俺が少女になる時に

山外大河

6 とある暴君の話 上

 小爆発事件の後。俺は共有スペースと呼ばれている部屋に設置された自販機で、缶コーヒーを飲んでいた。
 藤宮に言わないといけない事があったんだが……何処に行ったんだろうか。
 それにしても思い返すだけで背筋が震えるな、さっきの爆発は。

「ったく……これ着てなかったら死んでたかもしれねえな」

 そんな事を呟いていると、共有スペースの扉が開いた。

「あ、藤宮……ってお前どうしたんだ?」

 部屋に入ってきた藤宮は、随分とふらついていた。
 今にも倒れそうなんだが……大丈夫なのか?

「大丈夫よ。ちょっと眠いだけだから」


「睡眠不足でそんな事になっている奴初めて見たぞ。ちゃんと睡眠を取れ、睡眠を」

「分かってる。だから此処に来たのよ」

 そう言ってソファーに座りこむ藤宮。座り込むというよりも、沈むと言った方が良いのかもしれない。
 っていうか、仮にも女の子がこういう、いろんな人が出入りする様な所で寝ていいのかね……まあいいか。
 とりあえず俺は藤宮に、聞かなくちゃいけなかったことを尋ねる。

「なあ藤宮。眠そうな所悪いんだけど、聞きたい事が有るんだけどいいか?」

「なによ、言ってみなさい」

 そう言った藤宮の声に力は籠っていない。
 ついさっきまで元気そうだったのにな。睡魔の限界ってこんなに突然と来るものだったっけ?
 まあ考え事をするより、今はこの事を聞くのが先決だ。

「なあ、藤宮。俺って普通に家に帰っていいのか?」

「ん? 別にいいわよ。特にする事も無いし」

「ああ、ちゃんと家に返してくれるんだ」

「返してくれるんだって……アンタ私を何だと思ってんの?」

「暴君」

「帰れなくするわよ」

「すいませんでした」

 帰れなくなるのはマジで勘弁してほしい。
 まあとりあえず……帰れるんなら良かった。

「さて、じゃあダッシュで帰りますか」

「なんか急ぎの用事でもあるの?」

「……まあな」

 一刻も早く帰らなくちゃならない用事がある。

「いや、妹がいるんだけどさ。何も言わないまま家を空けてた訳だし。妹以外に家に誰もいないわけだから、早く帰ってやんないとなって」

「一人? 両親とかは?」

「ああ、父さんはなんかよく分からんが海外に。じいちゃんはつるはしで石油堀に行って、家に居ない」

「……どうなってんのよアンタんち」
 俺が知りたい。
 一体俺の家はどうなっているんだ。

「ってかアンタ妹居たんだ」

「ああ。髪型はショートカットでさ、とにかく可愛くてさ、頭良くて料理もできる。自慢の妹なんだよ」

「いや、別にそこまで聞いて無いんだけど……あんたまさかシスコンだったりするわけ?」
 藤宮がジト目で聞いてきた。
 俺がシスコン……、

「……どうだろう?」

「なんで質問に、疑問形で返すのよ……」

 藤宮が呆れたようにため息を付く。
 仕方ないだろ、良く分かんないんだからさ。

「まあとりあえず、帰る前にメールの一つ位入れてあげたら?」

「それが……さ」

 俺は血まみれになった制服から回収した携帯を、藤宮に見せる。

「あっちゃー。完全に壊れているわね」

「……暴走精霊にやられた時にやっちまったみたいなんだ」

 俺は小さくため息を付く。
 新しい携帯買わねえと。あー、無駄な出費だなあ。いや、一億借金ある奴が、今更携帯買い換える位で何言ってんだって話だけど。

「じゃあ私の携帯使う?」

「いや、それはいいよ。ってか無理だ」

「どうして?」

「家の電話今壊れているし、妹の携帯番号は覚えていない。つまり、妹の番号を登録してあるコイツが壊れた時点で、俺は家への連絡手段を失ったわけだ」

「そう。じゃあ早く帰ってやりなさい」

 言われなくてもそうするさ。

「ああ、分かってる。じゃあな藤宮」

「ちゃんと明日も来なさいよ」

「……分かったよ」

 俺はしぶしぶそう答えて、休憩室の扉の取っ手に手を掛ける。

「背中に気をつけなさいよー」

「それ今のタイミングで言う言葉じゃねーだろ!?」

 眠そうに目を擦りながら言う藤宮に、俺は勢いよく振り返ってツッコんだ。

「……じゃあな、藤宮」

 そう言って、休憩室を後にする。
 凄く眠そうだったから、すぐに寝ちまうんだろうな。

「ま、そんな事はどうでもいいか。んな事より、さっさと家に帰らねえと」

 俺はそう呟きながら廊下を走り始めた。


 数分後。再び俺はギルドの共有スペースへと戻ってきていた。
 理由は簡単。土地勘が無いから、此処がどこなのかがさっぱり分からなかったからだ。
 こういう時は携帯を使って確認するのが一般的かもしれないが、その携帯は既にご臨終。
 結局戻ってきて聞くしかない。
 そんな訳で、とりあえず休憩室まで戻ってきた訳だが。

