高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

15.たんたん

「えー、みんなに伝えることがある」

 俺はリレーメンバーと夏香を集めて、後輩ちゃんが疲労骨折をしたこと、大会には出られないことをたんたんと話した。
 動揺が走ったが、また泣き出した後輩ちゃんを見て、みんなからは慰めの言葉が飛び交った。
 俺の責任であるという話もしたが、夏香に『馬鹿じゃねーんすか』と一蹴された。
 俺は馬鹿じゃなく天才なのだが、コミュニケーションが下手ではある。
 だから、急に優しくしたり臨機応変に性格を変えたりとかは出来ないし、うまく口に出せないけれど、みんなを全国に連れて行きたいという気持ちは変わってない。
 箕面みたいに純粋ではないが、カッコ悪くてもそこだけは信念として持っておきたい。

 とにかく怪我には気を付けて、俺は今後もみんなとやっていこうと思う。

「で、後輩ちゃんとも話したんだがよ」
「夏香先輩……リレー出てくれませんか」
「にゃにゃにゃ!? 私っすか!」

 尻尾《しっぽ》をピンと張り、驚く夏香。
 いや、尻尾は付いて無いのだが、そんな様子。

「いやいや、無理っす! とんでもねえでごわす!」
「でもほれ、懇親会の時、走れてたじゃねーか」
「あらあら? そうなんですか?」
「いや、あれは、その……」
「そう。百メートル走って盛大なブイサインをかましてたんすよこいつ」
「はわっ、急に脱臼と知恵熱が……」
「どこ脱臼したか詳しく」

 しかも知恵熱て。
 かたくなに嫌がる夏香だが、医者の許可も出ているわけで、ここは多少強引でも構わないと思っている俺。

「じゃあ、リレーは棄権するか?」
「そっ、そっすねー、しかたないっすよー」
「おい……」
「あらあら、夏香さん……」

 悲しげな顔で俯く先輩。
 うふふ先輩は三年生、つまり今年で最後の大会だ。
 それでも夏香は棄権を薦める始末。
 こいつのトラウマを理解してあげたい気持ちはもちろんあるが、先輩にも先輩の人生があるし俺にも俺のちっちゃな信念がある。
 ここは引けないのだ。
 俺は夏香の親友に話を振る。

「織田優理、お前が甘やかしてるからこうなったんじゃねーのか? お前が夏香の不安を助長させてるんじゃねーのか?」
「う、うちですかっ!? ごめんなさい……」
「やめるっす。百瀬っち、それ以上優理を悪く言ったら殺すっす」
「だがしかし、正論だろ?」
「……ケンカ、売ってんすか?」
「……」

「……どうでもいいよ!!」

「へ? 箕面?」
「誰が正論かなんてどうでもいい!!」
「ひなた!?」

 ちっちゃい体で急に大声をあげた箕面。
 さすがの夏香も尻尾を巻いて小さく怯える。

「目標は何!? ボクらの夢は何!? 思い出してよ!」
「そりゃ、リレーで全国優勝すること……っすけど」
「そうだよね!? その夢を叶えたいの? 本気じゃないなら出なくていいよ!」
「……」
「夏香ちゃんさ……もう自分を自分で守らなくていいから! 倒れたってボクたちが支えるから! 何があってもすぐ飛んでいくから! 喜ぶ顔を見せてよ! おもっきり幸せって叫んでよ! それがボクらを心から幸せにするんだよ!」
「ひなた……」
「そうだぜ夏香。好奇心の妖精と話してみろよ。自分から攻めるのも楽しいぜ。防御スキルから攻撃スキルにチェンジだ」
「なにそれ……私オタクじゃないんっすけど……」

 はにかんだ笑顔でそう呟く夏香。
 不安と少しの希望が見えるような笑顔。

「じゃあ……みんな、背中を任せていいっすか?」
「あったりまえじゃん!」
「なっちゃん!!」
「あらあら、うふふ」
「ううっ……しぇんぱいぃぃぃ……」

 こうして夏香はリレーへの参加を決めた。
 いつも口角が上がっていて、柴犬っぽい夏香。
 嘘ついてもすぐ顔に出る、天真爛漫少女。

 こいつのためにも、みんなのためにも、俺は俺の出来ることをやっていこう。
 そう決意したとある夏の日だった。





 時は経ち、県大会当日――

「晴れてよかったぜ」

 この日までに地区大会の反省を活かした練習メニューをこなし、一皮むけたリレーメンバーたち。
 もちろん天才の俺が……いや凡才の俺が作ったスペシャルメニューをだ。


 電車とバスを乗り継ぎ、整備された区画にある大規模な陸上競技場に着く。
 外にもサブトラックが付属していて、そこで本番までにウォーミングアップしたりも出来る。
 あとでバトンパスの再確認もしていこう。
 今日は俺も頑張るぞ。

「百瀬さん、水筒とってくださる?」
「あ、はい」
「百瀬くん、うちのスパイクかして」
「はい、これ」
「百瀬っち、パムは?」
「はい、今日はカロリーメイトな」

 雑用がむばる!


 県大会は、予選、準決勝、決勝の三回に渡って勝者が決まる。
 予選と準決勝が一日目、そこで上位八チームに残れたら明日の決勝に進出だ。
 さすがに県内の選りすぐりが集まっているからか、すれ違う奴らのオーラが違う……気がする。
 助っ人の華奢な箕面も、他校の鍛え上げられた女子選手たちを見て尻込みしているようだ。

「あー緊張するよー」
「ビビんなよ、男だろ」
「女です!」


 午前中の予選はかなりのチーム数だったが、地区大会のタイム順というのもあって、組では一位でゴールした。
 つまり軽々と準決勝にコマを進めたということだ。

「夏香、大丈夫か?」
「楽勝っす!」
「準決も頑張りましょうね」
「よし、ストレッチすっぞ」

 夏香も元気そうでよかった。
 午後からの準決勝に向けて、選手たちのケアをしてやる。
 今回は出場できなかったツインテ後輩ちゃんも、マネージャーとして手伝ってくれているので、俺の舎弟にしてやるつもり。
 じきに師匠と呼ばせよう、ふふふ。

「先輩、顔が気持ち悪いですね」
「ちょっ――」



 episode『たんたん』end...

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く