高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

08.社長への裏口入学Ⅵ

「では今日は一つ目の裏技を」
「一つ目……」


期待に胸を躍らせる俺。
手っ取り早く社長になるための、その裏技だ。



「それは『褒めキング』になれ、です」
「そげキング?」
「ウソ○プではないです。とにかく、良いなあと思ったら全て口に出すということですね。TPOなんてクソ食らえ」
「褒めるってことっすか? でも俺、すぐ人の悪いところ見てしまうっつーか、嫌いな奴とか褒められないんすけど」
「それはそれでいいです。まずはそのままで」


俺はてっきり、他人の良いところを探せみたいなのかと思ったのだが。
アドラーとかコヴィーとかの本も読んだが、理解はできても実践できなかったから。


「悪口から下心まで何でも考えていいですから、全て浮かんだ言葉の中で『褒めことば』に該当したら、すぐ口に出してみてください」
「でも……」


でもコミュニケーションの苦手な俺に出来るのかよ。
でもTPO無視ならいけるのかな。
でもなー、うむむ。


「『でも』はいいから、やれよ」
「ひ、ひゃい!」


急にメガネを光らす院長の覇気に当てられて意識を失いかけるも、とりあえず興味持ったら何でもやりたくなる俺は、その一つ目の龍玉を貰うことにした。


「はい。固定完了。続きのお話はまた次来たときですね。お大事に」


もとの顔に戻った院長が足の固定の巻きなおしを完了させ、俺を待合へと帰す。


箕面の横に座ろうとした時、ちょうど自動ドアが開いた。


「すみません! 遅くなりました!」


上原が制服姿で入ってくる。
放課後面談だったのだろうか。


「あ、上原さんこんにちは!」


箕面がそれに気づいて挨拶をしたので、俺も声を掛ける。


「よ、よう……」
「あら、こんにちは、箕面さん」


はい、スルーです。
上原は箕面にだけ笑顔で挨拶を交わす。


「ふんっ、変態はしゃべりかけんな」


キリッと俺を睨む上原。
可愛いなぁ……
じゃなくて!
俺だって患者なんだから挨拶してくれてもいいじゃんか。
しゃべりかけんなとか、豆腐メンタルの俺が傷ついて引きこもったらどうすんだよ。
俺が何かしたってゆーのか?
ちょっと胸揉んでチューしてパンツ見たぐらいじゃねーか。
小せえことで怒ってんじゃないぜ。
今の時代、全部妖怪のせいかもしれないだろ。
まあそれを差し置いても、可愛いから許す。


「可愛いから許す」
「は!? ななな、なに言ってんのよっ!!!」


上原が頬を赤らめながら目を大きくして俺を見ている。
こんな感じか?
龍玉を使ってみたんだけど。
てか、めっちゃ恥ずいこと言ってねーか俺!


「お、おっす上原……」


改めて挨拶をする俺。
やべえ、褒めてそれからどうすんのよ?
タスケテ!?
箕面は横で目をパチクリさせている。
そんなキャラだったっけ?
とでも思っているのだろう。


「あああんたに褒められたって、べべ別に嬉しくなんかないんだからね!」


そうきましたか。
釘様の属性なのね。
これは良い反応のしるし。
二次元で何度となく出会ったあれじゃねえか。
満更でもなさそうな照れ隠しに萌えるぜ。
ツンデレは本当に好きな人にしかツンツンしないんだぜ。
上原ってば。


「お前……もしかして俺のこと好きなのうびゅしぇ!」


グーパンが飛んできた。


「しねっ」


仮にも医療関係の受付が言う言葉か。
と思いながら俺はその場にヘニャりこんだ。


てかストレートに褒め続ける奴なんて漫画の主人公にもいねーじゃん。
そんなの箕面ぐらいの立ち位置じゃねーか。
ちゃらいサブキャラかモブ止まり決定だ。
現実世界にズイっと戻される俺は、肩を落としながらそんなことを思う。
ええもん。
俺はズルしてでも勇者になってやるぜ。
明日からはチートを使いながら、スリルとサスペンスに溢れる毎日だ。
くっくっく。


上原は院長センセーに呼ばれて、今のはさすがにマズイよーと叱られている。
うんうん。グーパンはまずいよ。
しゅんと小っさくなっている上原がここからも見えた。
院長と目が合うと、俺に向かってグーサインをしている。
今の俺は良かったぞってことか?
大人に褒められることのない俺だから、なんだかニヤニヤなるじゃねーか。


やっぱり俺は社長になって金持ちになって崇められて、女垂らして酒池肉林したい。
今日改めて決めた。
わくわくしてきたわ。
この心臓が少し高鳴る感じは、快感そのものだ。


箕面に、『頭の病院行く?』とか心配されながら待合で待っていた。
すると上原がスタッフルームで着替えを済まし、奥さんと受付を交代した様子。
会計に俺を呼んだ。
箕面は俺の鞄を持って、俺の嫁かのように付いてくる。


「今日は箕面さんも治療? また怪我したの?」
「ううん、今日はゆーまの付き添い!」


箕面さんとは仲よろしいことで。
箕面さん……?
ああ、そういや『箕面みのおひなた』は高校二年生で、俺は一番の男友達って思ってる奴。


無造作ショートカットにスニーカー、ブレザーにパーカー、チビっ子で少年のような笑顔をするこいつは――


いちおう『女子』だ。




episode 『社長への裏口入学』 end...

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く