「なんか……随分と気持ちよさそうに寝てるな」

 予想通りといえば予想通りなんだが、藤宮は既に寝ていた。
 スースーと可愛い寝息を付いている。
 こうしていれば、普通に可愛い女の子なんだけどなあ。
 しゃがみこんで藤宮の顔を眺めてみる。
 本当に、やっている事は無茶苦茶だけど、容姿はパーフェクトなんだよな。胸を除いて。

「あれ? 宮代。お前なんで藤宮の寝顔眺めてんの? 傍から見てると、かなりアレだぜ?」

「お、折村さん!」

 突然背後から聞えた声に俺はビビりながら振り向いた。

「静かにしろよ。藤宮が起きるだろうが」

「あ……すいません」

 一応起きてないか確認……よし、起きていない。

「ていうか何時の間に背後に立っていたんですか? 全く気が付きませんでした」

「気が付きませんでしたって……俺結構普通に入ってきたんだけどな。お前どんだけ藤宮の寝顔に熱中してたんだよ」

「し、してませんよ!」

「してただろ?」

「ま、まあ多少は……」

 俺は視線をそらしてそう言った。
 ヤバイ、すんげえ恥ずかしい。これは半端なく恥ずかしい。

「で、お前帰ったんじゃなかったのか?」

 自販機のコーヒーのボタンを押しながら、折村さんが俺に尋ねてきた。

「いや、俺引っ越してきたばかりなんでこの辺の事よく知らなくて……言わば迷子なんですよ」

「高校生で迷子って……事情知らない奴が聞いたら、なんか憐みの目で見られるな」

 憐みって……まあこの年で迷子ってのも恥ずかしい話だが。

「……まあいいや。とりあえず帰れないんだったら、ここから学校までの地図を書いてやるよ。学校まで行けたら、家まで帰れるだろ」

「助かります、折村さん」

 折村さんは棚から紙とペンを取りだし、部屋の中心に置かれたテーブルの上に置く。
 そして買った缶コーヒーを飲み、

「やっぱ村上さんの入れたコーヒーの方が上手いな」

 と、呟きながら、紙に地図を書いていく。地味に地図書くのうまいな。

「そういえば折村さん」

「どうした宮代」

 地図を書きながら、折村さんが答える。

「さっき藤宮が随分とふらついてましたけど何かあったんですか? 眠いからとか言ってましたけど、なんか違うんじゃないかなと思って」

「そりゃお前……まだダメージが回復していないからだろ」

「ダメージ?」

 藤宮の方に視線を向ける。
 ダメージって事は怪我とかそういう類の事だよな。

「ダメージって、暴走精霊と戦って受けた傷とかですか?」

「ビンゴだ」

 地図を書きながら、そう答える村上さん。

「ダメージを負ったままだとろくに動けないから、魔法具を使ってある程度痛みを抑えているって訳だ。その分疲労が半端ないらしいからな。疲労の限界が来たんだろ」

「なるほど……だからあんなふらつき方を……」

 痛みを抑えていたっていっても、ある程度だ。ということはやっぱり痛いって事になる。
 痛みと疲労が同時に来ているなら、ああなっても仕方ないかもしれない。

「まあお前の怪我と比べたらマシな方だったけど、それでも相当ヤバかったんだぜ? 藤宮じゃなきゃああして平然を保ってられねーよ」

 確かに……そんな素振りを全く見せなかったよな。

「すげえな、藤宮」

 自然とそんな言葉が漏れた。
 ……にしても、そんな藤宮がそんな怪我してたなんてな。
 俺を襲った猫型の暴走精霊は藤宮が、下級精霊だったから余裕で倒したって言ってたし、俺が寝ている間に何かヤバいのと戦ったって事なのか?

「一体どんな凄い奴と戦ってそんなダメージを? あのでかい猫も簡単に倒す藤宮がやられるなんて、相当な――」

「え……お前何言ってんだ?」

 折村さんがペンを止め、顔を上げる。

「藤宮をやったの……その猫だぞ?」

「俺が少女になる時に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く