現世(うつしよ)と幻(うつつ)の世界で……

ノベルバユーザー173744

閑話休題、最終話

「うつくしおすなぁ……きれいやわぁ‼」

団扇うちわを手に、初夏の生きた星が舞い降りる景色を楽しんでいるのは、金髪を結い上げた雛菊ひなぎくと隣は金茶の髪のほたる

「お姉ちゃん、京言葉上手になったねぇ」
「蛍も、かわいなって……やっぱり、あての妹や」

姉妹は顔を見合わせる。

「雛菊~‼これはどうしたんや……ちょお、おまち。あかね。帯がおかしいさかいに」
「ママ~‼」
「おまちい言うとるがな。誰ににたんや……」

ため息をつくのは紫野むらさきの、その横で吹き出しているのは、

「さきは、口はそういうて、茜にでれでれやさかいな」
「親馬鹿って言うんで。兄さん」
「醍ちゃん?醍ちゃんに、それは言えんと思うわ」
「パパ、抱っこ~‼」
「パパ~‼」

突進する子供たちは4人、そして肩車しているのは末っ子である。
妻の風遊ふゆの手はしっかり握っている。

「パパは一人や。シィおいちゃんにおいきや」
「なぬ‼兄売るんかいな⁉」
「兄さんも結婚やろ?頑張りや。子育て。一番飄々としとる顔が、うろたえるんが見れたら楽しいわ」
「……あぁ、地獄や……またぶんなげられるんやろか」

因みに、標野しめのの相手は、祐也ゆうやの妹のひめである。
初対面で、

「象と一緒」

と言い、ぶん投げられた。
祐也の兄弟は、祐也以外華奢だが、4人兄弟それぞれ突出したものを持っており、媛は柔道の48キロ以下の選手である。
兄の一平いっぺいは、結婚を期にイングランドに移住し、柔道と剣道の道場を開いた。
只今、娘のクリスティンと息子のロナウドに親馬鹿をして、ヴィヴィアンと言い合うのだが、

『だってな?クリスティンは、ヴィヴィに似てて、可愛い‼ロナウドもや。で、一番可愛いんはヴィヴィ‼』
『ちょっと待って‼甘やかしちゃダメって言ってるのよ?私は?』
『ヴィヴィが仕事でおらんなったら、寂しいし~ヴィヴィの代わりに二人を可愛がったらいかんか~?』
『……』
『ヴィヴィが一番かわいいけど』

覚えた英語が全部ヴィヴィアンへの誉め言葉だったので、ヴィヴィアンは返答できず、その後で親友のくれないに、訴えるのだと言う。
と、

『その方が良いわよ~‼ヴィヴィ‼だって、ウェイン、言ってくれないんだよ~‼』
『言ってくれない?』
『……子供ができたって言ったのに……なんにもいってくれなかった』

ぷぅっとすねる親友の代わりに、幼馴染みを問い詰めたヴィヴィアンだが、こちらは頬を真っ赤にして照れる。

『えっと……う、嬉しいのと、何言って良いのか、分からなくて……それに、今やってる役が、クールな役で、こ、この顔じゃ演技出来ないから……』
『そう言えば、役になりきる役者だったわよね。でも、紅にうれしいって、幸せだって言葉にしてあげたら?喜ぶわよ?』
『そ、そうする……実は、ちゃんとプレゼント用意してる……』

ウェインの両親は初孫に大喜びである。



そして、

穐斗あきとバタバタしたらいかんで?」
「それに、那岐なぎ風早かざはや。川に落ちたらいかんで?」

祐也は生まれた娘を抱き、日向ひなたは3人目を身ごもっているただすの手を引いている。

祐也の両親や、醍醐の両親、風遊の両親は、別のところで見ている。

「少しずつでも……良くなっているんですかね……」

祐也は呟く。
まだまだ山は荒れ、祐也たちは地域に根差した若者を呼び寄せつつ努力している。

杏樹あんじゅが、大きくなるまでには、美しい世界になってほしいな……」
「まぁ、ろくでもなく大変でも、俺たちだけじゃなく、子供たちがどう思うか……だと思うがな」

日向は呟く。

「そのまま町に出ていったら逆戻り。こっちに戻ってくる……大事なところだと知ってほしい」
「まぁ、その点、ひなんとこは、口うるさい親父のせいで、逃げるんじゃないですか?」
「お前に言われたくないわ‼子供の前でなにしよんぞ。ボケ!色ボケ変態親父って呼ばれたいか?」
「ハイハイ。日向さんも醍醐さんもおかわりなく、仲良しで」
「お前も変わってないな」
「全くそのまま」

二人に微笑みで返す。

「そりゃぁ、この世界が一番優しくて幸せだからですよ。みんながいて、家族ができて、温かい……こう言うのが、俺の夢だったんです。だから……俺は祈ります。この世界がみんなのために、優しい世界であるように……その為には、何だって……」
「まぁ、乗り掛かった船だ……」
「もう乗って、方向を指示してるのに」

3人は笑う。

優しい星と、命の光が、家族を取り囲み、降り注いでいく。
それは、命の大切さ、何気ない日々のいとおしさ、笑い声……。
全てが……一度失われかけて、再びよみがえる……。

これは夢物語かもしれません……ですが、もしかすると、これから始まるのかもしれません……。

「現世(うつしよ)と幻(うつつ)の世界で……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く