Re:勇者召喚

初柴シュリ

第二十話

「先手は譲ってやる。来いよ」

「はぁぁぁぁ!」


ちょ、確かに先手譲るって言ったけどさ。迷い無く切りかかってくるってどうよ。躊躇無さすぎてビックリするんだけど。

まあ俺も甘んじて受け入れるつもりはない。なんだっけ、ゆ、ゆ……ユリアヌス?君の袈裟斬りを危なげなく避け、そのまま足払いを食らわせる。


「ぐっ!?」


勢いよく背中を打ち付けたせいか、苦悶の声をあげるゆ……ユニセフ君。


「優也!? このぉ!」

「『ピアース・フォン・デル・ウィンデ』」

あ、優也って名前だったのか。全然覚えてなかったわ。

続いて攻撃してくるのはツンデレちゃんと無口ゲーマー。覚えたての魔法なのか、詠唱は長いがそれなりの魔力が込められているのがわかる。

が、過去の真っ赤な偉人も言っていたように、当たらなければどうということはない。彼女達の呪文は風を槍として打ち出す単純な魔法。打ち出される場所が分かれば……


「そんなっ!?」

「……やっぱ強いや」


避けるのも難しくない。射線から身を反らし、お返しとばかりに呪文を詠唱する。


「『ランシス・フォン・デル・ウィンデ』」


彼女達よりも長大な風の槍を、より短い時間で作り出す。単純だが、それ故威力は大きい。


「嘘……」

「おっきい……」


女の子におっきいって言われるとなんだか興奮ゲフンゲフン。戦いの間くらいは集中しないとな。

さあ、強者からの一撃にどう対応する?


「っ! 優芽!」

「がってん」


ツンデレちゃんがゲーマーちゃんに合図をすると、ゲーマーちゃんが前に立つ。一体何をするつもりだ?


「『魔法導士マギカマジカル』」


スキルを発動したゲーマーちゃん。特に何が変わったわけでも無い……っ!?

ゾクリ、と俺の第六感が警告を発する。過去の経験からもこの感覚は無視出来ない。しまった、これは悪手か!


「無駄だよ」


俺の攻撃はそのままゲーマーちゃんへと突き刺さる。が、彼女は欠片も効いた様子を見せない。くそっ、まさか彼女の能力は!?

思わず顔を歪めた俺にゲーマーちゃんは得意気な顔で胸を張る。


「そう、私の能力は『魔力を操る』もの。それが例え相手の魔力だとしても……」


右に風の槍、左に炎の玉を作り出し、彼女は不敵に笑う。


「あなたに、私は倒せない」


……なんで中ボス風なの? 

よろしい、そっちがその気なら俺もやってやろう。左の銃をしまい、剣を単体で構える。


「『ファスティアル・アン・デル・ウィンデ』」

「無駄。あなたの魔法は効かな……!?」


残念、これは攻撃じゃなく自己強化呪文だ!

風を纏い、その風に乗ることで自らの速度を上げつつゲーマーちゃんに接近する。


「でも、貴方には遠距離は使えない……!」


足元へ火の玉を投げつけてくるゲーマーちゃん。爆発で足を止めるつもりか!


「そんなこと、考えて無いはずが無いだろ!」


足元で起きる爆発。その爆風すらも踏んで加速に利用する。先程よりも速度を上げた俺に、彼女は対応出来ない!

槍を構えていた彼女。が、俺の攻撃は予想外だったようで、俺の一撃には反応出来なかった。そのまま彼女の横を駆け抜ける。


「……そんな……なぜ……」

「逆に聞きたいのだが……」


振り返りつつ、俺の倒した敵を見返す。


「……いつから私が魔法だけだと錯覚していた?」

「なん……だと……」


驚きに体を震わせる彼女。そうして彼女は瞑目し、右腕を高く上げる。


「我が人生に……一変の悔い無し……」


パタム。

軽い音をたてて倒れるゲーマーちゃん。

……うん。

感動的なシーンだけど、俺がやったの峰打ちだからな?

その証拠に彼女を見てみると満足そうな顔をして倒れている。きっと夢だったんだろう。誰かとオサレごっこをやるのが。

いや、夢をバカにしちゃいけない。どんなにちっぽけでも、どんなに愚かしくてもそれは夢なのだ。絶対に笑っていいものではない。だから俺の童貞捨てたいって夢も笑うなよ。笑ったら化けて出るかんな。


「テメェ、優芽を!」

「優芽、大丈夫!?」


おっと、足払いで沈んだ勇者(笑)がきましたよっと。ツンデレちゃんはゲーマーちゃんの介抱へ。


「ユウヤさん! 回復は私に任せて下さい!」

「ああ! 助かるよパルメニアさん!」


……なんかこう、あれだよね。昔の仲間と同じ顔の人が敵にいると、こう……複雑だわ。いや、別人だってわかってるんだけどね。


「『英雄初心者ビギナー』!」


ついにスキルを使ったか。さてさて、どれ程の力を持っているのか、お手並み拝見させて貰おう。

スキルの力か、僅かに光を纏った剣が振るわれる。どんな力か知らないが、食らうわけにはいかないな!


「くっ!」

「おいおい、この程度か?」


一度弾かれただけで体勢を崩すとは、なってねぇな。隙がでかすぎるんだよ。


「ほら、腹ががら空きだぜ!」

「かはっ……!?」


至近距離での一撃。吹き飛びこそしなかったが、悶絶させるには十分な一撃だ。腹を抱えつつ僅かに後ずさる奴だが……


「おら、敵の前で晒しすぎなんだよ!」

「あっ、がっ!?」


ノーガードの胸へとハイキック。場合によっては死に至るレベルの一撃だ。


「ユウヤさん!」


飛ばされた勇者に駆け寄る王女様。慌てて回復魔法をかけるが、今回は外傷ではなく体の芯へと伝わるような一撃だ。時間がかかる事だろう。


「しっかしあれだな……いくら召還されたばっかりだからって、ちと弱すぎやしねぇか勇者様?」


今回の目的は殲滅ではなく稽古だ。追撃をかける事はせず、挑発する。


「全く、こんなのに世界の命運とか掛けんのか? もう少しマシな人材呼べよ……」


勇者の目が怒りに染まっていく。ダメだな、全然なっちゃいない。


「おいおい、まさか望んでここにいる訳じゃないとか思ってねぇよな?」


勇者の目の色から怒りが取れ、代わりに焦りが浮かぶ。どうやら図星だったか。


「良いぜ別に? お前らが嫌だってんなら肩代わりしてやる」


空間魔法を発動し、倉庫の中から三つの小瓶を取り出す。


「そいつはスキルを剥がす為の魔道具だ。蓋を開けりゃ勝手にスキルが吸い込まれていく。そん中に詰め込めよ」


もはや辺りに俺以外の言葉は無い。この場を支配しているのは、俺だ。


「それも嫌って言うんなら、その勇者の称号は邪魔なだけだ」


右の剣に魔力を纏わせ、奴らに向けて構える。


「安心しろ。痛みなど感じさせないさ」


と、その時夜空に炸裂音と赤い煙が広がる。サーシャからの信号弾だ。


「……五日後、もう一度来る。それまでに結論を出しておけ。止めるか、死ぬか」


これは置いておくぜ、と小瓶を勇者の目の前に放り投げる。そのまま俺は、サーシャとの合流ポイントへ向かうべく窓から飛び降りた。

「Re:勇者召喚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く