G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第四話 仕様です

一人残された勇人は、ひとまずチュートリアルを終わらせようと、腕時計に触れディスプレイを出現させる。
その画面を見て勇人は固まった。

「……チュートリアルが終わってる」

そう、このゲームのチュートリアルはあれで終了なのだった。
画面の端に小さく『バグではありません、仕様です』と書かれていた。
なんとも、現実のように厳しく自由なゲームだと改めて勇人は感じた。
そうなると、やることは唯一つ。
RPGの醍醐味であるモンスター狩りだ。

「よし、きっとこの『才能』は大器晩成型なんだ」

そう前向き発言をしながら、勇人はモンスターのいそうな森へと向かっていった――が、そこであることに気が付く。
それは――装備品が見当たらない。
勇人はゲーム開始時にしっかりと初期装備をチェックしたはずなのだが、それはどこにもない。
チュートリアルが親切ならば、きっとこんなことにはならなかったのだろうが。

「運営がちょっとひどすぎないかなぁ」

勇人は、空を見ながらそう呟く。
まるで運営に訴えかけるように。
すると、その言葉が通じたのか目の前に半透明のディスプレイが現れた。
そのディスプレイは腕時計に触れたときだけ現れるものと同じもので、ちなみに勇人は触れていない。
怪訝そうな表情をしながらそのディスプレイを勇人は見つめる。
すると、文字が現れた。
『バグではありません、私用です』と。

「……さすがに見間違えじゃないよな」

明らかにそこには、仕様ではなく私用と書かれていた。
運営さん遊びすぎですよ、と勇人は心のそこから思った。

『では、一時的に別フィールドへ転移させてもらいます』

再び文字が浮かび上がる。
拒否権はないようで、決定事項のようだ。
その文字が現れた直後に、勇人の体は半透明になっていき、周りのプレイヤーたちも同じようになっているのが確認できる。
そうして、プレイヤーたちは半ば強制的に別フィールドへ転送されたのだった。


『こんにちは、プレイヤーの諸君』

目の前がハッキリし始めたころに、勇人の耳に言葉が届いた。
その言葉を発した本人は、この多くのプレイヤーがいる何も無いフィールドで特別大きくてフードをかぶっているような人物だ。
周りでは、「デスゲームきたああああ」や「え、なに、デスゲーム、いやぁ、死にたくない」など、主に何かの小説を読んできたであろう人たちが声をあげていた。
他には、「バグでしょ、え? 私用?」、「私用って文字の時点でバグじゃね?」などなど、運営に対して不満を抱いているような人たちなどがぶつぶつ言っていた。

『私はこのGWOのゲームマスター 馬具 枝葉だ』

と、その大きな人影は告げる。
それを聞いたみんなの反応は、ポカーンとしている。
そもそも、このゲームを開発したのはWTG社としか知らされていないので、天才科学者がもしいたとしても名前を知らない。
そして、ツッコムべき場所はそこではなく、ゲームマスターの名前だ。

「バグ シヨウって、絶対運営に居ちゃだめな人だろ」

ボソリと勇人は思ったことを呟く。
そしてそんなことを言ったのは、勇人だけではない。
他のプレイヤー達も同じ事を思っていたらしく、ボソリボソリと呟いていた。
そんなことはお構いなしにゲームマスターは話を続ける。

『今回は君たちプレイヤーに重大な発表がある』

そのゲームマスター……バグマスターの言葉にプレイヤーたちはゴクリと唾を飲み込んだ。

『それでは発表しよう』

バグマスター……シヨウさんは嬉しそうに?語った。
ちなみに、ボイスチェンジャーが使われてるため声で感情は読み取れない、が、明らかに早口になったのでさっきまでの威厳というものは感じられない。
名前の時点で無くなったも同然だが。


『この世界の通貨は現実世界でも使えるようになりました』

「は?」
勇人はあまりにも的外れなシヨウさんの発言にポカーンとしてしまう。
否、ほとんどのプレイヤーが同じような反応だ。
特に、デスゲームを期待していたやつらは意気消沈している。

