G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~

根宮光拓

第十七話 夕食会 前編

ユウトはあれから結局黄金になってしまった目を元に戻すことは出来なかった。
数時間、鏡の前で自分の顔を見つめているその絵は相当変人に見えたことだろう。

「気を取り直していかないとな」

ユウトは深呼吸して城へと向かっていた。
城に入るのは二度目だが、当分慣れることはないだろう。
入り口付近の衛兵にお辞儀をして、ユウトは城の中へと入り言われていた通り廊下をすすむ。
そして案の上迷子である。

「これは非常にまずい、王族の方を待たせないために早く出たのは良いけど、迷子になったら元も子もねえ」

ユウトは迷路の様に思えてきた城の廊下を彷徨い歩く。
しかし、いっこうに目的の場所に着きそうになかった。

「一体どこから間違ったんだ?」

焦りによってユウトの歩みは段々と早まっていく。
そういうときには鑑定が全く役に立たないのは本当に残念だ。

「ああ、どうしよう」

キョロキョロと辺りを見渡しながら早歩きをして移動するユウト。
そんなに注意散漫なら人とぶつかるのも時間の問題であり、曲がり角を曲がった瞬間、案の定ユウトは誰かとぶつかってしまった。

「いてっ、す、すいません、よそ見をしてしまっていて」

ぶつかった人を確認する前にユウトは頭を下げて謝罪する。
城の中にいるの人は高確率で身分が上だと判断したためだ。

「全く、気をつけなさいよね」

ぶつかった相手は女性のようだった。
しかし、ユウトは未だ顔を下げたままである。

「ちょっと、いつまで頭を下げてるのよ、顔を見せなさい」
「は、はい、すいません」

その女性からユウトへ声が飛び、ユウトは謝りながら顔を上げた。
すると、ユウトの目の前に再びあの画面が現れる。


名前  クレア
種族  エンガイスト人
地位  ファラオウス王国第一王女


再び無意識に鑑定をしてしまうユウト。
そして明らかになる相手方の地位。
ユウトは顔を青ざめながら必死に謝る。

「すいませんでした、自分はユウトといいます、いかなる罰も受けましょう」
「な、なによそれ、もしかして変態?」

勝手に変な誤解をされるユウト。
クレアは身を引きながらユウトを見る。

「そういえば、見ない顔ね、どこの人なのかしら?」
「はい、自分は異星人でございます」
「え、あ、あなたがあの、異星人なの!?」
「まあそうです」

クレアは想像と全く違った異星人であるユウトを見て動揺した。
もう少し、堂々として自信に満ちあふれているような人だと思っていたからだ。
対してユウトの方は冴えない、腰が低いなど全然の的はずれだった。

「そうなの、異星人ってもう少し偉そうな人たちだと思ってたわ」
「そうでしたか、もちろんそんな人もいるとは思いますが」
「なら、あなたは違うって事ね、まあいいでしょう、ぶつかったことは許してあげる」
「あ、ありがとうございます」

目の前の王女様に気を遣いながら言葉を発するユウト。
王子様の時よりもユウトは動揺しっぱなしなのは、彼女が誰が見ても王女という容姿をしているからだろう。
綺麗な金髪のストレートヘアーでパッチリした瞳に色白な肌。
豪華な衣装と来た。
磨きに磨かれたお嬢様といった印象をユウトは受けていた。

「ところでどうしてこんなところにいるの? 夕食はここではないわよ?」
「お恥ずかしながら、迷子になってしまいまして」

ユウトは恥ずかしげに頭を掻いて答える。
クレアはまたしても異星人のイメージが崩れ去る。
そして、思ったよりも身近に感じ思わず笑みを浮かべていた。

「ふふ、あなたはとことん私の異星人モデルを崩してくれるわね、ついてきなさい、私が案内してあげる、それにしても私に会わなかったらどうなっていたんでしょうね」
「このご恩は一生忘れません」

