高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

12.地球・ジ・エンドⅠ

「箕面は良い奴だ。すごくね。こいつといると優しくなれる」
「えっえっ、えー!?」


今朝は箕面が迎えに来てくれた。
怪我してるからカバンを持ってくれるんだと。
昨日はいろいろあった。
ドラゴムボールを貰ったり、上原にグーパン貰ったり、院長センセーに脅されたり。
やはり日常に刺激があるのは気持ち良いなあ。


「俺さ、社長になるために、思ったことをそのまま口に出さないといけなくなってよ、できないと院長にはずかしめられるんだわ」


正確には褒め言葉だけだが。


「思ったことって! や、や、ボクはそんな、優しくするのはゆーまだけってゆーか……別に良い奴じゃないし。ってか何!? はずかしめられるって!」


箕面がドギマギしてやがる。
何が社長に繋がるのかよくわかんねーが、いい感触だ。
上原に言うときよりドキドキしねーし。
これは男にも使えるんだな。
ひゃっほ。


「あひゃひゃひゃひゃひゃ、俺は裏口から社長になるぜ」


定番のグーサインだ。


「ゆーまが、変……」


ジト目で俺を見る箕面は無視しておいて。
今日は中だるみの水曜日、一日がんばるべと意気込む。



春先のまだひんやりとした朝、いつもの坂道を箕面と登る――
早い時間だが、ちらほらと登校中の学生もいて、スロースピードで歩いてる俺たちを抜き去っていく。
今のは一年生かな。
制服に縫い付けられている学章が緑だ。
ちなみに俺たちの学年はピンクの刺繍である。
そこへ神風が吹き、女子生徒のスカートがめくれた。


「きゃっ」


おおお!
朝からラッキーデイ。
上原に比べると地味な感じの女子だが、それがまたレアでいい。
最近ピンクの女神が俺に降臨しているようだ。
しましまのパンツか。
パンチラのテンプレだが似合ってるぜ。


「しましま、似合ってるぜ!」


ふっ、俺は褒めキングになる男だ。


「……キモ」
「サイテー! 早く行こ!」


二人はZ○Nに感染した屍を見るような軽蔑眼で、逃げるように去っていく。


「俺は社長に――」
「ゆーま、それはただの変態さんだからね……」


いいんだもん。
TPOなんて糞くらえだってゆってたもん。
がんばれ俺!
豆腐にヒビが入ったことは気にするな俺!


「くじけない俺は偉い!」


自分も褒めとこ。
嗚呼、泣けてくる。


そんな途中でのアクシデントで更にスローペースになり、ぎりぎりの登校になった。


それからも今日一日は、褒めキングに徹した。
話しの途中であろうが、ヤンキーであろうが、人であろうが、鳥であろうが。
箕面いわく、見てて冷や冷やだったとのこと。


だが反応は意外にも良かった。
大半の奴が『お前実は良い奴なんだな』『百瀬くんて人を見る目あるんだね』『ありがとう、困ったことあったらなんでもいいなよコケコッコー』だと。
現金な奴らだ。
こんなことで人を判断しやがって。
俺の何を知ってるってんだ。




そして放課後、いつもの接骨院へと向かった――


受付には、上原エリカ。


「こんにちは!!!」


ちゃんと俺にも挨拶するよう、院長に言われたのか。
顔が笑ってないぞ。


「お、おう」


やっぱり上原は可愛いな。
ナース服もよく似合ってる。
天使だ。


「上原、な、なーすふく……」
「何よ!」
「て……」
「て?」
「てん、天下のツンデレうぶしぇ!」


グーパン。


「しゃべんな」


イモった。
昨日はスッと出たのに。
意識しすぎた。
好きな子に使えねーでとうすんだ俺。
はあぁ――



「先生あのね」


俺は院長に今日の成果を報告した。
今朝のパンツの件も含めて。


「あはは、君は変態ですね! 死んだらいいのに! あはは」
「……」


ここの医療人としてあるまじき奴らはなんなんだ。
ドSどもめ!


「早く二個目の裏技くださいよ」


俺はふてくされながらも、腹を抱えて笑っている院長センセーに続きをねだる。

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 美夢

    ほんと最高爆笑ꉂ(ˊᗜˋ*)

    0
コメントを書く