G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第六話 素手の勇者

森の入り口。
そこに立っているプレイヤーはそう多くない。
その中でも、異質とも言える存在がいた。
そのプレイヤーは武器を持たず、手ぶらなのだ。
このプレイヤーは、バグによって武器を失った勇人なのは言うまでもない。

「あいつ、素手だぜ」
「本当だ、短剣でも忍ばせてるんじゃないの?」
「どうだろうな、隠せるようなところないだろ」

周りのプレイヤーは勇人を見てヒソヒソと話始めた。

「やばい、恥ずかしい」

勇人は顔を赤らめながらボソッと呟き、逃げるように森の中に入っていった。


「よし、ここら辺は誰も居ないな」

森をひたすら進み続けた勇人は辺りを見渡して呟く。
そして幸運にも道中モンスターに出会わなかったので、戦闘にはなっていない。

「にしても、本当にどうしようか……うわ」

突然、勇人の前方に人影が現れる。

「プレイヤーか?」

ひとまず、先ほど手に入れたばかりの鑑定スキルを発動する。

「鑑定」

勇人がそう発すると、目の前に相手方のステータスが現れた。
別に鑑定スキルを使わなくても見ることは可能なのだが、詳しく見るためには鑑定が必要なようだ。


ネーム  ブラックゴブリン
種族   亜人族モンスター
スキル  『隠密』 姿が見えにくい状態になる


「うわ、人影じゃなくて、ただ黒いだけかよ」

鑑定スキルによってモンスターのスキルを確認できるなり、勇人は後ずさった。
明らかに、ゴブリンの上位個体にしか見えないモンスターに、勇人は思わず苦笑する。

「どうする、逃げるか、戦うか」

どちらにせよ、早く決めないとやられることには変わりない。
そして、勇人は武器がない自分の手元を見て苦笑し、ゆっくりとモンスターから離れる。

「さすがに無理じゃないかなぁ、あはは」

勇人は一定の距離を離れた瞬間に後ろを振り返り走る。
と、そこにはなんと、前方とおんなじやつが。

「え、それは困ります」

両手をあげて降参の意思を伝える勇人。
だが、決して諦めたわけではなく、こうなったらやってしまおうと考えていた。

「やるしかないか」

勇人は拳を前に突き出し、ファイティングポーズをする。
それをみた、ブラックゴブリンはニヤッと笑い、手に持っていたこん棒を見せびらかすかのよう二振り上げた。

「モンスターでさえ、支給されるのか……」

自分の不幸に愚痴をこぼす。

「だけどな、やられるわけにはいかないんで、痛いらしいし」

理由はそれだけである。
痛いのはいや、ただそれだけ。
すると、後ろのほうからガサッと音が聞こえた。
先ほどのゴブリンが追いついてきたのだろう。

「いくぞおおおおおお」

気合の声をあげながら前方のゴブリンに向かって勇人は走っていった。
まず、先制攻撃の勇人の拳は何故かゴブリンに顔にクリーンヒットする。
避けようともしなかったのである。

「避けるまでもないってか」

勇人は悔しそうに呟き、殴ったゴブリンの方を見た。
すると、ゴブリンの表情は困惑そのものだった。
動きはフラフラで、まるで何をされたのか理解してないようだ。

「もしかして、本当に素手で打ってくるとは思わなかったのか?」

疑問はいろいろとあるが、そろそろ後ろのゴブリンが襲い掛かってくるような気がしたので、勇人は素早くサイドステップし振り返る。

「かかってこい……あれ?」

振り返った先には何もおらず、変わりにすぐ近くで鈍い音がなった。
その方向を恐る恐る勇人は見ると、ゴブリンがゴブリンをこん棒で殴っている場面が写った。
どうしてこんなことになっているのかというと、ゴブリンは勇人の背後に得意の隠密で忍び寄り、こん棒で叩こうとしたところで、タイミングよく勇人が横に移動したため、すぐそばに居たゴブリンにヒットしたというわけだ。

「なんか、申し訳ない」

勇人は災難続きのゴブリンに苦笑いを浮かべ、言葉を発する。
二発受けたゴブリンは既に瀕死状態だ。
隠密スキル持ちだけあって、真正面からやりあうタイプではないらしい。

「では、トドメをいきますか」

勇人は、二人のゴブリンの方へ向かって走り出し、こん棒を受けてないほうのゴブリンにタックルする。
すると、案の定、それを受けたゴブリンは体勢を崩し、追い討ちをかけるように勇人はそのゴブリンに対して前蹴りを加える。
そのゴブリンは、完全に倒れこみ、殴られたゴブリンの方へ倒れた。
三度目の災難を受けたゴブリンはその衝撃で絶命してしまったようで、光の粒となって消えてしまった。

「よし、一体目」

勇人は、すぐさま、起き上がってこようとするゴブリンに対し、蹴りを放ち、ボコボコにしていく。
どうも気分が良くないのは気のせいだろう。
そうして、二対のゴブリンを討伐した。
すぐそばに、光り輝く何かが落ちている。
ドロップアイテムだ。

