高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

06.礼賛

「ごちそうさん!」
「あーうまかったなー!」
「ふぬっ!」
「ゆーま、とても美味しかったよ。ありがとう」
「いえいえ、お粗末様です」

 俺の晩飯はメンバーにも好評で、丹精込めて作った甲斐があったってなもんだ。
 ただ、りぃだけは食べていない。
 それは、俺がナオミ姐さんの裸に興奮していたからではない。
 風呂からあがったあと、耐え切れず寝てしまったのだ。
 長旅と慣れない環境に疲労がピークに達したのだろう。
 無理やり起こしても、心の疲労骨折をすると判断した俺は、そのまま居間のソファで寝かせたままにした。
 トレーナープロデューサーは選手のコンディションに常時気を配ってやらねばならないのだ。
 明日、温めなおしてまた食べさせてやろう。
 そう思いながら、残しておいた晩飯にラップをかける。

「じゃ、また明日な!」
「ふぬっ!」
「おやすみー」

 そう言って、みんなは各自の部屋へと移動する。
 俺もりぃを部屋に連れていって休むとするか。
 あまり役に立ってるのかよくわからんが、俺も少し疲れた。
 そう思いながら、ソファで寝ているりぃの隣に座る。
 そこへ、食卓の椅子に残っていたリーダーのヒロさんが声を掛けてきた。

「ゆーま、今日は本当にサンキューな」
「いえ、晩飯作るぐらいしかできてないっすけど」
「十分さ。それに、りぃちゃんを連れてきてくれてありがとう」
「いやそれは妹の意思で、俺は何にも……てか、こいつ大丈夫でしたか?」

 俺はソファで眠る妹を指差して問う。
 スースーと小さな寝息を立てているりぃ。

「ああ。ナオミの言ってた通り、この子の声は天使だったよ」
「そうですよねっ! こいつ才能あると思うんすよ!!」

 興奮気味に立ち上がる俺。
 ヒロさんは口に指を当てて言う。

「しーっ、あんまり大きい声出すと起きちゃうぜ」
「おっつ」
「ナオミがツインボーカルやりたいって言いだした時は、マジで驚いたけどな。あいつ、自分が一番目立ちたいんだろうなと思ってたから」
「ナオミ姐さん、豪快っすもんね」
「でも、違ったようだ。目立ちたいんじゃなくて、本当に良い音楽をやりたいんだろうな。それができるなら、りぃちゃんみたいな中学生であろうが、才能のある子と一緒にやりたいんだろう」
「ヒロさんもギター上手いっすもんね」
「……オレのは小手先のテクニックだけさ。才能なんて無い」

 そう呟くヒロさんは、窓の外を遠い目で見ていた。
 あのギターテク、十分な域に達しているように見えたけど、奥が深いんだろうな。
 誰しも才能は欲しいよな。
 俺ももっといろんな才能が欲しい。

「オレはナオミが好きだ」

「へ?」
「……オレはナオミに惚れている」

 いきなりカミングアウトが始まりましたが、どう対応すればよろしいのでしょうか先生。
 おいおい、ダンサー先輩いわく、一番まともなのはこのリーダーだろ?
  ぶっ飛んでんじゃねーの?

「あっ、すまんゆーま。いきなりこんなことぶっちゃけられても困るよな」
「はい……」
「はい、って! 素直すぎだろ!」
「サーセン」
「実はな、オレとナオミは幼馴染なんだ」

 それは前に聞いたので知ってます。

「あいつは四つ下で、いつもオレの後をくっついてくる可愛い奴だったよ。すぐ泣くし、寂しがり屋だった」
「へー。あのナオミ姐さんが」
「意外だろ? だから高校の頃、オレがバンドをやってたから仲間に入れてやったんだ」
「ヒロさんが誘ったんですね」
「そしてあいつは、バンドをやるようになってから変わったよ。良くも悪くも」
「……」

