G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第十六話 ファラオウス王族

ひとまずユウトは自分の部屋へと案内された。
その案内人はジャックであり、移動の間に魔法の事について色々と説明してくれた。

「じゃ、ここがユウト君の部屋だからね」

案内されたのは城の隣にある屋敷。
どう見たって王族が住みそうなところだ。
もちろん、王族は城に住んでいるだろうが。

「あの、本当にこんなところに住んで良いんですか?」
「今さら何を言っているんだい、それとも何かな、もっと良い場所がいいのかい?」

ユウトの言葉にジャックは意地悪な笑みを浮かべて答える。
ジャックにとってはこれは確定事項のようで、ユウトはどう反論しても無駄なのだと判断し諦めた。

「あ、それと、もう一度頭を貸してもらえるかな」

頭を貸すという言葉自体聞き慣れないものだが、ユウトはジャックがすることを理解していたので何の抵抗もなしに立ったまま。
そこへジャックがユウトの頭を手で触れた。

「もしまた記憶に細工でもされたら困るからね、僕オリジナルの魔法をかけてあげよう」
「オリジナル魔法?」

聞き慣れない単語にユウトは首をかしげる。
といってもユウトには魔法の知識はほぼ無いのだが。

「魔法というのは、決まった型がないんだ、発想力とそれを可能にする構成力さえあれば、結構自由に魔法は作れるんだ」
「そうなんですか、それで何の魔法を?」
「それは、ユウト君がある特定のキーワードを言うたびに保存した記憶が夢に出てくるって言う魔法だよ」

何というか、それは呪いに思えるような魔法だとユウトは思った。
自分が嫌いな相手に悪夢を見せることだって可能なのだ。

「その顔は疑ってるね、大丈夫、ちゃんと保存する記憶は自分で選べるようにするから、そうだな、君が鑑定眼を使ったときにというのはどうかな?」

鑑定眼を使うたびに保存した記憶を更新していくという提案を受けたユウトは、ひとまず考える。
鑑定眼はほどよく使っていくつもりであり、その頻度なら申し分ないかもしれない。

「分かりました、それにします」
「はーい、後は、キーワードだね」
「それも自分で決められるんですか?」
「もちろん、あ、でもあまり言わない単語が良いよ、挨拶系の単語だったら毎日、これまでの人生が夢にでてきちゃって大変だし」
「分かりました、じゃあ――コネクトでお願いします」
「コネクト? 分かったそうしておくよ」

初心忘るべからずというのでユウトはそう設定してもらった。
ゲームじゃなくなってしまった世界では決して言うことではないため、不意に言ってしまう事はないだろう。
しかし、記憶を無くしてしまったときにこの単語が出るかは不安なので、ユウトは腕時計の画面を開いてメモ帳にメモしておく。

「さっきも見たけど、その装置はすごいね」

腕時計から出るディスプレイを見て感心したようにジャックが言った。
ゲーム時代では他人からは見えることはなかったのだが、どうやら他人にも見えているらしい。

「そうですね、これがあるから自分たちは見ず知らずの土地でも生きていけているのかもしれません」
「そうか、いくら強いとはいっても異星人も人だもんね」
「はい、ではまた」
「はーい、夕食はまた城に来てね、王族の方々による招待を受けてるから」
「えぇ、またですか」
「ははは、そう言わないで、ちゃんと来てね」
「分かりました」

ユウトとジャックはそう会話を交わして別れた。
王様が思ったイメージよりもかなり親しみが持てる人なのは理解していたが、身分の違いというものは慣れないため、ユウトは何か遠慮してしまうのだ。
ユウトの真面目な性格が災いしてしまっていた。
サラなら、すぐにでも親しくなりそうだなとユウトは考えながら、ベットに倒れ込んで目を閉じた。


ファラオウス王国の王、ファオは軽やかな足取りで自室へ向かった。
その前に他の王族へと声をかけに部屋に寄る。

「ミハス、今日の夕食は客人を交えてする予定だ」
「あなた、また勝手に決めて」

ミハスと呼ばれた女性はため息を吐きながら答える。
ミハスはファオの妻であり、この国の王妃である。

「いいじゃないか、何てったって、異星人様だぞ」
「異星人って、何かの間違いじゃないんですか? 異星人は5年前に突然消えてそれから一度も姿を見せてないんですよ?」
「いいからいいから、多分本物だよ」
「また、適当なんだから、でもあなたがそう言うなら本物かもしれませんね、では、夕食は楽しみにしておきますよ」

