自転車が回転して、世界が変わった日

ノベルバユーザー173744

遊亀は大きな腕に抱かれて安堵します。

「この目でなければ……あの若造に侮られんかったのに‼」

 歯噛みしつつ、遊亀ゆうきの肩を抱き、歩く亀松かめまつ

「旦那さま。若奥様と別に……」
「いかん‼遊亀はわしが連れていくんや‼お前らは着いてこい‼気配は感じんが、アホがこんとも限らん‼」

 護衛に言い放つ。

「遊亀。大丈夫や。安成やすなりはわしの子や。すぐ追い付く」
「お父さん……」
「どうしたんぞ?」

 すりすり……

自分の肩を抱いている亀松の力強い腕に、手で触れた遊亀は、

「ありがとう……だんだん。お父さん。うちを守ってくれて、ありがとう……」
「何いよんぞ。遊亀はわしの娘や。礼なんか言うな。それよりも遊亀?」
「はい‼こ、子供のことは……」
「違うわ‼お腹の子供も大事やが、遊亀が大事や‼無理はしたらいかん‼遊亀、お前は荒事あらごとはできへんやろが‼」

亀松は、抱いた肩で解る。
 遊亀は妻の浪子なみこのように、娘のさきのように、最低限身を守るすべすら教わっていない。
 それなのに……。

「お、お父さんが、し、心配で……な、何もできんでも……何か出来なくても、お父さんと離れたら……怖くなって……」

震える声で、遊亀が答える。

「おらんなったら……嫌やけん……。や、安成君は、安舍やすおく兄上と一緒やけん……一緒に逃げられるだけ逃げられたらって。それに、お父さんの目の代わりに……」
「邪魔んなる‼戦いはそんなに甘ないわ‼」
「……ご、ごめんなさい……」

 声を殺し、しゃくりあげようとした遊亀は、くしゃくしゃと頭を撫でられる。

「……泣かんでえぇ。悪かったわ。わしが悪かった……だんだん。遊亀はわしの命の恩人や……」
「お、お父さん……」
「ほれ、行くで。お社に」

 護衛は、父娘の様子にホッとする。
 そして、社に向かい歩いていくのだった。



「亀松‼真鶴まつる‼」
大祝職様おおほうりしょくさま‼」
「無事か‼」
「鶴と亀で仲よう逃げて来ましたわ」

 おどける亀松に安用やすもちは、くっと笑い、

「そなたらしいな。真鶴?泣いていたのか?亀松?」
「ち、違います……お父さんが、守ってくれて……兄上と安成く……旦那さまが……助けに来てくれました。良かったです。わ、私は無力で……」

泣き出した遊亀に、

「それはそうだ。真鶴?そなたに私は力を求めておらぬ」
「ち……」

目の見えない亀松の腕の中でビクッと震える。

「や、役に……」

 立たない人間だから……いらない……?

こぼれ落ちる言葉を聞き取った父親は、

「何を言う。役に立つのではなく、お前はお腹にややがおるではないか‼体を慈しめと言うのだ‼それに……」

 近づいた安用は、頭を撫でる。

「私は、選んだではないか……真鶴。『遊亀そなた』は、私の娘だと。大事だと」
「ち、父上……」
「皆。戻ってくるまで、休むがいい」



 安用に導かれ、安全な、神聖な社に入っていく。



 しばらくして、数名の怪我人はあったものの、全員が戻ってきたのだった。



「遊亀‼」
「や、やす……旦那さま。ご、ご無事で……?」
「……返り血だよ……近づくな」

 穢れになってはと、身を翻そうとする安成に、抱きつき、

「良かった……良かったぁぁ」

わんわんと泣きじゃくる遊亀に、血に染まった手と、見比べおろおろとしていたものの、そっと抱き締める。

「大丈夫……遊亀。心配せんでかまん……生きて戻るけん」

 安成は、何度も何度も繰り返し、泣き止むまで囁いたのだった。

「自転車が回転して、世界が変わった日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く