高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

02.キス!Ⅱ

箕面は良い奴だ。
すごくね。
なぜかわからないが、こいつといると優しくなれる。
女子にもモテる奴。
でも、妬みの感情は産まれないんだよな。
たぶん周りの奴みんなそう思ってる。
ココロとやらが真っ直ぐすぎて見てられないときもあるが。


正義感ってのが箕面のスキルかな。
ちなみに俺にもスキルがある。


『好奇心スキルー!!!』


目の前の欲望に忠実なの。
熱しやすく冷めやすいのは自覚している。
でもだいたいやれば出来るほうだと思うよ。
勉強すれば平均のやや上ぐらい。
苦手なものもあるが、わりと器用なほうだと思う。
めんどくさいのは嫌い。
簡単にいえば、テスト勉強してると漫画読み出したりしちゃう感じ。
俺も努力している主人公には憧れるんだぜ。
ある漫画を読んではネンの修行をしてみたり。
ある漫画を読んではダンクの練習をしてみたり。
かっこいいなーとは思うんだけど、俺の『好奇心』スキルが頭の中でこう連呼しやがる。
飽きた、そろそろ違うことやってみよー、と。
全て俺の天性スキルが悪いのだ。


「なあ、百瀬って、進路決まってん?」


二組の奴が話しかけてきた。
箕面の友達だ。
俺の友達かって言われると違う気がするけど、ちょい知り合いってところか。
いわゆるやんちゃ系ヤンキーだな。
湘南○風の曲と共に登場しそうな感じ。
だが、こいつのいい噂は聞かない。
チャラチャラしてるし、喧嘩っぱやいそうな。
それでも友達になってる箕面はやはり出来た奴だよな。


「あったりまえだろ。俺は社長になるぜ」


いつものようにグーサインを見せ付けてやった。


「でかいことゆーじゃねーかぁ! で、なんの会社だよ?」


ふむり、こいつは後藤の手先か。
そのやりとり、もうやったからいらないの。


「どうせお前らにはわからんよ」


そう言って俺は二組の廊下を後にした。


二組すぐ横に一階へ続く階段がある。
てくてく降りて踊場おどりばに差し掛かろうとしたとき、ふと思い出す。


箕面忘れた。
ま、いっか。


少し立ち止まったが、ま、いっかである。
なんだろう、進路迷子なのを自覚しているからか。
でかい大人に憧れるのも事実。
中途半端な自分から逃避したいのも事実。
はよ帰ってアニメの続きでも見て考えよう。
やれば出来るがやらない天才の俺なのだぞ。
自堕落にも程があるのだが、今は気にするな俺。


「おい、まてや百瀬」


さっきの奴。


「は?」


なんか怒ってます?


「俺のことバカにしてんのか?」


どうやら、さっきの『お前らにはわからんよ』が気に障ったようだね。
ノリじゃねーかノリ。
とんだ勘違い野郎に絡まれたもんだ。


「馬鹿、ちげーよ。そうゆう意味j」


馬鹿に馬鹿って言っちまった。
ヤンキーくんの目が、くわっと見開かれる。


「あ?」


ヤンキーくんが俺にガンたれながら階段を降りてくる。
喧嘩は負けたらしばらくグジグジ引きずるから嫌い。


「まてよ、俺はそんなつもりじゃ」


その時だった。
階段を上がってくる女子。


腰まである茶色がかった艶やかな長髪は天使の輪を纏い、制服からのぞく細くて長い手足、色素の薄い白い肌。
麗しいパッチリ瞳に長いまつげ。
まぶしい。
俺が絶賛片思い中の上原エリカだ。
喋ったこともないけどね。
憧れの人を眩しいと感じるのは科学的に本当らしい。
興奮して交感神経が優位になるせいで、瞳孔が開き眩しく感じるんだとか。
眺めるだけでこの胸キューンとなる感じがあるから学校はやめられねえ。


なんて一人でトキメいていると、ヤンキーくんが俺に向かって言う。


「聞いてんのかコラ!!」


一瞬トリップしてた俺は我に返り、後ずさりをするも体勢を崩してしまった。
階段から落ちかける俺。


「わわわっ」


その瞬間なんと、咄嗟とっさに彼女が支えてくれたのだ。
が、その甲斐もむなしく俺は足を踏み外し、二人して踊場おどりばに転倒した。


「きゃっ!」


彼女が下にならないよう抱くように体を捻った俺は、地面に背中を叩きつけられた。


「ん……」


なんだこの唇に当たっている柔らかい感触は。


「んんっ……」


ゆっくりまぶたを開けてみると、上原と俺は……



ちゅっ。



キスをしていた。
それは俺のファーストキスだった――



「わわっ、すまんっ……!」


がはっと体を翻し、上原を横に倒す。


あいつが俺で俺があいつ……


なんて展開になってるはずもなく。


「ちょっ……!」
「……えっ?」


さらに悪いことに、彼女の胸を掴む形になっているではありませんか。


「なにすんのよーっ!!」


いやいや、エロいことなんて考えてる余裕ないよ!
彼女は真っ赤な顔で起き上がり、俺の股間を容赦なく蹴った。


「ふぬわぁぁぁりぃぃぃ!!!」


激痛が全身を駆け巡る。
ヤンキーくんがへの字顔で上原を見ている。
そりゃ禁術だろと言わんばかりに。
男の子同士わかりあえた瞬間といいますか。
だずげでー。
麦わらがいるならすがりたい。
頭の中が真っ白になっていくまま俺はうずくまり、彼女を下から見上げる。


「ああ、上原のパンツも真っ白だ……」
「しねっ!!!」


そうして俺は、意識が飛んだ――




episode 『キス!』end...

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 美夢

    面白すぎて笑う

    0
コメントを書く