高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

16.ベストアンサーじゃないんだからね!Ⅰ

妹の路上ライブでオリジナル曲を披露してもらった翌朝――
携帯がメールの着信を知らせる。


「今朝はカバン持ち出来ないです。すみません」


箕面……俺の舎弟かよ。
けなげなやつだ。
今度ヤンキーなブレスレットをプレゼントしよう。
ちょうどカバンに入ってたっけな。



そして今朝も早めに登校準備、松葉杖で学校へと向かうのだ。
いつになったらこれ外せるんだよ。
もう金曜日だぜ。
明日は休みだぜ。
今日院長センセーにちゃんと聞いておこう。
固定で靴が履けねえから右足だけサンダル。
さみーんだよな。


早く夏になんねーかなあ。
寒いのは嫌いだ。
そうですよね。
暑いのも嫌いだろ?
どっちも嫌いだよ。
うんうん。
俺はわがままだね。
そうですよね。


脳内一人コミュニケーションをしながら高校への坂道に差し掛かった時のこと。
俺は上原と遭遇した。


「よ、よう」
「ふんっ」


あいかわらず素気そっけないな。
なんとか許してもらえねーのだろうか。
パンツか?
胸モミが悪いのか?
チューか?
どれも不可抗力だ。
ラッキーだなんて思ってない……こともない。
とか考えながら上原を見ていると、ふと気づく。


「あれ? 上原、今日はなんか雰囲気違うんじゃね?」
「え?」


制服はいつもの制服なのだが、こないだより大人っぽいというか、美人だ。


「大人っぽいというか……」


ううぅ。
どうしてもまたイモって、美人だと言う言葉が言えない。


「あ、ありがと……」


上原は少し照れた素振りで言った。
てか、上原が素直にありがとうだとー!?
地球なくなるんちゃうんかー!?
まさか昨日のりぃの歌、魔法の詠唱だったのか!?
俺は辺りを見回すが、いつもとかわらない穏やかな街並み。


「なっ、なによ!」
「や、女王様のグーパンが飛んでこないから、地球が終わるのかと思いまして」
「意味わかんないんだけど!」


何が変わったんだろうか。
俺はウォ○リーを探せ的な感覚で、少し下がって上原を見る。


「あー、髪切ったとか?」
「ぶー、ハズレね! でも違いに気付いただけでもなかなか男前じゃない」


上原はアゴを突き出してハン○ックポーズをとる。
えらそうだな。
さらりと男前って言われたことも気にしない。
俺はクールだかんね。
別に嬉しくなんかナインダカラネ!
そりゃ気付くさ。
いつも陰から見てたからな。
三丁目のストーカーじゃないよ。
引かないで。


「今日はメイクを少し変えてみたのよ」
「メイクって化粧か? そんなに雰囲気まで変わるもんなのか?」
「メイクはね、いつもと違う自分になれるのよ。コンプレックスを隠せるだけじゃなく、内面からなりたい自分になれる武器なの。口紅を変えるだけでも華やかになったり、おしとやかになったり」
「そんなもんなのか?」


そうですよねとは同意しにくい話で、俺は疑問に思う。


「綺麗になりたいってゆーのはね、女性にとって、いくつになっても続く願いなのよ。自信につながる最大の武器。メイクは社会に出たらエチケットでもあるのよ」


そういや、昔テレビで、老人ホームのお婆ちゃんに化粧をしたら元気になった、なんて番組やってたっけ。
ほんまかいなと思ったが、鏡を見て喜んでる婆ちゃんの顔は、本当に嬉しそうだった。


「そうだよなあ。じゃあお前にもコンプレックスとかあるってことか?」
「あるわよ! もっと小顔になりたいし、鼻も高くなりたいし……って、何であんたなんかに言わなきゃならないのよ!」


んー、十分可愛いと思うが。
あれだ、細い女子が『私ダイエットするの』とか言ってたりするのも理解できん。
女心はよくわからんのだ。


「だから色々と化粧を試してるのか?」
「それもあるけど」


上原はスカートをなびかせながらクルッと回転し後ろを向いた。
春風に美しく舞う桜の花びらと美少女。
絵になるなぁ。


「可愛くなりたいとかさ、仕事やプライベートでも魅力的な女性になりたいとか、自分に似合うメイクを知りたいとか」


顔だけ俺のほうを振り向いて上原は続ける。
それは破壊的な上目づかいで――


「そんな女性の夢を、叶えてあげる人になりたいの」


上原はそう言い放った。


「……」


それが上原の夢なんだな。
本気なんだな。
下心抜きで見惚れてしまう。


「お前、かっこいいな」
「ふふん。『B.A.』って言うのよ。ビューティアドバイザー。それが私の夢」


真っ直ぐな瞳で俺にそう言い放つ。
将来か。
こいつはもう歩き出してる。
まだ卒業まで二年もあるし、なるようになるだろと考えていた俺がちっぽけに思える。


上原は俺のほうに向き直り、グイッと顔を近づけてきた。


「今日の私は大人っぽく見せるメイク。アイラインを少しハネあげて、チークを斜め入れ。ほら、ここ」
「……」


ちかいちかいちかいちかい!
いい匂い!!
俺は目線を逸らす。


「ちょっと聞いてんの!?」
「顔がちけーよ……」


俺と上原は至近距離で見つめ合う形になり、だんだん上原の顔が赤くなっていく。
視線を落とす俺。
化粧のせいか、上原の唇はぷるるんとして色っぽい。
いつかのファーストキッスが甦る。


「うぶしぇっ!」


ここでグーパンかよ!


「今エロいこと考えてたわね! この変態! バカ! アホ! チャラ男! クズ男! 死ね! 下水道でひっそりと死ね!!!」


すげー。
罵倒の魔女か。
よくもまあそんな綺麗な口から汚い言葉が出るもんだ。


「つか、化粧でそんなに変われるもんなんだな」
「悪かったわね! メイクしないと見れない顔で!」


いやいや、そんなことは言ってないんだけど。
難しいなぁ。
恋愛テクの龍玉くださいよセンセー。


しかし、上原は良い香りがしたぜ。
夢も真っ直ぐだし、惚れ直すよマジで。
めちゃめちゃ可愛いよ。


「めちゃめちゃ可愛いよ」
「かかかかかかかか、かわ……はぁ!?!?」


スッと言えるじゃねーか俺。
あれだけ罵倒されたから開き直ったのか。


「あんたねえ! こないだもそんな事言ってたわよね! 女ったらし! あたしはそんな安い女じゃないんだからね!」


ちょ、女ったらしって。
上原だけに垂らしたいんだが。
チャラ男認定。
そんなん生きてて初めて言われたぞ。


「チャラ男じゃねーし」


その言葉が届くこともなく、上原は坂道を駆け上がっていく。
途中で振り向いて上原は言う――


「早く足治しなさいよね!」


上原は、べえーっと舌を出し片目を引っ張っている。
俺は軽く手を挙げて「あぁ、サンキュー」と返事をする。


今のは気遣いと受け取っていいのだろうか。
うーむ。
まったく理解できん奴だ。
俺は鈍感な主人公ではないので、少しは好感度上がったんだと取っておこう――

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く