東方魔人黙示録

怠惰のあるま

【竹林の異変?】



魔理沙と話しながら、時間を潰していると輝夜が部屋に入ってきた。

輝夜「やっと起きたのね」
アルマ「まあな。悪いな呼んだ側なのに動かせて」
輝夜「気にしないで、あなたの体調を知らなかった私が悪かったもの」
アルマ「そうか?ならいいが、それで何の用?」
輝夜「用というか・・・ちょっとしたことよ?あなたが、てゐと一緒に出口に行こうとしていけなかったでしょ?」

そういえば、全然出口にたどり着けなかったな。てゐが出口に行けないのがおかしいって感じだったな。もしかして、何か異変でも起こってるのか?

アルマ「それが、どうかしたのか?」
輝夜「普通、てゐと一緒なら、出口にたどり着けるはずなのよ」
アルマ「俺が普通じゃねえって言いてえのか?」

ちょっと目を細めて言うと、そう言う意味じゃないと言った。

輝夜「もしかしたら、てゐの能力・・・いえ、全員の能力があの竹林で使えなくなってるかもしれないのよ」
アルマ「でも、俺は使えた」
輝夜「そこが不思議なのよ」

不思議なのよって・・・・でも、あの竹林は確かに普通じゃなかったな。気配というか雰囲気というか。簡単に言うと、魔界の瘴気に似た心地良さがあったな。

アルマ「で、俺に何しろと?」
輝夜「できればでいいんだけれど、原因を突き止めて欲しいの」
アルマ「う〜ん・・・・いいけど、その代わり」
輝夜「その代わり?」
アルマ「てゐ弄らせて」

その頃のてゐはと言うと、嫌な寒気を感じながら仕事をサボっていたのであった。
その発言に魔理沙が途轍もないオーラを発していた。いや、もはや殺気でした。


魔理沙「アルマ?」
アルマ「冗談です」

冗談じゃないけどね。てゐはいじり倒して可愛がりたいです。


「東方魔人黙示録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く