高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

11.落伍

 その後、ナオミ姐さんからの連絡はいつまで経っても来なかった。
 ロックフェス決勝の日だけが近づいてくる。
 スタジオに入ることがなくなったので、りぃは外に出る機会が減ってしまった。
 学校から帰っても引きこもる妹。
 そこで俺は、妹に路上ライブを再開させることにした。

 りぃを連れ、いつもの公園へ向かう。
 久々に出してきたアコースティックギターを抱きかかえ、ニッコリと微笑むりぃ。
 ただの天使だ。
 りぃは自分の好きな曲を何曲か歌った。
 俺はいつものように客席サイドで聴き入り、拍手する。
 穏やかないつもの日常。
 そして今度はオリジナルを歌い出す。

「涙は枯れて 言葉はもういらなくて 目に映るすべてを 許せなくても 愛せなくても 静寂に火を灯して……」

 アコースティックバージョンも久々に聴くと凄く良いな。
 しかしラララだけで歌ってた時も名曲だと思ったけど、歌詞が付き、楽器隊のアレンジが入り、バンドになるとまた全然違う魅力がある。
 こうしてるとナオミ姐さんの声も聴きたくなるな。

 そんなことを考えながら聴き入っていると、りぃの手が急に止まった。
 表情に悲しい影が走り、眉間にしわを寄せる。

「どうした……?」

 そして両手で顔を覆い、ついには泣き出してしまった。

「りぃ!? どっか痛いのか!?」

 慌てて立ち上がり、顔を覗き込むように尋ねる。
 するとりぃは、ぽつりと呟く。

「りぃのせい……」
「……なにがだよ?」

「りぃが入ったから、ヒロさん大変になったの……りぃがこんな曲作ったせいで……」
「っ……!」

 俺はりぃの頭をぎゅっと抱き寄せた。
 肩を震わせ咽び泣く妹。

「……お前のせいな訳あるか。お前は何も悪くないぞ。何も悪くない」

 ふざけんな。
 これだから人間関係は面倒くさいんだ。
 なんで俺の妹が泣かなきゃいけねーんだ。
 くそっ。
 バンドなんて断っときゃよかったんだ。
 今までの路上ライブで十分幸せそうだったじゃないか。
 なんでこんなことに……
 ヒロさんもヒロさんだ。
 リーダーだろ。
 こんなの納得いかねえよ。
 つか姐さんの奴、今どこでなにしてんだよ。
 イライラは加速し、誰もかれも腹立たしく感じてくる。
 そして俺は、自分に対する苛立たしさを抑えられないでいた――


    §


 翌日の放課後、俺はとある学校の校門の前にいた。
 ナオミ姐さんを待ち伏せているのだ。
 一言言ってやらねば気がすまねえ。
 ただでさえ目つきの悪い俺が険相な面構えで立ってるもんだから、下校の生徒たちに避けられながら。
 ヒソヒソと悪口を言われてるっぽいのも見える。
 何見てんだコラ、いてまうど。
 威勢よく啖呵を切る俺。
 もちろん心の中で。

 するとそこへ、金髪で毛先が赤毛な女が現れた。
 こんな奇抜なJK、あいつしかいない。

「姐さん……待ってましたぜ」
「ゲッ……兄貴くん!」

 俺を見るなり踵を返し、来た道へと逃げ出すナオミ姐さん。
 ゲッとはなんだ。
 走って追いかける俺。

「ちょ、来んな! 来んなって! シッシッ!」

 柱に隠れて追い払う仕草をするナオミ姐さん。
 バイキンでも見るような声をあげやがって。
 こんなの傍から見ればイジメだぜ。
 いや、追いかけ回してるのは俺か。
 この場合俺のほうがただの痴漢に見えるな……
 他所様の学校で何やらせんだ。

 その後、観念したナオミ姐さんがやっと出てくる。
 その頃には既に変な人だかりが出来ていたのだが。

「センコー来る前に逃げるぞ」

 ナオミ姐さんは俺の手をとり、校門を二人走って出る。
 つか、先公って呼んでる奴、漫画以外で初めて見たぞ。
 レアポケゲットだな。


「はぁはぁ……じゃあなっ!」
「ちょっとお待ち」

 俺の手を振りほどくと、また逃げようとするナオミ姐さん。
 すかさずNHK二の腕引っ張って拘束する。

「なんだよ、離せよ」
「スタ練、いつになったらするんすか」
「そんなの、もう必要ねえだろ! 啄木も言ってたじゃねーか!」
「ヒロさんとはちゃんと話したんですか」
「いや……なんか、忙しくてよ……」

 その言葉に呆れて、俺はナオミ姐さんの腕を離す。

「はい嘘。……このままでいいんですか」
「それは……いいだろ! もう、ほっといてくれよ!」
「ほっといてくれ……?」

 放っておいてくれだと!?
 俺とりぃを巻き込んでおいてまあなんということでしょう!
 住み慣れた我が家が匠により哀憐な空間に!
 さすがは魔界のエゴイスト!

「あのですね! 勘違いしてるようだから言いますけど! ぶっちゃけ俺だって二人がどうなろうと知ったこっちゃねーんすよ! バンドも解散しようが知ったこっちゃねえ! むしろ俺の妹を泣かせるようなバンドなんて消えればいい! 俺は妹さえ良ければいいんだよ! りぃが大好きなんだー!!!」
「……おーい。大丈夫か、シスコンエキスが漏れてるぞ……」

 そして俺はナオミ姐さんに迫る。

「続けるか、止めるのか! ……ハッキリしてくださいよ。逃げないでください。妹はずっと姐さんからの連絡を待ってます。毎日スマホを眺めながら悲しい顔をしてます。その顔を俺には……笑顔に変えてやる力がなかった。あいつはバンドの楽しさを知ってしまったんだ……」
「……」
「約束したじゃないですか、幸せにするからって。これ以上、妹を……りぃを泣かせないでください」
「……」

 そう言って俺は背を向けた。
 りぃの顔を思い出すと、言ってる俺が泣きそうになったんだもん。
 ナオミ姐さんは少しの沈黙後、口を開いた。

「……悪かった」
「そうっす、姐さんが悪いんっす」
「だから、すまんって! 容赦ないな! ……でも本当は、私だって終わらせたくないんだ。りぃと一緒にやりたい。みんなでああだこうだ言いながらやりたい。……………………ヒロと一緒に音楽をやりたい」

 こうしてナオミ姐さんは白状した。
 まあそう言うだろうとは思ってたけどね。
 美人なくせに少年のような人だとは思ってたから。

「その言葉、今すぐ妹に言ってやってください。そして……ヒロさんにも」

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く