 良くも悪くもか。
 ナオミ姐さんが泣き虫だなんて想像がつかないけど。

「寂しがり屋のくせに、もっと人を避けるようになった。……というか、避けられるような行動をとるようになった」
「あんな派手な格好とかっすか?」
「おう。それでもあいつ、黙ってりゃ見た目もかなり美人だからな、よく男に告白されてたんだ」
「確かに、黙ってたらモデルみたいっすもんね」
「でも、全部断ってた。理由を聞いたらあいつ、『ネガティブな歌が書けなくなるから甘ったるい恋愛も、友達とかもいらん』だとよ」
「ふむ……甘ったるいっすか。あの人が言いそうなセリフだ」

 俺は甘ったるくてもいいから、エリカと付き合いたいけどな!
 友達は……中途半端な友達はいらないな。それは賛成。
 箕面がいれば俺もそれでいいと思っちまう。
 ナオミ姐さんもそんな感じなのだろうか。

「今は気の合うダンサーの友達とかが出来たみたいだけどよ。――――感情をさらけ出して生きてるあいつは、この先ちゃんとやっていけるのか心配だよ」
「なんか父親みたいなセリフっすね……ヒロさんは姐さんのどこが好きなんすか」

「………………顔?」
「……世の中ね! 顔かお金かでした!」
「はは、あいつの顔はマジ好きだぜ。あとどこって言われると難しいな」
「難しいんすか!」
「表現できないんだ。全部好きと言えば簡単なんだが……だからオレはその気持ちを曲に込めたいと思ってる」
「アーティストっすね」
「……でもな、あいつと一緒にバンドをやってる限り、どうやらそれも無理のようなんだよな」
「どうしてっすか?」
「さっき言ったようにナオミの信条は『ネガティブな歌が書けなくなるから甘ったるい恋愛も、友達とかもいらん』だ」
「……」
「つまりあいつは――――ラブソングが嫌い」



 ――ヒロさんから、ナオミとの関係を聞いた俺は、なんとも言えない気持ちでもやもやとしていた。
 そうだよな、告白しても答えがわかっている上に、その気持ちを音楽に込めることもできないヒロさん。

「つまらない話に付き合わせて悪かったな。じゃ、また明日もよろしく!」
「うす……」

 気の利いた言葉も出せなくてすんません。
 部屋へ戻るヒロさんを見送り、りぃの寝顔を見る。

 ……俺も寝るか。
 りぃをお姫様抱っこして部屋へと連れて行き、そっとベッドへ寝かせる。

「おやすみ……」

 そっと髪の毛を撫でる俺。
 顔を見つめていると、りぃは瞼をそっと開けた。

「んんっ……」
「あ、すまねえ、起こしちまったか」
「んーん……」
「ゆっくり寝てくれな」

 そう言ってもう一度髪の毛を撫でたあと、立ち上がる俺の裾をりぃが掴んだ。

「兄ぃ……こもりうた……」
「ん?」
「こもりうた……うたって……」
「どうした? しんどいのか?」
「おねがい……」
「仕方ないな。今日はりぃ、よく頑張ったもんな」
「うん……」

 子守歌か。
 俺たちの子守歌と言えば、北原白秋の『ゆりかごのうた』だ。
 俺もりぃも、母さんによく歌ってもらっていた。
 りぃが病気で寝込んだときとかは、俺が代わりに歌ってやってったっけ。
 母さんはりぃに似て良い声――というかりぃが母さんに似てるんだけど、綺麗な声だ。
 俺はその血は受け継いでないのか、へたくそなんだがな。

 久しぶりに歌ってやるか。
 りぃの身体をぽんぽんと優しく叩きながら歌い始める俺――


「……ゆりかごのうたを――――」
「カナリヤが――うたたうよ――――」

「兄ぃ……」
「ねんねこ――ねんねこ――――」
「大好き……なの……」


 最後まで歌いきるまでに、眠りに落ちる妹。
 可愛い奴め。
 俺なんかの歌で寝てくれるんだから、やっぱり歌には愛を込められるんじゃねーかな。
 愛する妹にも俺の気持ちが伝わってくれるといいな。

「今日もよく、がんばったな……」

 こうして、スースーと寝息を立てる妹に布団を掛けなおしたあと、俺は自室へ戻り、眠りにつく合宿の夜であった――

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く