俺が少女になる時に

山外大河

3 MS

「にしてもアポカリプスねえ……」

 まさかあの震災の裏であんな事にがあったなんて……とんでもねえ話だな。
 あの暴走精霊一体でギルドが一つ消えている。
 説明に無かっただけで、もっと沢山のギルドが壊滅しているのかもしれない。いずれにせよ、最悪な事には変わりは無いな。
 そんな憶測を立てつつ、喫茶店スペースの扉を開けた。

「……あ」

 結論を言わせてもらうと、既に手遅れだった。
 カウンター席に二十歳ぐらいの青年が突っ伏している。
 どうやらコーヒーを呑みながら倒れたようで、ティーカップが倒れて、コーヒーが流れている。
 携帯に至っては、開いたまま床に転がっている始末だ。

「お、おい! ちょ、大丈夫ですか!」

 俺は慌てて駆け寄り、青年の体を揺する。
 返事が無い、ただのしかばね……いや、なんとか息はある!

「俺がいない間に一体何があった!」

 一応無事っぽいけど、普通こんなのありえねえだろ!
 開店初日で保健所が来るわ!

「今日のお勧めメニューを提供しただけだわ」
「お勧めメニュー?」

 俺はカウンターに置いてあったメニューを眺める。

「えーっと、日替わりセット。今日は日曜だから……トースト、サラダ、日曜限定まろやかコーヒー」

 見た感じトーストとサラダは手を付けていなさそうだ。
 となると……コレか。
 この日曜限定まろやかコーヒー。犯人はてめーだ。

「おい藤宮。ちょっとこのまろやかコーヒーを俺にも入れてくれねーか?」

「いいわよ別に。お金取るけど」

「グ……まあいい」

 毒物に金を払うのは勿体ないけど、何事も真実に辿り着くには代償は必要なんだ。

「じゃ、ちょっと待ってて」

「おう」

 俺はおそらく情報屋の人だと思われる人の背中を摩りながら、藤宮がまろやかコーヒーを入れるのを眺める。
 外部の人までこんな目に遭わせるなよ。
 いや、内部の俺達もこんな目に遭いたくないけど。

「えーっと、これをこうして……」

 そう言って、藤宮はテキパキと動く。
 なんというか……普通だ。
 ティーカップにコーヒーを注いでいる現時点でのコーヒーは、豆に細工をしていない限り普通においしそうなコーヒーだ。
 一体此処から何を入れた。異常な程に辛い物でも入れたか……ヤバ、トラウマが蘇ってきた。

「えーっと後は……」

 藤宮がしゃがみこんで、何かを取り出している。
 カウンター席からでは何を出しているのか分からない。
 クリープとかだろうか。
 ……いや、でも此処くらいしか、コーヒを毒に変える様な物を入れるタイミングが無いよな。
 多分、無茶苦茶不味くて、コーヒーに絶対遭わない何かだろう。
 俺が予想を立て終えた頃、藤宮はお目当ての物を見つけたようだった。

「あったあった柔軟剤」

「はいストオオオオオオオオオオオオオオオオオップ!」

 俺は全力でシャウトした。

「予想の斜め上を突き抜けたわ! なぜに柔軟剤!?」

「ほら、まろやかって柔らかいと雰囲気が似てるじゃない。だからまろやかイコール柔軟剤でOKじゃないかなーって」

「OKじゃねーよ! 思いっきり飲んだ人KOさせちゃってるよ!」

「当店のコーヒーは、快楽感を与えた後に禁断症状が起こります。ご注意くださいって張り紙付けとこうかしら。心なしか一瞬笑っていた気がするし」

「何それ! 薬物!? 喫茶店でなんてもん錬成してるんだよ!」

「前々から思ってたけどツッコミ激しすぎない? 情緒不安定なんじゃないかしら。一度病院で見てもらったら?」

「お前が見てもらえ! 頭の!」

「まあ落ちつきなさいって。ほら、日曜限定まろやかコーヒーよ。飲みなさい」

「お前死ねってか!」

「大丈夫よ。死なない様に作ってるから。生と死の境目がまろやかになるけど」

「それどういうこと!?」

「にしても、これヤクザ喫茶だったら指詰めしないといけない様な状況ね。怖いわー」

「もうなんでもいいから、お前は自分の頭に常識を詰め込んでくれ。頼むから」

 冗談でも、やっていい事と悪い事があるだろうに……コレ、冗談でやってるんだよな? 素……じゃないよな?