「何かな何かな」

それを拾い、収納袋に入れ、それを確認すべくメニューを開く。

『レアアイテムを獲得しました』

通知にはそう書いてあった。
その文章だけでも、勇人の気持ちは高ぶった。

「よっしゃ、さすが俺の才能ユニークスキル、地味だけど」

すぐさま、そのアイテムを手元に出現させる。
そこには、二つの皮で出来た何かが現れた。
用途が見えないため、調べる。

黒龍の皮手袋ブラックドラゴングローブ 上位龍族の皮によって作られた手袋、大抵のものなら殴っても痛みを感じないほど丈夫』

「……悪意を感じる」

勇人は、武器がない所でこのチョイスはさすがに運営の悪意を疑った。
再びモンスターと戦闘をして武器を調達するしか、勇人には選択肢はない。

「くそぉ、絶対負けねえ」

勇人はそれから森の中を走り回り、ブラックゴブリンを数匹殴り倒し、その下位種族であるゴブリンを多数倒した。
そうしているうちに、結構な時間がたち、いくつかドロップアイテムが出たが、確認する時間すら惜しんだ勇人は、拾うなりすぐ別の場所に走り、そこであったモンスターをぶったおしていった。

「はぁはぁ、少しがんばりすぎた」

若干無茶をした勇人はひとまず拾ったアイテムをチェックするために、一度立ち止まり地面に座り込んだ。
本当なら森に出てからでもいいのだが、この森で出会った魔物はゴブリン系だけなので、勇人はすっかり安心していたのだった。

「さて、何が手に入ったのかな――」
「きゃあーーーー」

メニュー画面を開こうと腕時計に触れようとした所で、女性の叫び声が勇人の耳に響いた。
そうなっては、無視も出来ない。
なぜなら、痛いから。

「おーーい、何処だ」

立ち上がり、声の主を探す。
しかし、周りは木が生い茂り、視界は決してよくはない。
なので、勇人は声の方へ走って向かう。
もちろん、声を出しながらだ。
すると、拓けた場所にたどり着いた。
そこには、先ほどの声の主だと思われる女性が、岩にもたれかかって何かを見ながら震えていた。

「おい、大丈夫か?」

勇人は、慌ててその女性のところへ向かう。
その女性は、勇人よりも全体的に幼い、身長、顔つきを含めてだ。
女性というよりは少女といったほうが認識的には正しい。

「グスッヒッグ」

少女は、勇人の顔を見るなり、安心したのか泣き出してしまった。

「一体何があったんだ……」

あいにく勇人に、少女を泣き止ますスキルは持ち合わせていないので、困った表情を浮かべた勇人は立ち上がって、辺りを見渡す。

「ゴブリンか? それとも……」

勇人は先ほどまで、嫌というほど倒してきたゴブリンが少女を襲った可能性を考えながら、後ろを振り向くと、体長は自分を遥かに超える、馬鹿でかいサイのようなモンスターがすぐ後ろにいた。

「……えっと、こんにちは?」
「ウガアアアア」
「うわああああああ」

勇人は、急いで少女を抱きかかえその場を飛びのく。
直後、大きな音が鳴り響き、先ほど居た場所を見ると、岩が粉々に砕けているところだった。

「いやいやいや、なんでこんな初心者がいっぱいいるような森にこんなやつが」

勇人は見た目、絶対勝てそうに無い、モンスターに鑑定スキルを当てる。


ネーム  フォールキングホロン 
種族   獣種モンスター
スキル  『咆哮  自分の声に大きな補正』『堕落王  モンスターだけのスキル 気性が荒くなり攻撃力向上代わりに体力低下』


「おぉ、元王様だったのか、それにしても鑑定スキルのおかげで弱点発見」

勇人はひとまずそのモンスターから離れ、安全なところに少女を置く。

「ここで待っててね」
「グスッ、……わかった」

小さな声で少女はそう返事し、勇人はモンスターに向かって走る。
モンスターは岩に激突したので絶賛混乱中だ。

「あの岩にぶつかっても無事って事は、頭部は丈夫ってことか」

勇人は冷静に分析しながら、確実に倒せるように考察をする。
しかし、そんなに時間が無い。
今すぐにでも、モンスターが混乱から開放されてしまいかねないからだ。

「分からねえ、もう悩んでいる場合じゃないか」

勇人は思い切り走り出して、モンスターの腹部に一発拳を打ちつけた。

「グオオオオオ」

思いのほか効果があったらしく、モンスターは苦しそうなうなり声をあげた。
もう一度打ち込む。
グローブの効果で、勇人の拳は痛みを感じていないため、何度でも打ち込める。
しかし、腕部分には負担はかかるため、無限というわけにはいかないが。

「グオオオオオオオオオオオ」

モンスターが咆哮スキルを使い、勇人の鼓膜を震わせる。
下手したら、難聴になりそうなくらいだ。

「うるせえよ!」

勇人は思い切り足を上げ、モンスターの尻尾を踏みつけた。

「オオォォォ」

モンスターの最後の咆哮は、思ったより大きいものではなく、呆気なく絶命した。
キラキラとモンスターの破片が舞う中で、勇人は周りにいつの間にかプレイヤーが居るのに気が付く。

「え、なにこれ」

困惑する勇人。
実のところ、他のプレイヤーは勇人が始めの拳を打ち出すところから既にいたのだった。
それもそのはずで、あの大きなモンスターの方向と少女の叫び声があったなら来るのも当然といえば当然である。

「素手で倒したぞ」
「すげえ、勇者だ」

森に入るときと同じように、ボソボソとプレイヤーたちは勇人をみながら呟く。
そして、誰かが叫んだ。

「なら、素手の勇者だ!!」

その一言で、周りのプレイヤーたちは湧き上がって歓声を勇人に浴びせてくる。
そうして、素手の勇者伝説が生まれた瞬間である。
もちろん、素手で通すつもりは勇人には無い。

「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く