みんな無課金俺課金(課金するとは言っていない)

穴の空いた靴下

44章 空中庭園

 塔の最上階で待っていたのは絶対神ではなかった。

 ウロボロス

 「ウーニャの頃のウロボロスと全然カッコが違うニャ」

 「あの蛇の姿のほうがウロボロスらしいっちゃらしいんだけどね。」

 「2匹の蛇がお互いを喰らい、始まりと終わりを司る不老不死の象徴だったっけかな?」

 「そしたらいつも通り支援終わったらダイチさんヒマワリちゃんは後方から援護射撃、仲魔は回復に備えて待機。まずは様子見から行きますね!」

 「いっくニャ!」

 ウロボロスは前と違って様々な魔法を使って攻撃してくる、

 「ファイアーボール、アイシクルエッジ、アースジャベリン、ウインドカッター、リーフカッター、予想通り全属性いろんな魔法使ってくるね、範囲も当然あるだろうし後衛は少し距離とったほうがいいわね」

 サオリは相手の手数をみて長期戦になるであろうと冷静に予測していた。

 「魔法相手だと俺は空中に飛ぶと狙われるからそっちはウーニャに任す!」

 「任せといてニャ!」

 ウーニャは壁だろうが天井だろうが空中だろうが自由自在に飛び回ることが出来るため魔法のタゲ取りと回避をメインの仕事としてもらう、
 俺は後衛へのタゲが行かないようにヘイト管理と撹乱。余裕があれば攻撃も、何でも屋だ。
 ヒマワリちゃんとダイチさんは遠距離攻撃でヘイトを上げ過ぎないように強力なスキルを中心で攻撃してくれる。
 サオリは分析、支援、回復、攻撃、回復は仲魔もしてくれるのでバランスを取って動いている。

 「やっぱ、刀だとタンクっぽい動きは限界あるなぁ……」

 「ロマンだよタカシくん、そこは!」

 「タカシが完全タンクになると安定はするけど、攻撃力が……」

 「いっそ、二刀流とかで更に特化してみるとか~!」

 それだ!!
 思い立ったら吉日、盗賊系列にJob経験値を振り、上位忍者まで一気に育てる。
 両手装備スキルも一気振りだ。
 アイテムから魔剣 村雨を装備

 「おっしゃー!」

 「おお! いいなーそれ!」

 「かっこいいニャ!」

 男性陣と一匹は大興奮である。

 「ちょ、ちょっと急に変なことしないでよ! カッコイイケド」

 「サオリちゃんはタカシに甘いな~」

 二刀流にして上がったのは攻撃力だけじゃなかった。
 左右度の方向からの攻撃にもより俊敏に反応することが出来るようになった、
 結果攻撃する機会も増え、結果オーライってやつだ。

 「秘剣 雪月花」

 タカシの姿がゆらぎ三日月のような斬撃が敵を捉え、木の葉のように散る。
 敵は死ぬ。

 「大勝利ー!!」

 普通スキルポイント的にもJob経験値的にも無茶苦茶な二刀流がここに誕生したのであった。

 「もー、途中で急に構成変えないでよー」

 プンプンしているサオリさん最高に可愛いです!

 「ごめんごめん、やりたくなっちゃってつい……」

 その後どの職とどのスキルを取ったのかサオリさんと確認作業をして、
 近いところの必要そうなスキルを取っておいた、サオリ先生の指示通りに。

 「すっごいことやったのに、タカシ君たちと一緒だとあまり実感がわかないね」

 「たしかに~、塔制覇一番乗り~~!! ってやる雰囲気が出ない~」

 「まぁ、今日は久々宴やりましょう帰ったら!」

 「「「お~(ニャ!」」」

 「その前にちょっと上行ってみません?」

 「あ、みたいみたい~!」

 「そしたら軽く偵察もしてみましょうか、まだ時間も早いし。」


 天空城 ラグデオリオン
 中央塔最上階から行ける新MAP
 一同を待っていたのは息を呑む美しさであった。

 「……すごい」

 空中に広がる整然とした真っ白な道、その左右は美しく彩られた花壇。
 城へ続く道はまっすぐと続き中央部にはクリスタルから噴水がキラキラと輝いている。周囲は当然青空、眼下には自分たちの住んでいる大地が広がっている。

