自転車が回転して、世界が変わった日

ノベルバユーザー173744

遊亀は、運動よりも手先が器用です。

「くぅぅ……無念‼寝込むほど、打っているとは‼それに手足も……」
「大丈夫ですか?姫様」

 傍についているのは、安成やすなりの姉のさきである。
 しかし、年を聞くと年下であり、事情も知っているらしい。
 医師と言うよりも、薬師くすしに近い存在が、先程ペタペタと湿布していったのは薬草らしく、痛み止も飲まされた。

………非常に不味かった。

で、横になっているのだが……。

「あ、姫様なしで。遊亀ゆうきでいいよ。さきちゃん。う、私は29だし。おばちゃんじゃーん‼」
「に、29ですか?」
「そだよ~」
「け、結婚は……」
「してませーん。毎日必死に働いてます‼それで……うふうふうふ」

にまぁぁ……と言うよりも、にこにこ~と笑顔になり、

「テディベアの作家さんになるの~‼綺麗なお洋服着せてね~皆に喜んでもらえるように」
「て、てでぃべあ?」
「あ、えーと、熊をモデルに作ったお人形……かな?ちょっと待って」

袋を引き寄せ、中身を確認すると、

「あったあった。はい。この子がテディベアだよ。手足が動くようになってるんだよ。さきちゃんにあげる」
「えぇぇぇ‼き、貴重な……」
「う~ん?自分で作ったから、そんなに。こっちでの価値は計算できないけど、気持ち。道具はあるけど部品に布がないから……うーん。あったかなぁ……あったあった‼」

取り出した物に呆気に取られる。

「何ですか?」
「簡単に、そのテディベアを作れるセット……えーと、一袋。綿と裁縫道具と糸だけ準備したら出来るよ。二人。あ、でも……安成君には内緒だよ~?」
「内緒と言うのは?」

 突然、姉の後ろから登場した安成に、遊亀はとっさに逃げようとして、

「ウギャァァァ~‼イタイイタイ‼」

悲鳴をあげる。
 さきは慌てて落ち着かせ、

「安成?遊亀様に何をしているんです‼子供じゃあるまいし‼」
「いえ、一応色々と準備や、遊亀殿のことを伝えて戻ったら、私の名前が出たので……」
「うえぇぇん。これは、実は……友達の、結婚式の時にプレゼント……婚礼のお祝いに贈る物で、花嫁さんと花婿さんがいて……」

表を向けて示す。

「ほら、こんな感じで……。鶴姫の恋人である安成君には可哀想かなって、思ったんだもん……うえぇぇん、痛いよ~‼」
「あら、可愛い」
「ふーん。何?これ、犬?」
「熊‼多分ポルトガル語は、知っていると思うけど……英国の言葉でベア‼テディは、人の名前」

 安成は、ハッとする。

「ポルトガル語?」
「あ、わーすーれーてーた‼忘れて忘れて‼……やばい……ポルトガル語が入るのは、1543年だったよ……それに、ズボンもボタンもかぼちゃもポルトガル語だった……」

 ボソッと呟く。

「そのポルトガル語……と言うのは?」
「忘れないと、この子のこと教えてあげないよ?さきちゃん。一緒に作ろうね~?」
「あの、そう言えば、遊亀様?鶴姫様とこの子、恋人ではありません。見ての通りどんくさく、気が小さく、海に出られない子ですので、気の強い鶴姫様に『情けない‼越智家の人間が‼』と言われてましたの」
「姉上‼」
「あー、そっかそっか、越智家ね……」

 ちなみに、瀬戸内海地域に越智家は多いらしい。

「ほほー。じゃぁ、二人のお姉ちゃんから、『安成君に早くお嫁さんが来ます様に』って、これを作ってあげるからね?綿ある?」
「綿は……織物に……」
「あ、そうだよね~じゃぁ、元に戻って、鉋屑かんなくずじゃなくて、丸太を削っていく時に出来る木屑ある?」
「はぁぁ?」

 二人は呆気に取られる。

「それとか、割れ物を詰める時に、木を削ったりするでしょう?それを頂戴。詰めるから」
「えっと……数日内に」



 返事をした数日後、大分良くなった遊亀の元に、持ってくる。

「上等‼じゃぁ、服は仕立てたし、木屑を詰めちゃおう」

 遊亀はさきにやり方を説明しながら、作り始める。
 手足に、頭部を木屑でパンパンにし、目をつけて、鼻を刺繍、耳をつけ、繋いで仕上げて、服を着せていく。

「できたぁぁ~‼ほら、お姉ちゃんからあげるよ~‼結婚できますように~‼恋人見つかりますように~‼」
「はぁ……えーと、もらってどうするんでしょう?」

 困惑気味の安成に、

「あ、そうだねぇ。男の部屋にこれあったら引く?」
「……微妙ですね。でも、安成ですし、大丈夫でしょう」
「だよね~‼さきちゃん、えらい‼」

自分勝手に話を進める姉が二倍になったことに、安成は、テディベアを抱きながら遠い目をしたのだった。

「自転車が回転して、世界が変わった日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く