Re:勇者召喚

初柴シュリ

第十六話

「サーシャ様ぁ、住民への周知完了しましたぁ」


一通り作戦を煮詰めた後、執務室でゆっくりしていると一人のエルフが部屋に入ってくる。


「お疲れ様、エルナ。貴女も避難の準備をしてくるといいわ」


エルナと呼ばれた彼女もまた、例に漏れず美人である。おっとりとした雰囲気を漂わせている、サーシャとはまた違ったタイプだ。あと巨乳。


「タカナシ?」

「ひぃっ!? お、俺はなにもしていない!」

「ふふっ、そこのお方は随分な変態さんのご様子ですねぇ」


初対面の人にまで思考が読まれた……。


「エルナ、こちら協力者のタカナシ アキラ。ご覧の通り変態よ」

「ええ、一目見たときからわかってましたぁ」

「おいおい、この溢れ出るイケメンオーラを見てそれは無いんじゃないか?」


ファサ……と髪を掻き上げポーズを作る。


「……」

「……」

「見るなぁ! そんな目で俺を見るなぁ!」


なんで哀れみの視線を向けるのさ!? せめて罵倒にしてよ! そっちの方がよっぽど楽だよ!


「……キツイ仕事を押し付けたみたいね。大丈夫、ちゃんと休暇あげるから」

「私、お茶いれてきますねぇ~」

「優しい対応が心に響く!!」


善意は時に人を傷つける。皆覚えておくように。



========================



「ところでぇ、変態さんは本当に強いんですかぁ?」


一通り弄られた後、エルナが俺に質問してくる。呼び名がアレなのは突っ込まないでくれ。もう全然、心に響いてないから。言われ慣れすぎて普通に反応出来ちゃうから。むしろ快感を覚えるまである。


「まあ……それなりにはね?」

「サーシャ様と比べるとぉ?」

「ばっか、人が鬼に勝てるわけないだろ」


はっ!? 思わず本音が!?


「……」

「む、無言で笑顔はやめてくれませんかねぇ……」


サーシャからのプレッシャーが俺を蝕む。動け! 動け俺の体! なぜ動かん! こうなったら貴様の魂も道連れに……うん、無理だね。たぶん傷ひとつつけられないわ。


「うーん……でもサーシャ様と一緒に作戦に出るんですよねぇ?」

「お、おう。一応な」


ちなみにエルナには作戦のことは知らせている。サーシャの腹心だけあって、有事の際はエルフ達の指揮を取るらしく、伝えない訳にもいかなかったのだ。


「……じゃあちょっと私と戦いませんかぁ?」

「え、やだよめんどくさい」


エルナからの頼みを即座に断る。いくら美人の頼みでも戦闘狂はちょっと……。


「あら、受けて上げなさいよ」

「ええ……俺はそういうの苦手だってわかってんだろ?」


荒事は苦手なんだ。あとめんどくさいし。


「受けたらお仕置きは帳消ししてあげるから」

「さあどっからでもかかってこいやぁ!」


これは俺の命をかけた戦いだ!


「まったく……」

「とても面白い方ですねぇ」


なんか二人に呆れられている気がするけど気のせいだよね。うん。


「まあ受けてもらえるなら構いませんよぉ。では、外に出ましょうか~」


ガチャリ、とドアを開けつつエルナはこちらへ話し掛ける。


「サーシャ様と並ぶに足る力があるかどうか、この身で確かめさせて貰います」


その顔を、先程とは違う張り付いた笑顔に変えながら。



========================



「なあ、この模擬戦完全にお前のせいだよな?」

「……なんのことかわからないわ」


開けた場所に出た俺達。お互いに模擬戦の準備をしつつ、俺はサーシャを問い詰めていた。


「いや、絶対お前関わってるって。あいつ最後だけトーン違ったもん。間延びした話し方止めたもん」

「貴方の変態度が目に余ったんじゃない?」


言うに事欠いて俺をバカにするのか……!

ていうか変態ネタ使いすぎだと思う。いい加減飽きられちゃうよ? 誰にとは言わないけど。


「準備は終わりましたかぁ?」

「あ、ああ」


背中に弓を背負ったエルナが近付いてくる。話変わるけど弓道少女っていいよね。あの凛とした感じがたまらない。俺のハートも皆中されちゃうわ。

俺の装備は剣一本に魔導銃一丁。剣は念のため刃引きがしてあり、魔導銃も殺傷能力を切ってあるので問題ないだろう。


「……見たこと無い武器ですねぇ。何ですかそれはぁ?」

「戦ってみてのお楽しみ、って」


右手に剣を、左手に銃を構えエルナと対峙する。自前の武器はもっと凶悪な感じなんだが、これだとどうにも迫力が出ない。まあ迫力と共に殺意も溢れてるから使えないんだけど。


「まあ、自らの武器はそうそう教えないですよねぇ」


そういってエルナも弓を構、え……? 


「っておい! よくみたら矢が実戦仕様じゃねぇか!」

「?」


小首かしげてんじゃねえよ可愛いじゃねぇかこんくしょう!


「大丈夫ですよぉ、貴方なら避けてくれるって信じてますからぁ」

「薄っぺらい信用だな!」


しかもあの矢、返しがついてて抜けにくくなってやがる。仕留める気満々じゃねぇか! 俺の気遣いなんだったの!?


「あーもう! 色々ごちゃごちゃしてるけどやってやるよ! かかってこんかい!」

「それじゃあ、行きますよぉ」


勝負開始だコンチクショー!

「Re:勇者召喚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く