『後、この世界でも教育は受けられるようになりました。
これは、各国のお偉いさん方からも許可を得ています。
もちろん、プレイヤーの皆さんで起業したり、その会社に就職したりなど、現実と変わらないような生活を送ることも可能です。』

シヨウさんは先ほどの口数の少なさが打って変わって、元気な声で言葉を紡いで言った。
ちなみに、ボイスチェンジャーを使うのを忘れたのか、普通の女性の声である。

「デスゲームはどうした!」

あるプレイヤーがそう叫んだ。
どうしてそんなにこだわるのか。
勇人は呆れながらそのプレイヤーを見る。
幸いにも、知り合いではなく、ただのオッサンだった。
その年でデスゲームにロマンを感じているのかと、呆れ度が増した。

『デスゲームですか? プレイヤーの皆さんはもっとリアルを求めるのですか?
それならば、デスゲームにしてもよろしいのですが』

シヨウさんはとんでもないことを口に出した。
その瞬間、多くのプレイヤーが、デスゲーム発言をしたおっさんに非難の声を浴びせる。

「ふざけんな、お前の都合でデスゲームにさせてたまるか!」
「おっさんのくせにいつまで夢を見てんだよ」
「ハゲ!」

プレイヤーは次々とオッサンの軽率な発言に対して非難する。
最後の発言はただの悪口。

『デスゲームにはしませんよ、してしまえばプレイヤーさんたちが思うように行動できないでしょうし、
それに、痛覚も感じるようにプログラミングされてますので、捨て身などは簡単には行えないようになってます』

シヨウさんは、何も気にした様子も無くそう口にする。
プレイヤーたちは再び固まった。

『あ、安心してください、例えば足の小指を剣で切られたとしましょう』

「例えがおかしい……」

勇人は思わずボソリと呟く。
もちろんそれは誰にも聞こえていないが。

『そのときの痛みは、切断されたときの痛みと言うわけには行きません、もしそうならば、みなさんは即戦闘不能になるでしょうし、ですので、痛みの上限をあらかじめ設定しています。
ですので、小指を切られた時の痛みはタンスの角にぶつけたときの痛みと同程度となっています』

それはそれで十分痛い、それに戦闘不能に陥る場合もあるだろう、と誰もが心の中で思った。

『なので、実際に小指をぶつけるときの痛みと剣で切られた時の痛みは同じです
他の例でいきますと……男性の方の急所を剣で貫かれたときの痛みは、そこを蹴られたときの痛みと同じなようですね』

「だから、例えがおかしいし、他人の体験談かよ」

勇人はゲームマスターシオンに呆れた視線を送りながら呟く。
もちろん、他のプレイヤーたちも同様だ。

『では、またの機会に会いましょう、次に合えるのは……デスペナルティーの導入告知かもしれませんね』

シオンさんは、そう言って消えた。
最後の言葉は余計な一言だろう。
と、勇人は先ほどデスペナルティー発言をしたおっさんの方を見ならが呟いた。
おっさんは絶賛罵倒(受身)中である。

「ふう、今日はここで終わりかな」

時間も時間なので勇人はこのフィールドから出るなりログアウトをすることにした。
結局、狩りにはいけず装備品の出し方すら分からないままである。

「お、そろそろ転移か」

勇人の体がここに来たときと同じように薄っすらと透け始める。
そして、目の前の景色が一瞬にして変わった。

「よし、元居た場所だな」

勇人はキョロキョロと辺りを見渡しながら、確認する。
どうやら変なところには飛ばされていないらしい。
どうせそうなった所で『仕様です』と言われるのだろうが。

「じゃ、ログアウトするか」

勇人は腕時計に手を触れメニュー画面を目の前に映し出す。
そして、勇人はログアウトボタンの方へ指をたどらせて行くが、その指が止まった。

「……なんだよそれ」

勇人は思わず歯を食いしばる。
そこには――

『追記 装備品が消えたプレイヤーがいるそうなのですがそれはバグです』

そう、ログアウトボタンが消えた、とかではなく、運営の不手際を晒された文章が記されていたものだった。

「最後は結局バグじゃねえか!」

勇人は天に向かって叫んだ。

「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く