自己破壊衝動(タナトス)

みいくらげ

第5章

 今目の前にいるのはあの少女じゃない。


 そう言えばまだ名前も聞いていなかった。


 知っているのは君の賢さと優しさだけ…


 そしてこのぬくもりは、君のものだ。


 君の震える肩はあの子より少し小さくて、


 君の手はあの子よりずっと綺麗だ。


 きっと君はあの子のように、暴力に耐え、労働を楽しみ、飢えを凌いだ経験はないだろう?それなのにどうしてそんなに辛そうな顔をしている?



 ………。


 泣いている彼女を目の前にして、そんなことを考えてる自分に吐き気がした。




 でも、


 
 「たすけて。」



 その言葉が嬉しかったのも事実だ。



 世界を作りかえても、僕は孤独だった…


 昔あの少女がそうだったように、


 僕の寂しさを君は埋めてくれた。


 そんな君の心の叫びに僕は気づいていた。


 でも、僕は無力だ。


 この世界を作ったのは僕なのに、この世界では僕の力はあまりにも小さすぎて、自分が何者なのかもわからなくなる。おかしな話だ。



 僕は、あの子を救えなかった。



 君が死んだあの日、僕は上界に帰った。


 君がいない孤独に耐えられる自信が僕にはなかった。


 人といる暖かさを一度知ってしまったら、もう戻れない。

 
 君のいない世界にあれ以上留まる理由が僕にはなかった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




 「大丈夫。」


 僕は君の体を離して言った。



 「僕は、君の味方だよ。」



 君の目からまた涙があふれた。


  立ち尽くす君をもう一度抱きしめて、僕らはしばらくそこにいた。気づいたら、薄暗い空に朝日がそっと覗いていた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 僕が君の街に足を踏み入れた瞬間、銃声がなった。


 「こっち!」

 
 彼女が僕の手を引いた。


 こんなに走ったのはいつぶりだろう…


 僕らは古びれた神社に行き着いた。



 「ごめん、驚かせちゃったね。」


 彼女は息も切らさず、平然とそう言った。



 「もう、9時過ぎてたんだ。」


 僕は混乱する頭で彼女の言葉を呆然と聞いていた。



 「これが、ここの日常だよ。毎日9時になると銃撃戦が始まる。それはもう昔サバゲーと呼ばれたものじゃないの。あんなの、ただの殺し合い…っ。」


 
 君の表情が歪む。


 「私も、人殺し。」


 
 ……………。


 ……。





  そう呟いた彼女の目が震えているのがわかった。


 

 「知らない、って罪だよね。」


  
 古ぼけた神社は静寂を貫き、風の音だけが響いている。



 「私はお姉ちゃんと2人、この街に生まれたの。父は私たちに戦闘のすべてを叩き込んだ。あの人は、女でも弱ければ生きられない…そう言って私たちに強さを教えた。でもお姉ちゃんは…強くなることを拒んだ。」



 僕の五感が君の話に集中していた。


 
 「お姉ちゃんは知ってたの。そして、恐れた。自分がいつか誰かを殺してしまう日が来ることを…そして………」



 君が言葉を紡いだ。



 涙が、君の言葉を拒んでいるように見える。



 「ごめ、っ…...」


 僕は君の頭に手を置いた。


 「大丈夫。僕は、ちゃんと聞いてるから。ゆっくりでいい。」



 その言葉に君がまた泣き出すから、僕はそっと袖を君の頬に当てた。




 ……………………。



       ……………………………。





 「ある日、お姉ちゃんが私に言ったの。」



 『お願い、ユミ…力を貸して。あなたなら、簡単に作れるでしょ?』


  「そう言ってお姉ちゃんは、私に一枚の紙を渡した。あ、ユミは私の名前だよ。ごめんね、まだ名乗ってもいなかった…」


 そして、君は続けた。



 「その紙には、詳細に銃の設計が記されてたの。でも数式は少しずつズレてて、使う素材の実験もまだ済んでいなかった。」


 僕は、言った。


 「君はそれを、作れてしまったんだね。」



 ………………。




   君はゆっくり頷いた。



 「だけど、私は知らなかった。自分が作ったものが、お姉ちゃんを殺すことになるなんて、知らなかったの。私はただ数式を解いただけ。ただ、物質の融合を完成させただけ。私はただ、お姉ちゃんの役に立ちたかった…それだけだったのに。」



 君の涙は止まっていた。



 「お姉ちゃんは、それを使って自殺した。妹の作ったモノで自分を殺したの。私は…お姉ちゃんを許せない。」


 君は切なそうに、笑った。


 「でも、一番許せないのは自分自身。何も知らなかった、私のこと。そんなものを生み出してしまった私の頭。こんな才能なんて、いらなかった。」



 君の呼吸が荒れる。



 「どうせなら、本物のバカになりたかった。わかりたくもなかった。自分が犯した罪も、知らなければきっと楽だったのに………。」




 僕が言葉を探すうちに、君の話は続いてる。僕はただ聞くことしかできないのか…そう思うと悔しかった。

 

 「それは、さぞ綺麗にお姉ちゃんを殺したんだろうね。遺体からは傷一つ見つからなかった。完全に脳を制御して、静かにお姉ちゃんの呼吸を止めた…」



 消えそうな君の声は、僕の耳に痛いくらいはっきり響く。
  
 

 「私は、『ナニ』をつくったの?わからないの、『アレ』が、なんなのか…わからないの。」



 僕は、なんて答えるべきなのだろう。



 ………………。


 ……。




 「本当に、知りたい?」



 僕は聞いた。


 「僕はその答えを知ってるよ。だけど、君には何の罪もない。でも優しい君は、その罪を背負ってしまうだろう?僕は、あまり勧めないよ。真実なんて、実にくだらない。この世界は、知らなくていいことの方が多いんだ。」



 君がうつむく顔を上げた。




 「そう言えば、名前…聞いてなかった。」




 唐突に君が言った。



 僕は、名乗った。



 「アイク。僕の名前…」


 僕は、仁とは名乗らなかった。


 君にはなぜか、アイクと呼んで欲しかった。




  「アイク……。」


  君が繰り返す。



 「お願い、アイク…全部を知りたい。覚悟なんてとうの昔に決まってるよ。私はもう、知らないことに耐えられない。私は、あの時から自分の才能がこわくなった。生きていていいのかも、わからなくなったの。でも、お姉ちゃんのように『ソレ』を使う勇気もなかった。臆病な自分にはもう、疲れたよ。」



 君の目から、迷いは感じられなかった。



 僕は静かに語り出す……



 「君には、全部話すよ。」



 君の目は真剣そのものだった。



 真っ直ぐに僕を見据えていた。
 




 









 


 

「自己破壊衝動(タナトス)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く