Re:勇者召喚

初柴シュリ

第二十八話

あの王城での騒動から五日後。ついにあの時の男が言っていた決断の日がやってきた。なるべく被害を出さないようにと、現在おれたちは街の外へ出ている。ここならば偶に出る獣以外には邪魔するものはない。

片手にあの男が渡してきた小瓶を握りしめ、神妙な面持ちで俺達は佇む。皆多かれ少なかれ緊張しているみたいだ。まあ無理もない。なにせ前回何も出来ずに一蹴された相手と戦おうというのだ。緊張するなというほうが難しい。


てれててーてーてーてっててー

「ん、ノーダメクリア。これでアイテムコンプしたかな……?」


……いや、若干一名例外もいるみたいだが。


「優芽……ゲームは仕舞いなさい。いつあいつが来るかわからないんだから」

「大丈夫。最近はゼロフレーム回避できるようになってきたから」

「何を言ってるかはわからないけど、碌なことを言ってないということはわかったわ……」


肩を落としつつ呆れたように首を振る雅。さっきまでの緊張感は一体なんだったのか。シリアスを今すぐ返してほしい。

パルメニアに至っては見たこともないゲーム機に興味津々らしく、ちらちらと画面を覗いては流れる音にビクッとなっている。まあ確かにこっちにはテレビとか無いもんな。娯楽といったら演劇みたいな感じの、地球でいう中世的な価値観を持った世界だからな。

それに科学が全くと言っていいほど発展していないから、遊ぶものはすべて魔力を使うことになる。これはこれで体力が削られて面倒だ。


「……やってみる?」

「い、いいんですか?」


見かねた優芽がパルメニアにゲーム機を差し出す。まあ横であんだけ反応されてちゃ、そりゃぁな……。

優芽が操作方法を教え、それにパルメニアが目を輝かせながら相槌を打つ。そんな姿を観察していると、雅から声がかかる。


「優也。その……私達、勝てると思う?」


不安げな表情を浮かべる雅。いつもは勝気な視線も、今ではすっかり鳴りを潜めやや伏し目がちになっている。

確かにあいつは強かった。それこそわずかな間しか手合せしていないが、経験の浅い自分たちでも実力差がはっきりとわかる。赤子の手をひねるなんてもんじゃない。それこそ片手間にやられた。対等に向き合えてすらいなかった。

「もし負けちゃったらさ、私たちは……その……」


やや言いにくそうに口をモゴモゴとさせ、先の言葉を濁す。指先でスカートをいじりながら困惑する様はまるでどこかの生娘のようだ。

まったく、らしくない。

俺は雅の頭にポンと手を置き、そのまま撫でる。


「あ……」

「大丈夫だよ。雅」


何があっても、勝ってみせるから。

俺達のことを、認めてみせるから。

だから、お前はいつものように笑っていればいいんだ。

それが一番、俺は嬉しい。


「……ちょ、何頭撫でてんのよ……」

「あ、悪い悪い。つい、な? 気を悪くしたんなら謝る」

「べ、別に悪いなんて……」


一方、優芽とパルメニアのコンビは。


「……フラグ立てはよそでやってくんないかな……」

「ユメさん? どうかされたんですか?」

「ん、なんでもない。それよりどう? ゲームの方は」

「はい! このトー○ギスという機体、とても使いやすいですね! 私、気に入ってしまいました!」

(……王家的に何か惹かれるものでもあるのかな?)


まあそこそこに平和な時間が流れていたと言っていいだろう。パルメニアはお気に入りの機体を見つけたようではしゃいでいた。空気にあてられていた優芽はげんなりとしていたが。



◆◇◆



――そしてその時は唐突にやってきた。


『やれやれ、今日がお前たちの命日だというのに……いささか呑気すぎやしないか?』


明らかに加工されたと思われる声が辺り一帯に響く。和やかな空気は一瞬にして張りつめ、各々が戦闘態勢に入る。


「来たな……!!」

『ああ。約束通り返答を貰いに来たぞ』


すると唐突に黒い煙が現れたかと思えば、不気味な仮面をかぶった黒フードの男が出現する。驚く一同だが、男はそんなこと意にも解さない。右手を伸ばし、優也達へと差し出す。


『生か、死か――。あえて多くは語らん。選べ』

「あいにく、俺たちの答えはもう決まってるんでな」


優也は小瓶を懐から取り出すと、そのままフードの男へと差し出す。


『ほう……? 殊勝な判断だ』


そのまま受け取ろうと、男が一歩前へ踏み出したその瞬間。


「ばーか、誰が譲るかよ!」


くるり、と手のひらを返し、小瓶を落とす。転がり落ちた小瓶は落下の衝撃に耐えられる筈もなく、地面に転がっていた石にぶつかり、甲高い音を立てて砕け散った。

男の表情は仮面で読み取れないが、明らかに雰囲気が変わったのは確かだ。


『……それは宣戦布告、ととっても構わんな?』

「好きにとるといい。ただ、俺達も指を咥えて敗北を待つだけじゃ終わらせない!!」


優也の体を黄金のオーラがつつむ。これが英雄の力……《英雄初心者ビギナー》のスキル。世界最強まで上り詰める可能性のあるスキルだ。

雅や優芽、パルメニアも各々の武器やスキルを用意する。もはや激突は必至。

対照的に、クックックッと暗い笑いを漏らす黒フードの男。一見四対一と不利な状況だが、彼のその笑いは諦めではなく、余裕から来るものだった。


『……いいだろう。ならば俺も正面から向き合ってやる。すぐに潰されないよう、精々足掻いてみせるがいい!!』


男から放たれる重圧。それに押し潰されそうになりながらも、優也は声を張り上げる。


「総員、戦闘準備!! これが俺達最初の《壁》だ。皆!! 絶対に乗り越えてみせるぞ!!」

「ええ!!」

「りょうかーい」

「承知しました!!」


黒フードと優也。合図もなしに、二人が一斉に飛び出す。

負けられない戦いが、今始まった。

「Re:勇者召喚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く