自転車が回転して、世界が変わった日

ノベルバユーザー173744

安舍兄ちゃんは、弟に厳しいです。

安房やすふさつるに何をした‼」

 追いかけていった安舍やすおくは、弟の前に回る。
 大祝おおほうり職……次代の神職は、長男の安舍。
 次男の安房は、その兄を支え、この社を守り、大祝家をもり立てる役目である。
 それなのに、母親は違っていても、妹の鶴を痛め付けるなど、神職の家の者にあり得ない。

「安房‼」
「はぁ?あの女は、またバカなことをしている。殴り飛ばして言うことを聞かせて何が悪いんだ?」
「安房‼暴力はやめろ‼幾ら自分の思い通りに行かないからと、妹に暴力を振るうのはおかしい‼鶴に謝れ‼」

 安舍は言い募るが、

「何でだよ。女中の娘。妹とも呼びたくないな‼ハッ!」
「安房‼妹は妹だ‼それに妙林みょうりん殿は、父上の側室‼見下すな‼」
「ヘェヘェ……ウゼェ‼良い子ちゃんの兄貴は良いよな?戦いにはでなくて良いんだから」

跡取りの安舍は、戦場には出ない。
 次男の安房が、代わりに出陣する。

「俺は見殺し。代わりにあのあんたの可愛い妹はここで守られてかよ‼」

 怒鳴る安房に、真顔で、

「おなごは子を生む。血を繋げ、次代の神職や、その補佐を生む大事な役割がある。お前に子を生めるのか?生めるならここに残れ‼」
「な‼」

かぁぁっと恥辱に顔を青黒く染める。
 この弟は、妹を妹と思っておらず、そして女中や女性を見下し、ただの虐待の対象と思っている節がある。
 それが歯がゆく思っていた安舍は、続ける。

「我らは代々この聖地を守る一族。途絶えさせてはならん‼鶴は、父上の……大祝職様のただ一人の娘だ‼これ以上鶴に何かをするようなら、この家を放逐して戴くよう、大祝職様にお願いする‼」
「なっ!」

 大祝職……父の安用やすもちは冷静沈着だが、末っ子の鶴には甘い。

「先程の事も、あれだけ大騒ぎになっているのだ、大祝職様の耳にも届いているだろう……あ、大祝職様‼」

 身を清め、冷静に物静かな大祝安用がゆっくりと近づいてくる。

「……何があった?」
「な、何でも……」

 言いかけた安房に、安舍は、

「大祝職様。安房が、鶴に暴力を振るっておりました。越智安成おちやすなり、他数名が必死に止めましたが、突然殴りかかり、倒れた鶴を何度も蹴りつけていたと。悲鳴をあげ、泣きじゃくる鶴に暴言も!引き剥がしました」
「……で?」
「鶴は安成に預け、追いかけて謝罪するように言っておりましたが、聞き入れません。自分は戦場。鶴はここで守られてと申しております」
「鶴は女子……私の娘。嫁がせて子を生み育て、家を守るのが女で、男は家族の為に戦う。違うか?」

安用は静かに、次男をみる。

「鶴は私の娘。安房。お前は息子……望まぬなら、この島から去れ。その代わり、一族からの援助はない」
「なっ!」
「お前が選ぶのは、一族の者として生きるか、一族から離れるか……。二つに一つ。鶴も17。嫁がせるのに何のわだかまりもない。お前がいつまでも、鶴にそのような事を続けるようなら……解っているな?」

 静かだが厳しい命令に、安房は息をのみ、

「……かしこまりました。大祝職様のお言葉に従います」
「……では、水軍の元に参れ」
「かしこまりました」

頭を下げ、去っていく。
 その背をみてぽつり……。

「大祝職様……あれで効くのでしょうか。鶴は本当に殴られて、何度も何度も蹴りつけられ、怯えて泣きじゃくっておりました……」
「鶴は強い娘だ……」
「いえ、実は……」

 今まで黙っていた鶴の駆け落ち事件と、代わりに安成が保護した娘の話をする。

「……では、暴力を受けた娘は、鶴ではないのか?」
「はい……配下の者と共に逃げました。鶴の代わりにいるのは、遊亀ゆうきという女性です」
「ゆうき?」
「はい、遊ぶ亀と書くそうで、年は29だというのですが、小さいし、青ざめた顔の女性です」

 安用は、

「その女性は、鶴の身代わり、きちんと警護を。特に、越智安成にはよくよく頼むように。安房は……なるようにならなければ切り捨てよ。考え方の浅いものの、思い込みがどれ程鬱陶しいか……邪魔だ」
「かしこまりました。大祝職様」
「……実の息子の安房より、偽物でも身代わりでも、鶴を選ぶのは親として失格だな」

苦笑する安用に、慰めるように、

「でも、大祝職様。多分、選んで良いのではないでしょうか?先程、いつもならおどおどしている安成が、鶴に駆け寄って、必死にかばっていましたよ。『姫に何て事を‼』と。前ならあり得ないでしょう?」
「それはそれは、見たかったね。あのおっとりした安成がねぇ……」
「そうなんです。目が違ってましたよ」
「それは、見合いさせても良いかな?」
「まだまだでしょう」

良く似た親子は破顔する。

「最低でも、安成が宣言するとか……あれではまだまだ」
「義兄のお前に説教される弟というのも、可哀想だね」
「鶴は可愛いですから。最低でも私程度には」

 にっこり……

安舍は笑う。

「それでは鶴は結婚できないよ。早く嫁に出さないとね」
「そうですね。準備だけは始めておきましょうか」



 眠り薬をのみ、すやすやと寝入った遊亀には、知らない間に周囲は固められていくのであった。

「自転車が回転して、世界が変わった日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く