俺が少女になる時に

山外大河

行間 ―魔法少女だけじゃない―

「頼む、渚ちゃん! ここは俺達で食いとめる!」

 折村はそう叫んで、再びウインドイーターから風を放出させた。
 現状、戦況はお世辞にも良いとは言えない。
 二人ならどうだ、などと言って現れた折村だったが、それは理解している。
 なにしろ此処にたどり着く前に、時雨木葉の魔法具と戦闘を行い、随分と消耗しているからだ。此処から全力を出し切るのは極めて難しい。
 それに魔法少女を除けばギルド内でナンバー2の実力を誇る折村でコレなのだ。折村とほぼ同格の村上はともかく、他の構成員は時雨木葉が出現させた兵隊……ゴーレムの様なソレを倒すことはできても、こちらに加勢する程の力は残っていないはずだ。
 つまりは此処に残っている戦力でどうにかするしかない。
 相手は自分たちより格上に見えた。
 それぞれの戦闘能力自体は同等か、折村達の方が上回っているかもしれないが、魔装具のスペックが確実に劣っていた。
 ウインドイーターも上物ではある。だが、目の前の時雨木葉の持つ魔装具は、魔法少女と比べれば大きく見劣りするものの、特記魔装と呼べるほどの代物だった。
 だからこそ……現状を打開するために、やっておく事がある。

「いい加減目覚ませや藤宮!」

 再び正面から突っ込もうとしていた、バーサカーの様な精神状態に陥ってしまっている藤宮の前に、ウインドイーターから発せられる風を使い、やわらかい壁を作りだした。
 それに弾かれるように藤宮は後退し、その藤宮に折村は再びこう叫ぶ。

「しっかりしろよ! お前は俺達のリーダーだろうが! いつも見てえにカッコイイ所見せやがれ!」

 藤宮が強い様に見えて、そのメンタルがどうしようもなく脆いことは、きっとギルドの中で誰よりも知っている。
 それだけ、一緒に戦ってきた。それは分かってる。今の状況で、藤宮がそうなる事は良くわかっている。
 ……だからこそ。

「……ありがと、もういい」

「ならいい」

 支えてやるのは自分達の仕事だ。

「アレ? 復活しちゃった? 面倒だなー、じゃなかったら、きっと次で殺せたのに」

「……うるさい」

 藤宮は静かに大鎌を構える。
 その目に怒りは籠っているが、先程の様に暴走する様子は見受けられなかった。

「折村君。アレ、お願い」

「了解」

 その声と同時に、藤宮は地を蹴った。
 高速で時雨木葉へと接近し……突如吹き荒れた突風と共に消える。
 そして次の瞬間、折村が風を纏い特攻を仕掛ける。
 風を纏い、槍を付きだして正面から突っ込む。もはや途中で拳に攻撃を切り替えることのできない様な攻撃。
 そしてそれが木葉の元にたどり着く直前……上空から藤宮が現れた。
 その手に大鎌は無い。拳を握りしめ、落下する。

「チ……ッ」

 高速の槍はバリアを張らなければ回避不可能。仮に交わした所で槍が纏う風そのものが木葉を切り刻む。
 故に木葉はバリアを張った。槍の先端が衝突し轟音を響かせ、その勢いを反射させる。
 しかし、そのバリアで拳を防ぐ事は出来ない……が。

「確かに凄い動きだけど、無駄だよ」

 そう言った木葉は折村を受け流しつつも後方に跳ぶ。藤宮の拳は空を切り、結果ダメージは与えられない……が。

(馬鹿はてめーだ。正面のパフォーマンスしか見えちゃいねえ)

 折村はふっ飛ばされ、両手がイカれたと激痛に耐えながらも判断しつつ、内心でそう漏らす。
 パフォーマンス。今の攻撃で全てがうまくいけば良かったが、そんな甘い考えが通用する相手では無い事は分かっている。
 だから……とにかく目立った技。特質な攻撃。それができればそれでよかった。
 刹那。木葉の落下地点に、同時に何かが落ちた。
 ……魔法具。
 木葉がそうであると確信した様な表情を浮かべた頃には……既に手遅れだ。
 木葉を覆うように、ドーム状の結界が構成される。
 本来は中に居る者を守る為の防御結界。
 だが……それは状況によっては中の者を閉じ込めておく牢獄にもなりうる。
 そうして閉じ込められた木葉の背後。少し離れた位置に……村上が着地した。
 それを見てから、地面に転がった折村は、顔を木葉の方に向けてこう言う。

「誰が藤宮しか飛ばしてないと言った。俺達に気を取られすぎだ」

 そう……村上も飛んでいた。
 藤宮よりも上空。
 その所為か着地した村上は、見ただけで足の骨が折れたと分かる様な表情を浮かべ、右足を抑える。
 そうして捉えられた木葉は、正面に居る二人にこう言った。

「凄いね、やるじゃん。私捕まっちゃった」

 しかしその表情は余裕の物であった。

「こりゃ、今後は私が直接戦うなんて選択肢は外した方がいいかもね」

「今後も何も、これでチェックメイトよ。しかるべき処置は取らせてもらうわ」

 だが……やはりその表情は余裕その物だった。

「うーん。今回のキミ達の失敗点を上げるとすれば、私を覆ったのが防御用の結界だった事かな。確かに使用者の意図が無ければ解ける事は無いし、強度も相当みたいだから、簡単に壊せそうもない」

 だけど、と木葉は笑みを浮かべる。

「この結界は拘束用じゃない。だから転移系の魔法具で簡単に逃げられる。それがキミ達の失敗」

 その言葉に、思わずそっとする。
 完全に失策だった。
 だがそんな折村や藤宮をほっとさせるような事を木葉は言う。

「とはいえ、私の持っている転移の魔法具は、予め定めたポイントにしか飛べないわけだし、仮に此処から出て戦闘を続行しようにも……ホラ」

 そう言った辺りで、いくつかの足音が聞こえてきた。

「大分消耗してるだろうけど、増援もくるだろうからね。だから今日は終わりにするよ」

 そう言って木葉は魔法具を取り出し、足元に叩きつける。
 するとまるで蜃気楼のように薄れていき、最後にこう言い残してその場から消える。

「じゃあ男の魔法少女さんによろしく言っておいてね」

 そうしてその場には何も残らない。
 場には静寂が訪れる。

「……」

 増援はぞろぞろとやって来た。中には「結界をときゃ、俺達がアイツを倒したのに」なんて事を漏らす奴が居た。
 だが……その判断を村上が下さなかったことに、折村は内心ほっとした。
 単純に。人を増やしたところで、勝てるとは限らなかった。その行動を取ることで、今この場で死人が出る可能性もあった。
 相手がこの場から退いてくれるのなら……悔しいが、そうするのがベストな判断だと思った。

 藤宮は回復用の魔法具を取り出し、折村に使用する。

「折村君、大丈夫?」

「ああ、まあ相当やばいんだけど、魔法具で回復してりゃ、二、三日でなんとかなるさ」

 以前、宮代が上級精霊に襲われた際に使用した物と比べれば、回復力は大きく劣る。
 だが……折村の怪我や村上の骨折程度ならソレで充分だった。
 今、本当に心配すべきなのは……、

「だからさ、とりあえず……病院行こうぜ?」

「……ええ」

 本当に。本当にあの時の魔法具程の回復が必要な程の深い傷を負い、生死を彷徨っている宮代の身を案ずる事だった。

「俺が少女になる時に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く