「で、どうする宮代君。普通のコーヒー飲む?」

「いや、怖いから止めとく」

 コーヒーメーカに手を添えて俺に尋ねる藤宮に、深々とため息を付いてそう断った時。

『セ○ガー』

 床に転がった携帯からそんな着信音が鳴った瞬間、青年がガバっと顔を上げる。

「流石に死ぬかと……グハッ!」

 青年がそう言いかけた所で、藤宮がカウンターを飛び越えて、青年にドロップキックを食らわし、青年は椅子からそのまま転げ落ちる。

「ちょっとおおおおおおおおおおッ! 何やってんだ藤宮!」

 俺がそう叫ぶと、藤宮は右手で左肘を掴みながら、

「私……セ○嫌いなのよ」

「お前一体○ガにどんな恨み持ってんの!?」

 嫌いだからってこれはねーだろ!

「だってセガはいつになってもシェンムー3を出さないじゃない! こんなの私をいじめてるみたいなもんよ!」

「お前好きなのか嫌いなのかどっちだ!」

 確かにシェンムー3全然出る気配無いけども! だからってセガ信者に罪はねえ! ついでに言うならセガにも罪はねえよ!

「大丈夫ですか!?」

 今の蹴りで意識が朦朧としている青年の体を揺さぶる。

「あれ……川を越えた先のショップに、シェンムー3が売ってる?」

「行っちゃ駄目だから! 売ってないからシェンムー3! そこ渡ったら逝っちゃうから!」

 俺の時とは違い、岸から岸へと渡るタイプの三途の川を渡ろうとしている青年を、必死に呼びとめる。

「あ、行くんなら私の分も買ってきて。後でお金払うから」

「行かせるなよ! 払うのが代金じゃなく、香典になるから!」

「払わないわ。だってコイツの葬式行く気無いもん」

「行ってやれよ!」

 マジで帰って来い! オイ!
 何度揺さぶっても起きる気配は無い。

「……藤宮、この人のメアド分かるか」

「ええ、分かるわ」

「じゃあすぐにメール送れ!」

 俺はそう指示し、転がっている携帯を手にする。
 そして青年の耳元にセット。

「じゃあ送るわよー」

 藤宮がそう言って数秒後。

『セーガ○』

 着信音と共に、再び青年が起き上った。
 いや、着信音がアレだから再起動とでも言うべきかもしれない。

「……ってて……おい、藤宮。いい加減にしろよ」

 随分とご立腹の様だ。まあ当然だよな。
 青年を宥めようにも全面的に藤宮が悪い訳で……はぁ。
 なんかマズそうだったら止めるって方向で、今は成り行きに任せるか。
 青年はゆっくりと立ち上がって一歩前に出て、

「ラーメンの時もそうだったけど、気絶しちまったら気持ちよくねーだろうが! 痛めつけるんなら適度にやれよ適度に!」

 ……あれ? キレる所おかしくない?
 この人いわゆるドMだったりするわけか? っていうか、あのラーメン食ったのこの人かよ。
 なんというか……今の反応を見て、藤宮が冗談ではなく本気で引いているんだが。

「いや……なんか……ごめん」

 見てはならない物を見てしまった、というような感情が顔から滲み出ている。

「そう! そういうイジメがいがありそうな顔も好きだぜ!」

「あんたMかSどっちなのよ……」

「あえて言うなら両方かな……ってちょっと待て。MとSを併せ持つ。まさかこれがMS……モビ○スーツ?」

「「モビル○ーツなんだと思ってんの!?」」

 珍しく藤宮と二人で突っ込んだ。

「二つの快感を味わえる、誰しも憧れる素晴らしい個体」

「誰も憧れねえないから! とりあえずサ○ライズに謝れ!」

「サンラ○ズが殴りに来てくれるのを待つさ! さあお前らも甚振りたきゃもっと甚振れ!」

 そう言って青年は両腕を大きく広げる。

「イヤ! 来ないで! 本気で気持ち悪いから!」

「ああ、その表情を見てるといじめたくなるなぁ」

「こっち来ないで!」

 藤宮は近くに有った置物を手当たり次第に投げつける。

「痛っ……でもこの位が丁度いい……さあ、もっとこい!」

「ちょ、アンタいい加減に……痛い藤宮! 流れ弾当たってる!」

 結局この騒ぎが終結するまで一分弱程の時間を有し、俺は頭にタンコブを貰うこととなった。

「俺が少女になる時に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く