笑みを浮かべたクレアの破壊力は世の中の男を鷲づかみにするだろう。
ユウトも惹かれかけたというのは秘密だ。
だが、ユウトの目は肥えている。
サラにミサキにレナ、そしてアテナといった美女達と行動をともにしていたのだ。
そんな簡単に落ちるユウトではない。

「それにしても、兄さんがあなたを見たらどう思うのかしらね」

微笑みながらクレアは呟く。
お兄様というのはエインのことだろうが、会ったと告げるのは違う気がしたのでユウトは黙ってついていく。

「ユウトといったわね、あなた変わった目をしているのね、黒髪に金色の目なんて聞いたことがないもの」
「それは、自分でもよく分かっていないんですよ」

ユウトの発言に興味をひかれるクレア。

「ん? どういう事かしら」
「えっと、自分の目は黒色だと記憶してまして、ついさっき金色に変わっていることに気がついたんです」

クレアはユウトの言葉に微笑みながら返す。

「何ですそれ、その話しが本当ならばユウトは黒眼なのですね、一度で良いから見てみたいですわね」
「黒眼というのは珍しいんですか?」
「ええ、もちろん金色の瞳も珍しいですよ、ですがここの地域には黒眼なんていませんから、黒髪黒眼というのは遙か東の国々のお方に多いと聞いたことがありますが」
「なるほど」

クレアとの会話を楽しんで?いるうちにその場所に着いたようでクレアは足を止めた。

「ここですわ、もうほとんど来ているようですわね、良かったわね、私と会えて」
「本当に助かりました」

笑みを浮かべるクレアと一緒にユウトはその部屋へと入った。

「おや、さっそく仲が良くなったのか、ユウト君も隅には置けないなぁ」

入るなり王様のファオが茶化してくる。

「まあ、父様よりは仲良くなりましたわ」

クレアは鼻をフンと鳴らして反撃に出ていた。
ユウトにしてみれば、この会話に入る気は全くないのでさっさと席に向かう。

「ユウト君、ここにどうかな?」

そこで手を振ってユウトを呼ぶのは、王子のエインだ。
その誘いを断るわけにもいかないのと、この中では一番親しみが持てるので、ユウトは指定されたエインの隣の席へと座った。

「クレアと仲良くなったって? 嫉妬しちゃうよユウト君」

エインはユウトが席に着くなりさっそく話しかけてきた。

「そう言われましても……」
「ははは、冗談だよ、それにユウト君は敬語なんていらないよ」
「ええっと……」

どうして良いか分からず誰かに助けを求めるべく辺りを見渡すユウト。
そこで目があったのはクレアだった。

「いいんじゃない? 兄さんがそう言っているなら、むしろ逆らった方が問題になりますわ」

クレアは意地悪げな笑みをそう言った。
ユウトの言い訳を作ってくれたようだ。
もちろんその助け船に乗らないわけはない。

「あ、いっておきますけど、私はちゃんと敬いなさいよね」

しっかりとクレアは釘をさしてきた。

「了解です」

ユウトはそれにしっかり返事をする。
そのやりとりに王様ファオがニヤニヤしながら声を発した。

「なんていいったかな、それを、えーと、ツンデレ?」
「父様、その口を縫いますよ?」

クレアはニコニコと冷めた笑みを浮かべて言い放つ。
ファオもその笑みに恐怖したのか固まった。

「いや、本当に悪かった、すまない」
「ははは、クレア、許してやれよ」

エインも仲裁に入ってクレアは未だニコニコと笑みを貼り付けていた。

「もちろん、冗談に決まってるじゃないですか、でも、次言ったら……」

クレアはそうだけ言って席に着いた。
その間もずっと成り行きを見守っていた王妃ミハスのとなりに。
そうして波乱の幕開けとなった夕食会はまだまだ続く。

「G ワールド オンライン ~ユニークすぎるユニークスキル~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く