自転車が回転して、世界が変わった日

ノベルバユーザー173744

遊亀は、人に怯えています。

 目を覚めると、遊亀ゆうきは、

「キャァァァーー‼」

 悲鳴をあげる。

「ごめんなさい‼ごめんなさい‼」
「遊亀様」

 さきは、そっと声をかける。

「大丈夫ですわ。傍におります」
「……さ、きちゃん……」
「ご安心下さい。周囲には私たちがしっかりといますので、安心して下さいませ」
「ご、ごめんなさい……」

 うえぇぇ……

泣きじゃくる遊亀を、そっと肩を押さえる。

「大丈夫ですよ。謝らなくてはいけないのは安成やすなりです。共に出掛けたのに、遊亀様をお守りできないとは……情けない」
「ち、違うよ。安成君は大丈夫。悪くないの……私が……怖くて……」

 しゃくりあげる。

「ごめんな……。うちは……12才の時に……同い年の男数人に襲われかけて……怖くて、ダメなんよ。近づかれると硬直する。やけん……無理なんよ……」
「でも、安成に言われましたが、安房やすふさ様にあのようにひどい目に遭わされては、もっとお辛いでしょう……」
「大丈夫……えぇぇ?」

 左腕に棒が巻き付けられている。

「こ、これは……」
「何度も殴られ蹴られたそうですね。庇われた腕が折れているそうです。大事になさって下さいませ」
「か、帰る‼帰る‼」
「どちらにですか?ここは島です。外に出ることなど……」
「帰る‼」

 逃げ出そうともがく遊亀に、静かに近づいた安成は、

「無理です。遊亀どの。逃げることはできません。貴方は生きるのです。この島で‼」
「何で‼私は‼」
「生きなさい‼私には、あれ程言ったのに、尻尾を巻いて逃げるのですか?」
「なっ‼」

遊亀は安成を見つめる。
 安成は、繰り返す。

「貴方は生きるのです。あの男一人に怯え、尻尾を巻いて逃げ出すのですか‼貴方の知っている未来に、この島を巻き込まれないように……‼前を向いて生きませんか?遊亀‼」
「うちは舟は解らんのよ‼大潮は解る‼新月と満月の時には、大潮‼でも、満潮干潮とか……」
「それで?」
「それでってどうするんよ‼」

 遊亀は食って掛かる。

「戦えっていうんやろ?」
「言ってませんが?生きなさいと言っただけです。私にも言いましたよね?未来は変わる。貴方が知っているのは伝説で、真実ではないと」
「でも……」
「『女は度胸、男は愛嬌』と言っていたのは誰でしたっけ?」

 悔しそうに、ムムムッ……と顔をしかめる。

「逃げられないのですよ。まずは生きませんか?一緒に、道を見つけませんか?大丈夫ですよ。姉も、周囲の皆も、貴方を信じていますよ」
「そんなこと簡単にいうなって言ってるの‼」
「はいはい。では、ちゃんと元気になって下さいね。良い子にしていて下さい」
「腹立つ~‼安成君の癖に~‼」

 癇癪を爆発させる遊亀に、

「はいはい。では、休んで下さいね」
「あぁ~‼益々~‼」
「遊亀様。お休み下さい。又、湿布生活ですよ。お薬も届いております」

さきの一言に、

「わぁぁん‼不味い~‼寝てなきゃいけない……うぅぅ……勉強する……負けるもんか……」

涙目で宣言する遊亀だった。

「自転車が回転して、世界が変わった日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く