自転車が回転して、世界が変わった日

ノベルバユーザー173744

安成君はちょっと嫉妬中です。

 安成やすなりは、少々不機嫌だった。
 新妻の初恋の相手……これである。

「誰なんだ……‼」
「五月蠅いよ。仕事に集中しなさい」
「ですが‼」

 安成の訴えに、安舍やすおくは、

「はぁ?真鶴まつるの初恋の相手?想像できんなぁ……」
「して下さいよ‼あの遊亀ゆうきが好きになった男‼」
「……想像できんなぁ……」

安舍は苦笑する。
 あのテンポのずれた妹がどんな恋をしたのか、想像出来ないのである。

「気にする事はないと思うが、そんなに気になるものかな?」
「兄上はなりませんか?」
「ん?全く」

 あっさり告げる。

「その思いは、束縛するものかい?思いは思うから尊いんであって、その時の思いを否定してはいけないと思うけどね?」
「うぅぅっ……」
「まぁ、聞いておいてあげよう」



 ヒョコヒョコと顔を覗かせた遊亀は、

「お兄様。あの、安成君は?」
「ん?真鶴の初恋の相手がぁぁってうるさかったから、いってこーいって、神馬しんめの世話をね」
「あはは、又々……安成君は困った人ですねぇ……」
「と言うか、多分、意識的に、お前が傷ついていないか心配しているんだよ」

寂しげに笑う。

「内緒にしてて下さいね。恥ずかしいから」
「うん」
「……色々……仕事を掛け持ちして、幾つも変わっていくと、色々な人と知り合うでしょう?そんな中で、年は下でも、仕事の先輩っているでしょう?その中に、特徴のある優しい声の人がいたんです。私は声が……人の話し声や、歌う声が好きで……その人の優しい声が好きで……男の人は苦手だけど、頑張って話せるようになったんです」

 空を見上げる。
 抜けるように青い空を、眩しげに見つめる。
 最近は『眼鏡』なしで動くようになったと言う事で、かなり目が疲れるとこぼしていたらしい瞳が暗くなる。

「そうしたら、ある時にその人に一緒にお出掛けしようって誘われて、よそ行きの服を着て……待っていて、その人の知り合いの人が結婚するので、今度出席するからどこの場所か下見に着いてきてって。他にも、今の仕事をやめて、別の仕事をするんだって。元々その仕事のサポートはしていたんだけどって……色々話を聞きました。で、何度か出掛けているうちに、ある日、自分の新しい仕事の先輩を紹介するって……ついていったんです」

 頬に涙が伝う。

「そこには年上の旦那さんと、私と年の変わらない奥さんに、2才位の男の子。しかも長屋じゃなくて、ここで言うお屋敷にすんでいて……羨ましかった……。そうしたら、私のこの顔の色が気になるって……化粧品を試してみないかって……。もしかして……その人は、私に商品を売り付けるつもりで近づいたのか?って思いました……でも、職場でいた頃は親切で、他の人には優しくて……だから、必死に信用して……」
「……」
「そうしたら、一回目は顔を洗うだけで終わったのに、二回目になったら買わされる事になって……化粧品一式。そして、それから二回行ったら……高額な物を買わされて……」

 振り返り微笑む。

「嬉しそうなその人の顔と、『今度からは自分でここに来て手続きするんだよ』って言葉に……あぁ、この人も……私を利用するんだなって……。初めて心を許した人だったんです。だから……余計に辛くて……もう恋なんてしない。そう思いました」

 ぽろぽろこぼれる涙。
 涙は心の欠片……傷ついて傷ついて壊れていったその心……。
 必死に隠そうとしていたのだろう……。
 隠せず苦しんで泣き続けた姿……。

「他の人には優しい先輩を演じ続けて……でも私を他の人とは違う……もっと下に見ていたんですよね。友達でもない、同僚とも思っていない……ただの客……」
「真鶴……そのような男の事で泣くんじゃないよ。忘れなさい」

 安舍は頭を撫でる。

「お前は優しい、心の優しい子だ。泣くのは止めなさい。泣いては、その瞳が曇ってしまう」
「……憎みたかったです……でも、憎めなかった……。他の人には優しいその人の正体をばらしても、自分が嘘つき呼ばわりされるか、騙されたのが悪いと……。それに、私の事でその相手はこれっぽっちも悪いと思わないでしょう?ただ、ものが売れたと喜ぶだけ……客が増えたと思うだけ……」
「真鶴……もういいんだよ」
「でも、頑張っても頑張っても……誰も、私を認めてくれない‼私はお金を作る人間じゃなくて、遊亀で、一人の人間で‼なのに……」

 わぁぁぁ……‼

泣きじゃくる遊亀。

「恥ずかしい、情けない‼悔しい‼妬ましい‼あさましい‼この思いなんて消えてしまえばいいのに‼消え去って全て無くなれば‼それでいいのに‼」

 廊下を何度も叩く。
 腕の骨を折っているのにと、安舍は慌てて遊亀を押さえ込もうとするが、逃れ、何度も叩きつける。

「私なんて……私なんて……‼いなくなれ‼生まれてくるんじゃなかったんだ‼」

 狂ったように……いや、すでにそうなっているのかもしれない、遊亀は叫ぶ。

「お金しかいらないんでしょう‼だったら、そういえばいい‼あの人も、家族も‼全て、全て‼私なんて……‼」
「真鶴……真鶴!止めなさい‼」

 安舍は、首筋に手刀を入れ、遊亀を気絶させる。
 そして、

「だれか‼薬師を‼真鶴が倒れた‼」

兄として、心が壊れていくのを間近で見た者として、必死にその体を抱き締めたのだった。

「自転車が回転して、世界が変わった日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く