

 だから引けないって事かよ……。

「……じゃあ俺はそろそろ戻る。オペレーターとしての仕事もそうだが、何より少しでもミホちゃんを手伝ってあげないと」

 松本さんは俺に背を向け、ゆっくりと遠ざかっていく。
 ……俺は、本当にこんな所に居ていいのかよ。
 このままじゃ……藤宮達が死ぬかもしれないんだぞ?
 そんなの……酷すぎるだろ。

「……松本さん」

 俺は松本さんにぎりぎり届く様な声で、引きとめる。

「……どうした、宮代」

 言え……言うんだ。
 そう言い聞かせていると、脳内に刺された時のビジョンが駆け巡るが、俺は必死にそれを振り払う。
 ……ここで何も出来なかったら、一生後悔する。だから――。

「……ください」

「ん?」

「アポカリプスの出現ポイントを……教えてください!」

 必死な思いでそう言った。

「……怖いんじゃなかったのか?」

 確かに怖いよ……あの時の恐怖は拭いされない。でも――

「俺は、皆に死なれる方が怖いんです! だから……」

「……分かった」

 俺の言葉を遮るようにそう言った後、ポケットからスマートフォンを取り出し、早々と操作する。
 そして指が止まったかと思うと、それをこちらに放り投げた。

「松本さん……これは?」

 画面にはこの辺りの地図が表示されている。

「……画面の印に向かって走れ。ナビゲーション機能が付いているから、土地勘が無い奴でも辿り着けるはずだ」

 そして松本さんは薄っすらと笑みを浮かべててこう言う。

「……頼んだぞ、宮代」

 そうしてその直後に、こちらに歩み寄ってくる足音が聞えた。
 その方角へ目を向けると……底に居たのは雨宮さんだった。

「何か騒がしいと思って来てみれば、やっぱりキミか」

「雨宮さん……」

「……ミホちゃんの作業の方はどうなってる?」

 松本さんが尋ねると、雨宮さんがこう答えた。

「とりあえず、私が手伝える事はもう無くなった、とでも言っておこう」

 そう言った後、白衣から何かを取り出し、こちらに投げてきた。

「餞別だ。受け取ってくれ」

 投げてきたのは緑色の宝石の様な物だった。
 おそらく……魔法具だろう。

「突風を引き起こす魔法具だ。なんの役に立つかは分からないが、お守り程度に持っておけ」

 お守り……か。ホント、ありがてえよ。

「……ありがとうございます!」

 俺はそう言って松本さんと雨宮さんに背を向け、出現ポイントに向かって走り出した。

「俺が少女になる時に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く