 「綺麗、としか言いようが無いね。」

 その場にいたみんなが頷く。

 『いらっしゃーい! やっぱり一号は君だったか!』

 「絶対神様?」

 『そうだよ! 城の最上階で待ってるからねーがんばって~!』

 「あ、絶対神様!」

 返事はない、いつも通り突風みたいな人だ。

 「いっつも急ね」

 とりあえず、城攻略は次だ。
 城には入らずに帰還することにした、
 そっとサオリの手を繋いで見つめ合っていた二人をウーニャが暖かく見守っていた。



 「天空城一番乗りを祝いましていつも通り盛り上がっていきましょー!」

 「「「「「「「「「「おーーーー!!」」」」」」」」」」

 恒例となった宴も新ステージに突入ということもあって、
 上位ギルドのギルマスたちも多く参加していた。
 サオリはギルマスたちといつものように情報交換をしている。
 珍しく俺もその会議に参加させてもらっている。
 今回二刀流を取ったのでその使い勝手なんかを聞かれたりもしたけど、
 かなり尖ったスキルJob振りをしなければいけないので普通にやるとネタ職になっちゃうらしい。

 「昔の経験値バランスならダンジョン攻略でかなりのことができたんだろうね……」

 「逆に昔のまんまだとある程度以上は進めなかったでしょうね。」

 「前は戦闘に工夫も何もなかったからなぁ、属性を合わせて戦うだけ。端的に言ってしまえばそれだけだもんな」

 「それに比べて今の戦闘は奥が深い、実に楽しい。」

 ゲーム馬鹿が集まるとこんな話ばっかりなんだなぁとちょっと引いてタカシはその会話を聞いていた。
 サオリは各ダンジョンの敵のパターンや攻略法なんかを話し合っている、
 塔の上層のボスは強力な敵が多かったのである程度決められたパターン化したほうが安定すると思うとか、難しい話をしている。サオリはすごいな。

 食事は前の世界の食事が中心だけど、いろんな国の料理を味わえるから今の世界は贅沢だと思う。
 お金はダンジョン攻略で得ることができるし、日々贅沢をしてもそこまで困ることはない、低層階10階位まででも攻略すれば3・4000ゼーニくらいは手に入る。
 ドロップアイテムに食事なんかもあるし、だいたい日本円と同じくらいだからそれこそ一日の食費に困るなんてこともない。
 領地は領地クエをこなせばもらえるのでちょっと頑張って30階制覇くらいの実力があればクエストはクリアできる。
 宿屋も安宿なら1200ゼーニくらいからあるので、食と住はかなり簡単にまかなえる。
 衣に関しては少し貯金すれば困ることはない、各種族の街で特色のある服を自由に選ぶこともできるし、ドロップアイテムに装備や服なんかもある。
 恵まれているよな、この世界。

 ふとサオリを見る、ちょうど話し合いが一段落したみたいで目が合う。
 周りの人に挨拶をして、俺の隣にチョコンと座る。かわいい。

 「今日はお疲れ様!」

 「おつかれー!」

 改めて乾杯をして、料理にも手をつけはじめる。
 真面目な会話だったので食事がお預けになっていてお腹が空いていたみたいだ。

 「やっぱり唐揚げっておいしいよね!」

 「少し酸味のあるソースがかかっているのが、止まらないのよね、困ったことに……」

 「わかる、ちょっとお酒入るとさらに止まらなくなる。翌日いつもより気合入れて泳がないといけなくなる。」

 「タカシはいいなー、たくさん泳げて、私は25mくらいで息切れしちゃう」

 「練習あるのみですよ、サオリも一緒に泳ぐ?」

 「うーん、そうしよっかなー、こっちの料理美味しくて太った気もするし」

 「なーに言ってんだよ、アレだけ激しい戦闘してるんだから太るわけ無いじゃん」

 「タカシくーん、女性にその話題は地雷が多いからそれくらいにしといたほうがいいよー」

 「ダイチさん、今日はお疲れ様でした!」

 「おつかれ~~サオリちゃんもおつかれ~~」

 「ヒマワリちゃん今日は珍しく飲んでるね」

 「あのお空のお城が綺麗でさ~なんか気分良くなったから飲んでみた~、サオリちゃんもちょっとだけ飲もうよ~~」

 「うーーーーー、ちょっとだけだよ?」

 こういう時のちょっとだけは、全くあてにならない。
 筆者などは経験でそれを知っている。
 数々の失敗を経て……そして、懲りることなど無いのである。

 こうして、今日も夜は更けていく。


 

「みんな無課金俺課金(課金するとは言っていない)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く