ファオは次に息子の部屋へと向かう。

「エイン、今大丈夫か?」
「何ですか? 父上」

エインと呼ばれた青年、ファラオウス王国の王子である。

「今日の夕食は異星人を招いての夕食会を開く」
「異星人ですか!? 戻ってきて下さったのですか?」

エインは興奮気味に聞き返す。
エインは7年前に異星人に助けられて以来、異星人に憧れを抱いているのだ。
もちろんファオもそのことを知っている。

「ああ、そうらしいぞ、では、夕食を楽しみにしているといい」
「はい! 楽しみにしておきます」

興奮したエインと別れ、ファオは次に娘のところへと向かう。

「はぁ、あいつは素直に応じてくれるかどうか……」

ファオは深呼吸して娘の扉をノックする。

「はい? 父様ですか」
「そうだ、クレア少し良いか?」
「ええ、少しだけなら」

アイリス、この国の王女は扉を開けてファオを中に入れた。

「で、なんのようです?」
「今日の夕食なんだが、客人を招いて歓迎会をしようと思う」

ファオの言葉に、露骨に嫌な顔をするクレア。
クレアは、ファオの性格とは正反対で催し物をあまり好まない性格だった。

「では、私は一人で夕食を取りますね」
「そこを何とか」
「いやです、そもそもその客人というのはどなたなんです? また隣国の王族とかではないですよね、私はあのような偉そうにしている方が嫌いなのはご存じですよね?」

クレアは嫌そうな顔をしながらファオに言葉を並べた。

「そこは大丈夫だ、客人というのは異星人だ、それに礼儀もしっかりわきまえている」
「異星人ですか……? それはにわかには信じられません、異星人が活発に活動していた7年前でさえこの国に訪れるようなことはなかったんですよ?」
「どうやら、異星人達は何者かによってこの星に落とされたらしいんだ」
「落とされた? 降りてきたではなく?」
「ああ、本人から聞いたことだ、それ故世界各地に異星人が現れていると思われるらしい」
「そうですか……」

クレアはファオの言葉を聞いて、考える素振りを見せる。
そして、決心したかのように口を開いた。

「分かりました、異星人には一度お会いしてみたいと思っていたので、兄様は昔会ったことがあるみたいですけど」
「そうかそうか、それはよかった、では夕食時にまた会おう」

そうして、ファオは仕事を終えて自室へと戻り、別の仕事を始めたのだった。


「うーん、なんだぁー」

ベットの上でうめき声を上げているのは異星人のユウトである。
彼は、自分のステータスを見て呻いていた。

「なんて読むんだこの漢字」

名前  ユウト
種族  地球人
才能  取捨選択 熟練度1『レアアイテムが出やすくなる』
         熟練度2解放条件『――贄――――』
技能  鑑定眼


「どっかで見たことがあるんだよなー、ううん、分からん」

ユウトは辞書があれば良いのにと現代人らしい悩みを抱いた。
当然異世界にそんなものはない。
なので次の疑問に移る。

「鑑定と鑑定眼って何か違うのか?」

次の疑問は鑑定についてだ。
今までも眼で見たものから鑑定していたのであまり変わりはないように見えるが。
試しに何かを鑑定しようと、色々なところに鑑定をかけてみる。
鑑定自体は意志で発動可能なため、いつでも出来る。
なので、そのまま鑑定したままユウトは部屋をウロウロし始める。

「失礼します、異星人様の部屋はこちらでしょうか」

そこへ若い男の声がユウトの扉から聞こえた。

「はい、そうです」

ユウトは急いで扉を開ける。
そこには、王様の面影が若干見える好青年が立っていた。

名前  エイン
種族  エンガイスト人
地位  ファラオウス王国第一王子

「あ、こんにちは、自分はエインといいます」
「あ、どうも、自分はユウトです」

鑑定眼を開眼していたようで、目の前の青年を勝手に鑑定してしまったユウト。
そこでようやく、鑑定眼と鑑定の違いが判明した。
鑑定は意志次第でその場その場の鑑定が可能だが、鑑定眼は開眼しているときは常時鑑定してしまうのだ。
そして、それによって判明した目の前の人物が王子という事実に、ユウトは驚きと焦りで戸惑っていた。

「あの、不思議な眼の色をなさっているんですね」

エインがユウトの顔を見て言った。

「そうですか? 黒眼というのはこの国でも珍しい物なんでしょうか」
「黒眼ですか?」

エインは不思議な顔をしてユウトを見る。
対してユウトもその反応に不思議な顔をする。
二人とも話しが食い違っていたのだ。

「えっと……自分がみるにユウト様の瞳は黄金色なのですが」

そこでエインが恐る恐る声を発する。
ユウトは何のことか分からないため困惑しっぱなしである。
そこで、ひとまず腕時計に触れ、自分の顔を撮影して見ることにした。

「なんだこれ!? 黄金色になってる」

ユウトは驚きの声を発する。
何故ならユウトの黒色であるはずの瞳が黄金色に変わっていたからだ。

「えっと、どうしたんでしょうか?」

エインが困ったように声を発した。

「あ、すいません、それに王族の方が自分の様な人に敬語を使わなくても良いですよ」
「あ、すいません、異星人は私の命の恩人なんです、その時からでしょうか、私の中では異星人が一番上になってしまっていて」
「そうだったんですか、でも自分には普通に話して下さい」
「分かりました、では、今はただの挨拶に来たと言うことで、また夕食時会いましょう」
「はい、楽しみにしております」

エインはそれだけ言って去っていった。
ユウトは自分の瞳が何故黄金になってしまったのか夕食までには直そうと決心するのだった。



「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く