東方魔人黙示録

怠惰のあるま

巻き込まれたくない

心とはぐれたため、探すはめになったわけですが、一つ疑問がある。

「なんでついてくる?」

雷鼓さんがずっとついてくるのです。このままじゃ俺の命が消えてしまう。主に緑眼の力によって。

俺だけでなく雷鼓も被害は甚大だと思う。だからこそ、着いて来て欲しく無いんだよなぁ。だったら心は?なるだろうが、俺に好意を持っている人限定で殺気が放たれます。もう、怖いです。

「なんか、納得できないことがあるからさっきの気配の本人に会う」
「なんでだよ」
「それは会ってからのお楽しみ」

なんだろう。絶対にお楽しみできないよ。殺されちまうよ?殺し合いなるよ?ワシ死んじゃうよ?あ、パルスィに殺されるならいいか!

「と言うわけだから着いて行く」
「わかったけど俺を巻き込むなよ」
「まあ、あんた次第」

絶対に巻き込まれますねわかります。俺ってば不幸ね!



「東方魔人黙示録」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く